漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【第10話ネタバレ】一人祭壇に残る旬の前に現れたのは…

投稿日:

最新話ネタバレ

ピッコマで連載してるDUBU先生、Chugong先生、Kisoryeong先生の『俺だけレベルアップな件』第10話のネタバレ。

前回の話では、祭壇の方へ近付いていくる石像ですが、見ている間は動かず、青い炎が消えるまで耐えれば全員が助かるはずです。

しかし、恐怖に耐えきれなくなったハンターは、次々と部屋から走り出てしまいます。

残ったのは旬・観月・馬渕の3人だけになるのでした。

前回ネタバレ
俺だけレベルアップな件
俺だけレベルアップな件【第9話ネタバレ】近づく石像の恐怖と、偽の希望

ピッコマで連載してるDUBU先生、Chugong先生、Kisoryeong先生の『俺だけレベルアップな件』第9話のネタバレ。 前回の話では、神像が差し伸べた手の先に祭壇が現れた。リーダーである馬渕は責 ...

続きを見る

それでは、『俺だけレベルアップな件』第10話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『俺だけレベルアップな件』第10話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『俺だけレベルアップな件』ネタバレ一覧はこちら

『俺だけレベルアップな件』をピッコマで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

俺だけレベルアップな件 第10話のネタバレ!

真島が部屋から出たことで、扉はまた少し閉じる。

馬渕「やっと法則がわかったよ」

扉を見つめる馬渕は、旬と観月に部屋から出るようにと促した

誰か一人がこの場に残れば、扉が閉じることはないはずだ。

自分より、まだ若い二人が助かるべきだというのだ。

馬渕「観月さん、水篠くんを頼む」

返事をし、動こうとした観月だが、ドサッとそのままその場に座り込んでしまった。

ガクガクと脚が震えて力が入らず、立ち上がることが出来ない。

ドスンッ、ドスンッと石像が近付いてくる足音が響く。

馬渕「マナが底をついたのか?」

旬の治療のため、無理をしてしまったようだ。

一人残ることを決めた旬

旬「…馬渕さん、観月さんと逃げてください」

自分が残ると言い張る馬渕だが、足を怪我した旬では観月を運ぶことは出来ない

旬「時間がありません、早く!」

馬渕は座り込む観月を見た。

観月「ダ…ダメです、水篠さん…それなら私が…」

馬渕の視線を感じた観月は、必死で反対しようとする。

旬「食事をご馳走する約束でしたよね」

一つだけ手に入れた魔法石をポケットから取り出し、旬は観月に渡した。

旬「これで先に食べてて下さい」

観月は涙を流しながら魔法石を握りしめる。

ここを出たらお釣りを貰いに行くと言う旬に、「この状況でそんな冗談…」と言いかける観月の首筋を馬淵が叩き気絶させると、担ぎ上げた。

もう時間がないため、眠ってもらったのだ。

旬「お願いします」

馬渕は頷くと、扉に向かって歩き出し、旬はその背中を見送った。

無事に扉を出ていく二人を見た旬は、そのままうつむく。

旬(よかった、死ぬのが俺一人で)

うつむいて目を閉じた旬の耳に、ドスンッドスンッと石像の足音が響く。

こんなことになるのならば、もう少し手厚い保険に入っておくのだったと考える。

ふと横を向くと、真島が落としていった剣が落ちていた。

腕を伸ばしその剣をとると、石像に向かって構える

旬(よし、一人くらい道連れにしてやる)

体中が傷だらけで、足元には血溜まりも出来ている。

旬「かかって来い」

絶体絶命!

目の前の石像が腕を振り上げ、そのまま勢いよく振り下ろした。

グサッと槍が突き刺さり、持っていた剣が飛ぶ。

ごほっと血を吐いた旬は、そのまま悲鳴を上げる。

再び石像が槍を持ち上げ、その拍子に槍が抜け、旬は祭壇の上に横たわった。

体からドバドバと血が流れ出すのを感じる。

(し…死にたくない、怖い!)

真島の言っていた、“もう限界だ”という言葉。

それは生き残った者ならば同じであり、結局は自分を正当化しているだけなのだ。

自分にだって家族はいる。

旬(俺だって生きて帰りたい!)

死ぬのが俺一人で良かった、なんてバカなことを考えた。

(この偽善者!)

死にたくない、というのが旬の本当の気持ちだった。

目の前に立つ石像が剣を振り上げていた。

(もう一度、もう一度チャンスがあれば!)

石像の腕が振り下ろされたと思った瞬間、最後の青い炎が消える。

バチバチと再び床に電撃が走り、石像の動きが止まった。

ピロンっとどこかで電子音が鳴った。

旬の目の前に『シークレットクエスト“無力な者の勇気”の条件をすべてクリアしました』とお知らせウインドウが表示される。

突然のことに、誰が何を言っているのか、何が起こったのかわからない。

プレイヤーになることが出来ます、引き受けますか』と声が続ける。

引き受けなければ心臓が停止する、と言う言葉を聞いた旬は、(引き受けたら、死ななくて済む?)と考える。

ウインドウには『引き受けますか、はい、いいえ』と表示されていた。

(…なる)

ウインドウ『プレイヤーになりました』

ピカッと背後が輝くと、そのまま旬を包み込んだ。

その光を石像たちだけが見守っているのだった。

>>『俺だけレベルアップな件』第11話ネタバレに続く

Sponsored Links

俺だけレベルアップな件など漫画を無料で読む方法

以上、『俺だけレベルアップな件』第10話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、ピッコマなら待てば無料で『俺だけレベルアップな件』を読むことができますよ

ピッコマなら無料で読める

俺だけレベルアップな件を無料で読む

※色々な漫画が用意されています

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『俺だけレベルアップな件』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、俺だけレベルアップな件以外の漫画もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

俺だけレベルアップな件 第10話の感想・考察

とうとう馬渕が観月を連れて部屋を出て行き、残されたのは旬一人だけ。

もう石像を止めることは出来ませんし、一人だけでは助かる望みはほどんど無くなりました。

それでも半分諦めながらも、最後まで抵抗しようとする姿勢は立派です。

旬に最後の時が来たのかと思いましたが、最後の青い炎が消え、石像が止まりました。

旬の思った通り、青い炎はタイマーだったようです。

そして表示されたウインドゥ。

ここから、旬の新しい挑戦が始まるのですね!

以上、『俺だけレベルアップな件』第10話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.