漫画ネタバレ

七つの大罪【最新341話ネタバレ】アーサーを護るマーリンと、それを護る七つの大罪!

最新話ネタバレ

週刊少年マガジンで連載してる鈴木央先生の『七つの大罪』第341話のネタバレ。

前回の話では、マーリンによって城に飛ばされた七つの大罪は、なぜ今更彼女の真の目的を明かしたのかと考えていた。

それはアーサーも同じだったが、自分こそ混沌の力をより善く利用できる王にふさわしいからこそ、自分を選んでくれたのだろうと楽観していた。

そこへ、消滅したとばかり思っていたキャスが、さらに真の姿に近づき、再度アーサーを取り込もうと襲い掛かってきた!

前回ネタバレ
七つの大罪
七つの大罪【最新340話ネタバレ】マーリンの微笑みが意味するところ

週刊少年マガジンで連載してる鈴木央先生の『七つの大罪』第340話のネタバレ。 前回の話では、混沌の力だけが目的でアーサーの傍に居続けたキャス。 右腕だけではなく、今や聖剣さえ取り戻したアーサーの全てを ...

続きを見る

それでは、2020年2月12日発売の週刊少年マガジン2020年11号『七つの大罪』第341話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『七つの大罪』最新話341話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『七つの大罪』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

七つの大罪第341話のネタバレ!

皆の願いが叶ったからこそ…

なぜマーリンが混沌のことを今まで秘密にしていたのか。

そして今頃になって、自分と混沌との関係を話す気になったのか。

その答えをゴウセルが代弁し始めた。

 

どんなに純粋な願いであっても、初めから聞いていたら、七つの大罪の面々がマーリンの願いに同意していたとは思えない。

それぞれにかなえたい願いがあったように、彼女にもそれがあったとしても。

そう語るゴウセルに、それでも混沌の力は危険すぎる、とキングは食って掛かった。

「どんな力だって使い方次第だと俺は思う………」

ゴウセルのその言葉には、キングも反論のしようがなく言葉に詰まる。

それでもキングは、マーリンが自分たちの力を利用して来たことを言い募るが、ゴウセルはそれさえも逆にマーリンの力を利用して来たのは自分たちも同じだ、と論破されてしまう。

まったく反論の余地もないゴウセルの言葉に、同意するバン。

ゴウセルは、他の皆の願いが叶い、自分の力が必要なくなったその時に、マーリンが告白したのだ、とおのれの意見を告げた。

 

それでもキングはまだ納得できず、それは人間と他種族ゆえの心の行き違いなのだろうか、と訝る。

ゴウセルはそのどちらでもないからこそ、彼らが「順番なんてつけようがない大切な仲間なんだ」と素直な笑顔を向けた。

その言葉にはバンもまた同意し、今はもうこの世に存在しない仲間…、エスカノールならば、同じように言っただろうと告げると、ディアンヌやエリザベスも同意した。

 

だが、そうだとしてもメリオダスは混沌を野放しにはできない、と険しい表情で応じる。。

「ことを起こした張本人には、それなりの責任をとってもらう」

 

とその時、メリオダス初め居合わせた皆が、ピクっと反応した。

それは、先ほどまで自分たちが立っていた方角からの禍々しい気配だった……。

 

復活したキャスの猛攻撃

ドドドドドドドドドド

アーサーが作り出した不思議な風景を、土煙と轟音が切り裂いていた。

それはマーリンがキャスにめがけて打ち放った攻撃の印だ。

だがその力は、今や四対の足を持つ巨大な獣の姿のキャスには届いていなかった。

キャスはマーリンめがけて前足をザンと振り下ろすが、それは彼女の幻影であり、彼女もまたまだ無傷でキャスの後頭部まで跳ぶ。

マーリンによって放たれた大きな電撃がバチィッとキャスを直撃するも、軽くいなしてキャスは口からボッと炎のようなものをマーリンめがけて吐き出した!

ドンッとその力が彼女を襲い、額からは血が滲み始めている。

自分が遊びたいのはマーリンではないと告げるキャスに、アーサーが応じる。

マーリンは負傷したアーサーを護るつもりでいたが、アーサー自身はキャスをここまで連れてきてしまった自分の行為を後悔していた。

「ケジメは自分でつける!!!」

そう言ってキャスの頭部を切りつけるアーサー。

バラッと開いた口から崩れ去るかと見えたキャスの頭部だったが、しかしそれは次の瞬間には血を吹き出しながらもビタビタとくっつき始める。

バラバラにされたくらいでは死ななないと告げるキャスに、アーサーは王として民と国を守るためにもキャスを討つと宣言するのだった。

 

キャメロットが滅亡したことを知るアーサー

だがキャスは、アーサーがまだ知らない事実を突きつけた。

もうすでにこの世にキャメロットは存在しないのだ。

先の魔神王との大戦で国が、民が、ほとんど消失していてしまったことを告げるキャス。

その言葉の裏を取るように、混沌の力を有するアーサーがキャメロットの地を見ると、そこには荒涼とした大地が広がるだけだった……。

「奴の言葉に惑わされるな!!!」

そうマーリンに言われても、動揺を隠せるはずもない。

国を守るとの約束を果たせなかったアーサーの隙をついて、キャスが右の前足を振り下ろした。

彼が立っていた場所からはバチバチっと音が立ち上る。

熱さのためにキャスが足を退けると、そこには倒れたアーサーの体があり、マーリンはキャスめがけて新たな攻撃を何本も繰り出していた。

しかしそれを躱したキャスは逆にマーリンめがけて口からの攻撃を飛ばす。

それが彼女にぶつかるかと思った寸前。

キャスの口から下の腹部が、真っ二つに裂け、はじけていた。

 

理解し、駆けつける仲間

「全攻撃」

気が付くと、メリオダスが剣を手にしてマーリンを庇うように、彼女とキャスの間に居た。

先ほどキャスの体を割いたのは彼の力だ。

メリオダスの出現に驚き、声をかけようとするマーリンの後ろに、また新たに人の気配がした。

 

エリザベス…そして他の大罪たちが笑顔と共に現れる。

助け出されたアーサーは気を失ってはいるが命に別状はないことを彼らは確認する。

 

メリオダスがマーリンに思いを告げる。

混沌を復活させてしまった責任として「一生かけてアーサーを護り導いてやれ」

それはとうに彼女が決めていたことだ。

恐らくはメリオダスも知っていたことだろう。

だが、彼はそれだけを言うために現れたのではない。

マーリンの浅慮を許してしまった他の大罪たちの罪と責任を果たすためにこそ、彼らは今、ここに立つ……。

「だから、オレたちにおまえを護らせてくれ」

優しくも力強い仲間の言葉を、マーリンは喜んで受け入れた……。

 

>>『七つの大罪』第342話ネタバレに続く

Sponsored Links

七つの大罪など漫画を無料で読む方法

以上、『七つの大罪』第341話ネタバレでした。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

サービス一覧
U-NEXT FOD music.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間 1ヶ月間 30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『七つの大罪』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、少年マガジン最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

七つの大罪最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
【最新刊】七つの大罪40巻の発売日情報!続きを早く見たい方はこちら!

こちらでは、週刊少年マガジンで連載してる鈴木 央先生の『七つの大罪』最新刊(40巻)の発売日情報をまとめています。 「七つの大罪の40巻発売日はいつなの?」 「七つの大罪最新刊の続きが気になる」 …と ...

続きを見る

七つの大罪第341話の感想&次回考察

思いのほかキャスが強くて驚きですが、物語最大級の“混沌”の力の一端としては当然と言えば当然でしょうか。

マーリンも苦戦しており心配になりましたが、仲間が間に合いました!

ただ上辺だけの助けではなく、彼女の気持ちを汲んだ上での集合……。

バタバタになっても殺せないというキャスの存在を、彼らがどのように収束させるのか見ものです!!

次回の週刊少年マガジンの発売日は2020年2月19日になります。

発売され次第、七つの大罪最新話のネタバレをしていきますね!

以上、七つの大罪341話のネタバレ感想になります。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.