漫画ネタバレ

七つの大罪331話【最新話ネタバレ】聖戦が終わる時・・・

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年マガジンで連載してる鈴木央先生の『七つの大罪』第331話のネタバレ。

前回の話では、息子・ゼルドリスの体から分離された魔人王。 悔しがりながらも、次は依り代としてブリタニアの大地の全てを飲み込む。

それはまるで天変地異の様相を呈して、人々は恐れおののく。

しかし、“七つの大罪”だけは、余裕の笑みをたたえて最後の戦いに挑む!

前回ネタバレ
七つの大罪
七つの大罪329話【最新話ネタバレ】愛の力で父を倒す!戒禁分離成功!

週刊少年マガジンで連載してる鈴木央先生の『七つの大罪』第329話のネタバレ。 前回の話では、自らの限界まで力を使い、“天上天下唯我独尊(ザ・ワン)アルティミット(極み)”の更なる極みで敵に挑むエスカノ ...

続きを見る

それでは、2019年11月6日発売の週刊少年マガジン49号『七つの大罪』第331話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『七つの大罪』最新話331話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『七つの大罪』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

七つの大罪第331話のネタバレ!

「今持てる限りの力でてめえを倒す・・・!!」 

メリオダスのその言葉に呼応するように、ほかの6人の大罪が動き出す。

だが、ブリタニアの大地を飲み込んで想像を絶する大きさに達した魔人王はひるむ様子などない。

「愚か者ども」と言った彼が放ったのは、“虚無(デスゼロ)”の強大な力の玉だった。

それは大罪たちですら地にひれ伏させ、潰そうとするほどだった。

 

が、そんな中からもまずバンの攻撃が飛んだ!

バンを聖戦の手駒と罵る彼に、ディアンヌやキングも「護るべきものを護るためなら」と戦いを選ぶことを改めて口にする。

“全魔力合体”による大罪たちの反撃

メリオダスがマーリンの名を呼ぶと、彼女は仲間に“魔力限界突破(パワー・リミットブレイク)の魔力をかける。

それによってそれぞれの魔力が底上げされるのだ!

その力を使い、七つの大罪は己の持つ魔力をフルに放ち、巨大な怪物と化した魔人王に挑む。

 

その攻撃で、千々に切り裂かれてもなお、魔人王はまだ余裕だ。

「わが“支配者の魔力の前には…”」と彼らの力が効かないかのように言うが、ゴウセルの“魔力切断”が、それを可能にした。

さらにマーリンが効果的な魔力をかけた。

“全魔力合体”によって、それまで分かれていた大罪たちの魔力がバキィと一つにまとまる!

それは魔人王の“虚無”の魔力を貫通し、その向こうにいた魔人王にぶち当たろうとしていた。

ここにきて、魔人王が言う。

「この父を見捨てるのか…!!!」と。

魔人王を射止める“不倶戴天”

今まさに、魔人王の巨体にぶつかろうとしていた“全魔力合体“が、メリオダスの”全反撃“によって止められた…。

息子によって助かった事実を認めながらも、目の前に現れた彼を魔人王は容赦なく後ろから攻撃する。

が、メリオダスの体はシュウと消え、それが残像であることを示した。

 

「救いようのねえクズでよかったぜ」とその光景を上方から見下ろしていたメリオダスが評した。

間髪入れず、“全魔力合体”の塊にさらに自分の“全攻撃”を上乗せして、何度も彼は父・魔人王の体を攻撃した。

攻撃のたびに「威力も大きさも倍々にはね上がって」いくため、ついに魔人王が弱音を吐きだした。

自分を崩せばブリタニアがどうなると思っているのか、と彼は問うのだ。

 

だが、メリオダスはマーリンに攻撃角度を確認して、最後の“全攻撃”を放った…

「あばよ魔人王(オヤジ)その言葉を父に送るメリオダス。

そして、<七つの大罪>の力の全てを合わせた最大の技…“不倶戴天”が堕ちた。

光と影の時代のあとに控えるのは…

しばしの沈黙が続いた……

おそらくは精神世界での邂逅なのだろう、メリオダスと魔人王がそこにいる。

二人とも現実の戦いの気配などないように、衣服の乱れもなく、静かに話す。

魔人王はメリオダスに、この戦いの終結こそが後悔につながると告げる。

「光と影の時代が終わり訪れるのは……」そう言う魔人王。

その先の言葉を飲み込む魔人王に、それがわかっていても、メリオダスはとうに決めているのだ

「…望むところだ」そう彼は父に告げる。

 

その言葉を聞いて、魔人王の体は瓦解し風に吹き飛んでいくのだった……

>>『七つの大罪』第332話ネタバレに続く

Sponsored Links

七つの大罪など漫画を無料で読む方法

以上、『七つの大罪』第331話ネタバレでした。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『七つの大罪』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、少年マガジン最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

七つの大罪最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

七つの大罪第331話の感想&次回考察

ついに、本当に聖戦の終結が訪れました!

まさに大地そのもののような魔人王にも大罪たちはひるむことなく立ち向かいます。

マーリンの“全魔力合体”がなくても、彼らの精神力の方がはるかに魔人王を上回っているのがよくわかりました。

笑うところではないとは思いつつ、「父を見捨てるのか」の一言には失笑を禁じえません。

ただ、この魔人王…メリオダスとの最期の会話のシーンで、聖戦の終わった後の世界を“彼なり”に憂いています。

そしてその憂いをメリオダスも理解している模様…。

訪れるのは、混沌…といったところでしょうか。

でも、少なくとも各民族が戦いを続けるこの世界も聖戦の起こった彼らの世界も大差がないように感じます。

来週は、戦いが終わった後の何が描かれるのか……?!

待ち遠しいです!!

次回の週刊少年マガジンの発売日は2019年11月13日になります。

発売され次第、七つの大罪最新話のネタバレをしていきますね!

以上、七つの大罪331話のネタバレ感想になります。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.