漫画ネタバレ

妊娠したら死にたくなった第15話【最新ネタバレ】再入院した千夏は拘束されてしまい…

投稿日:

ネタバレ感想

橘ちなつ先生の『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』第15話のネタバレ。

前回の話では、自殺を図ろうとした千夏だったけど、気付かずにポケットに入れていた携帯に涼太から電話が入り、その説得に応じて自殺するのは止め、病院に戻ることに…。

前回ネタバレ
妊娠したら死にたくなった
妊娠したら死にたくなった第14話【最新ネタバレ】自殺を図ろうとしたときに…

橘ちなつ先生の『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』第14話のネタバレ。 前回の話では、涼太をお義母さんのところへと行かせて、一人になった千夏はマンションの屋上へと上っていき、すべてを終わらせよ ...

続きを見る

資料に身体拘束を行うと書かれていましたが…。

それでは、『妊娠したら死にたくなった』第15話のネタバレを始めていきます!

当記事では『妊娠したら死にたくなった』第15話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

まんが王国で『妊娠したら死にたくなった』を読む

『妊娠したら死にたくなった』を絵で見たい方は無料登録時のクーポンを使いましょう。

Sponsored Links

妊娠したら死にたくなった第15話のネタバレ!

病院に戻った千夏が連れてこられたのは、病室に空きがなかったので、拘束具が備えつけられたベッドが置いている物置のような部屋だった。

拘束具を見た千夏が「これ何…」と呟くと、抑制させてもらうと言われる。

看護師「動けない間は紙おむつに膀胱留置カテーテルを装着するからトイレの心配はいらないよ」

そう告げられると手足だけでなく、腰も固定されて身動きが取れない状態に…。

部屋の外で「千夏ごめん。ごめんね…」と肩を震わせて泣く母を見て、固まってしまう千夏。

千夏(…なんで?お母さん何に謝ってるの?)
(こんな姿見せて謝らなくちゃいけないのは私なのに)

そんなことを考えていると、看護師が「カテーテル」を挿れると言ってきた。

千夏(なんで?なんで、なんでなの?)

息を荒くして不安の表情を浮かべる千夏。

本当なら今頃、孫を見せて育児をして親孝行できているはずだった。忙しくも愛おしい日々を送っているはずだったのに。決してこんな「今」じゃない!

千夏は自分の何がいけなかったのかを考える。

私が幼いから?人間的に未熟だから?
妊娠前に精神的に不安定な時期があったのがいけなかった?

だから、縛られているのかと…。

千夏(なんで私はこんななの。どうしたら普通に戻れる─…)

カテーテルを挿れてた看護師が生理が始まってることを伝える。

妊娠して以来10カ月ぶりの生理で、こんなに壊れててもちゃんと生理がくるのだと思った千夏。

涼太「…千夏。痛い部分とか気分が悪いとかはないか?」

涼太はしんどいと思うけど、病院としては仕方のない処置らしいということを千夏に伝え、もう少しの辛抱だからと言って、またすぐ来ることを約束して帰っていった。

・・・夜になり消灯したあと、千夏は一晩中歌を口ずさみ続けた。

童謡や昔流行った曲だったりを頭に浮かんだ歌を延々と歌うことで、縛られて動けない特異な状況の中でも不思議と平静を保っていられたのだ。

千夏を襲う恐怖…

翌朝、病室が空いたということで移動した場所は「おーいおじさん」がいた個室。

看護師に主治医の宇田川が出張でいないと言う事を聞かされ、この状態はいつまで続くのかと尋ねると、主治医の判断になるので明日まではこのままだと言われた。

食事の時だけ両手の抑制を取り外すと言われ、ナースコールを見つめる千夏。

千夏「…ナースコールは?これ手が動かせないと押せない…」

看護師はカテーテルが入っているし、紙おむつもしてるからトイレは大丈夫だと言い、用事があるときは声で呼ぶように伝えてくる。

看護師「ナースステーションのほうにむかって看護師を呼んで」
「聞こえたら誰かしらきますから」

・・・・

病室で一人になった千夏はソワソワと足を動かす。

天井を眺めるしかなく、時おり時計を見ては何分経ったのかを確かめる。そして、1分の長さが分からなくなって、心臓の鼓動で時を数えていると…。

「看護師ーーっ!!」
「聞こえてんだろ、さっさとこいーーっ!!」

と怒鳴り声が聞こえてきて、「殺しておばさん」だと気付く千夏。

殺しておばさんは、そのあともずっと「殺してよ」と何度も叫び続ける。

千夏(ダメだ。聞いてちゃ引っ張られてしまう)

どうにか我慢しようとする千夏だったけど、拘束具を目にした途端、ゾクゾクと体が反応し、足もガタガタと震え始めてしまう。

千夏「う~~~。あああー」
「大丈夫だって怖くない…。怖くないってば」

「誰かあああ。これ外して助けて。」

一人芝居のように、唸り声をあげては自分を制するように努める千夏だったけど…。

「いやああ!こっち見ないで誰か助けてーっ!!」

体に巻き付けられた拘束具は、自由を制限するには不快な物だったけど、それ以上にその形状が千夏にとっては耐えられるものではなく…。

「かっ看護師さ…!」
「看護師さん看護師さん!お願いします、これ取ってーっ!!!」

わずかな正気を奪うには十分すぎる恐怖だった─…。

>>『妊娠したら死にたくなった』第16話ネタバレに続く

Sponsored Links

妊娠したら死にたくなったを見るなら『まんが王国』

以上、『妊娠したら死にたくなった』第15話ネタバレでした。

私の顔にさようならは紙媒体では発売されておらず、見る方法は電子書籍だけですが、まんが王国に掲載している漫画なので、先行配信で他より早く見ることができます。

会員登録すると半額クーポンを貰えるので、絵で読みたい方はまんが王国を利用してください。

妊娠したら死にたくなったを読む

▲無料会員登録をして続きを読む▲

妊娠したら死にたくなった第15話の感想・考察

再入院した千夏はすぐに拘束されることに…。

症状が良くなるどころか悪化してしまうのではないかと心配になるのですが、今後、どうやって千夏は回復していくのか?何かきっかけでもあるんでしょうか。

看護師は明らかに声が聞こえてても無視する感じですよね…。

漫画で見ると無視する看護師さんをヒドイ!と思ってしまいますが、実際の現場にいる看護師にとっては、こういった患者さんを相手にするのは苦痛なのかもしれません…。

千夏が少しでも回復していくのを見たいですね。可哀そうすぎます…。

以上、『妊娠したら死にたくなった』第15話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.