スポンサーリンク

妊娠したら死にたくなった第16話【最新ネタバレ】呼んでも来てくれない看護師の答えが酷い…!!

スポンサーリンク

橘ちなつ先生の『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』第16話のネタバレ。

前回の話では、再入院することになった千夏は、手足だけでなく腰までも固定されてしまう。そして、隣にいた『殺しておばさん』の声に引っ張られて千夏も叫んでしまいます。

千夏の声は看護師にも届いているはずですが…。

それでは、『妊娠したら死にたくなった』第16話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『妊娠したら死にたくなった』第16話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
妊娠したら死にたくなったネタバレ一覧はこちら

まんが王国で『妊娠したら死にたくなった』を読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

妊娠したら死にたくなった第16話のネタバレ!

千夏が受けている『身体拘束』は手足や胴体を固定して、患者の命を安全も守るものだ。

ベッドからの転落防止や、点滴を勝手に抜いたり、他の人間に危害を加えたりする恐れがあるばあいに施されることが多い。

・・・・

「看護師さーん、看護師さーん…」

千夏の声が閉鎖病棟中に響いていた。

他の患者たちは声量だと『殺しておばさん』には負けているけど、持久戦なら千夏の勝ちだと休憩所で話していた。どうやら午前中からずっと叫びっぱなしらしい。

そんな千夏の病室に一人の看護師がやってきた。

叫び声とは全く無関係に、食事や点滴の説明を始めたあと、千夏が声がかけてくるので拘束は外せないと何も聞かずに言ってきたので、それは理解していると伝える。

うるさいくらい叫んでいるのに声聞こえないのかと聞くと、みんな忙しくて手が空いている人がいなかったのかもと言い、なるべくこれるようにすると言って病室を出て行った。

千夏は、看護師が出て行ったあとに肝心の要件を伝え忘れたことに気付いた。

拘束具を目隠ししてもらいたかったことを伝えたかったのだけど、すぐに呼び直すのは申し訳ないと思い、もう少したってからお願いすることにした千夏。

拘束されてから24時間も経つと、血液が停滞し、全身がむくんで背中が痛い。

せめて寝返りが打てれば、だいぶ違うのだけれど、しっかりと締められているのでそれもできない。

そのとき、『殺しておばさん』がおむつを替えてもらいたいと叫び始めた。

千夏は、まだ替えてもらってなかったことに驚き、この『縛られる』という行為は、体だけでなく、体よりもさらに心を。自尊心を深く傷つける処置だと思った。

こんな毎日を送るおばさんを心配する千夏。

まるで『罰』のようで、社会にも医療にも見放された人間を縛りあげる『拷問』のようだった。こんな扱いされていたら、普通の精神状態の人でもおかしくなる。

そんなことを考えていると、千夏はいつの間にか眠ってしまった─。

 

看護師からの驚きの発言

朝まで寝ていた千夏は、一週間ぶりにまともの睡眠をとれたと思った。

そこへ、看護師さんがやってきて、病衣を替えるために一度、拘束をといてもらったときに思いっきり伸びが出来て、自由に動かせることを気持ちよく感じる千夏。

千夏は、その看護師に拘束具に目隠しをできないか聞いた。

看護師は、いけるようないけないようなと曖昧な返事をしたあとに、念のために確認してきますと言ってくれて、そのやわらかな対応が嬉しく感じた。

 

・・・・

その後、一人で病室にいると、耳が痛くなるほどの静けさが続く。

人の気配が感じず、拘束具のギギッという音が千夏を苦しめ、早く看護師に戻って来てもらいたいと思ったけど、先ほどの看護師は戻ってこず、昼食に他の看護師がやってきた。

千夏は、その看護師にさっききた看護師の名前を聞き、その看護師(箕岡)に頼み事をしてると言うと、その看護者、その旨を伝えておくと約束してくれた。

 

・・・・

しばらくして、また『殺しておばさん』が騒ぎ出す。

ここは本当に日本の医療機関なのか?

忙しいのも、患者の要求すべてに応えられないのはわかるが、もし、この叫びが命に関わるものだとしたら…。病院では医師と看護師にか頼ることができないのだ。

千夏も看護師さん!と叫びだし、箕岡の名前を直接叫んだ。

すると、箕岡が病室へとやってきて、拘束具の目隠しはダメだと言って出て行こうとするので、もっと早く教えて欲しかったことや言付けをお願いしたのは伝わってるのかと聞いた。

箕岡が言付けを聞いたというので、なんで来てくれないのかと千夏が聞く。

決して、箕岡だけの話ではなく、隣のおばさんや以前いたおじさんも医師や看護師を呼び続けていたのに、揃いも揃って病室に来てくれない。

箕岡はハァーと小さくため息をついて「…だって、橘さんってオオカミ少年じゃないですか」と言ってきた。

でたらめなことばかり言っていたら、誰も相手にしてくれなくなるんだと言われてしまう千夏─…。

 

>>『妊娠したら死にたくなった』第17話ネタバレに続く

スポンサーリンク

妊娠したら死にたくなったを見るなら『まんが王国』

以上、『妊娠したら死にたくなった』第16話ネタバレでした。

『妊娠したら死にたくなった』は紙媒体では発売されておらず、見る方法は電子書籍だけですが、まんが王国に掲載している漫画なので、先行配信で他より早く見ることができます。

会員登録すると半額クーポンを貰えるので、絵で読みたい方はまんが王国を利用してください。

  • 簡単登録無料
  • 別途料金は発生しません
  • 最新話直前まで更新

無料 まんが王国で『妊娠したら死にたくなった』を読む

リンク先:https://comic.k-manga.jp/

初回登録で半額クーポン!

また、『妊娠したら死にたくなった』以外の単行本を無料で読みたい場合は、こういった動画配信サービスでもらえるポイントを利用するのもおすすめです。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

どのサイトも初月無料でポイントが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、漫画を無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

妊娠したら死にたくなった第16話の感想・考察

病院では相変わらず酷い仕打ちを受けている千夏。

看護師たちは叫び疲れるのをまっているんでしょうね…。

こういった精神的な患者さんの話をまともに聞いてられないのかもしれませんが、拘束具に目隠しくらいはしても良いんじゃないかと思うんですけどね…。

結局、手足や胴体は拘束されているんですし。

あと、患者に直接オオカミ少年って言う看護師の神経もやっぱり壊れてる気がします。

看護師はツラいって聞きますが、こういった病棟だとさらにヤバいのかも。

病院では、医師や看護師に頼るしかないのに、千夏の精神は大丈夫なのでしょうか…。

以上、『妊娠したら死にたくなった』第16話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました