漫画で人生にワクワクを

にぶんのいち夫婦【第45話ネタバレ】久しぶりに抱き合った2人。せっかくラブラブだったのに‥?

マンガボックスで連載してる黒沢明世先生、夏川ゆきの先生の『にぶんのいち夫婦』第45話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

いつもは冷静な和真が怒りに震えます!

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
46話 ネタバレ一覧 44話
前回あらすじ

仕事の一環として昼休みに話題の飲食店へランチしに来た和真。行列の先に文らしき女性を見つけた和真が、店内でその姿を確認すると‥若い男性と親しげに話す文本人でした。ただの仕事仲間だと自己紹介した樋口ですが、文を口説こうとしているのが伝わります。挑発的な樋口の態度に、和真は怒りが込み上げました。

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『にぶんのいち夫婦』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『にぶんのいち夫婦』第45話のネタバレが含まれています。

にぶんのいち夫婦 第45話ネタバレ

要点だけ知りたい!って方の為に、『にぶんのいち夫婦』第45話のおおまかな流れと注目ポイントを先にお伝えしておきます!

  1. 一刻も早く帰るために!すごいスピードで仕事をする和真
  2. 帰宅中も気が気でない‥
  3. 独占欲丸出し!久しぶりの夜

樋口登場により、和真の嫉妬と独占欲が爆発!

思いのままに文を抱きます。

一刻も早く帰るために!すごいスピードで仕事をする和真

ランチを終え仕事に戻った和真。

ものすごい集中力で業務をこなします。

同僚の高梨から、何度やっても計算が合わないと相談されると、和真は一瞬見ただけで『8』と『3』の入力間違いに気づき指摘。

高梨も引くほどのスピードです。

ランチの時一緒にいた高梨は、野次馬な好奇心でお昼の事を話し出しました。

文が若い男性といたのは、浮気では?と楽しんでいるようです。

花ちゃん

そんなわけないと言う和真の顔は、まるで殺人犯だと高梨が言います。

そんなことより企画書を直せと言う和真。

高梨はいつも仕事が適当なところがあり、そこが欠点だと思わず声が大きくなってしまう和真。

浮気されたからって当たるなよ、と高梨は笑って返しました。

帰宅中も気が気でない‥

文は浮気なんてしない。

カフェでも、文が断っているのを聞いていました。

そんなことは自分でも分かっていますが、最近の自分の行動を振り返ると不安になってしまいます。

結婚記念日のクリスマスイブは帰宅せず、妊活にもあまり協力しない‥。

これでは気持ちが離れても仕方がないと考えていました。

結婚してからのことを思い出します。

ただ幸せだった一年目、日常になった二年目。思い出せるのは笑顔の文です。

奥さんに捨てられ、うつ病になった和田が頭をよぎります。

ゆめちゃん

和田の奥さんのように、自分も愛想を尽かされるのでは?

そうしたら文は‥。

お昼に見た、どこか勝ち誇ったように笑う樋口の顔が浮かびました。

樋口に抱かれる文を想像しただけで怒りと焦りが湧きあがります。

和真は駅からも急いで帰りました。

独占欲丸出し!久しぶりの夜

玄関のドアを開け、文の顔を見るなり強く抱きしめた和真。

立って抱きしめたまま、樋口のことを聞きます。

こんなことを話すつもりではなかったのに、和真は抑えがききません。

口説かれてるの?と聞くと、文はそんなわけない、と言いました。

冗談だと話す文ですが、昼に会った時、樋口は挑発的な目で和真を睨みつけています。

和真にとってはただの冗談だと思えなかったのです。

花ちゃん

眼鏡を外し、文の顔を見つめながら無言で考える和真‥。

和真はいきなり激しいキスをしました。

心の中で、誰にも渡さないと強く思います。

樋口の顔がちらつくと気持ちを抑えられない和真は、そのままソファに文を押し倒します。

まるでEDだったのが嘘のように、最後まで激しく文を抱きました。

・・・・・

ソファで一緒に横になり、照れている文の顔にキスをします。

恥ずかしがり屋なところが、さやかや立川さとみとは大違いだと改めて文の可愛さを噛み締めました。

花ちゃん

そんなことを考えていたから、問題の一言が出たのか。

『文が一番だ』と言う和真。

それを聞いた文は、ソファから起き上がり食事の準備を始めました。

悪気のない和真は、急にどうしたのだろうと思います。

和真はなぜ文が怒っているのかも分かりません。

気まずい空気が流れていたその時、文の電話が鳴りました。

相手は友人の多恵。

優香から、『死にたい』とメッセージが来て以降連絡が取れないと言うのです。

文は青ざめながら和真の方を見るのでした…。

 

『にぶんのいち夫婦』第46話ネタバレに続く

スポンサーリンク

にぶんのいち夫婦第45話の考察・感想

問題となった一言が、和真サイドから出ました!

『一番』というのは誰かと比べないと出ない言葉ですからね。

それでなくとも文は浮気を疑っていたのに、このセリフを聞いたらほぼ確信に変わってしまいます。

和真の気持ちとしては、確かに比べていたんですね。

でもそれは、文が思うようなものではなく、ただ和真を取り巻くあざとい女性と比較していただけでした。

個人的には、それでも比べられて良い気はしないですけどね(笑)

お昼の樋口の挑発が、予想以上に和真に効いていたようです。

自分の行いの悪さを自覚して焦ってしまったのですね。

今回の話でも、和真は文のことが大好きだと伝わって来ました。

次回は優香を助けに行く時の話になると思われます。

文サイドで描かれていた、車や海でした会話の和真の心境が気になりますね!

『にぶんのいち夫婦』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『にぶんのいち夫婦』など漫画をお得・無料で読む方法!

まんが王国なら『にぶんのいち夫婦』が半額で読める!

[まんが王国フッター訴求]

まとめ

以上、『にぶんのいち夫婦』第45話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『にぶんのいち夫婦』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『にぶんのいち夫婦』関連記事