漫画で人生にワクワクを

恋のようなものじゃなく【第2話ネタバレ】未仁にどんどん話しかける千耀くん

別冊マーガレットで連載している南塔子先生の『恋のようなものじゃなく』第2話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

未仁の名前を憶えて、気さくに声をかけてくれる千耀くんに未仁はドキドキしてしまう。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
3話 全話まとめ 1話
前回あらすじ

小山内未仁(みに)は、幼稚園の頃に仲の良かった『ちぃちゃん』と喧嘩別れをしてしまいました。中学3年生になった未仁は、高校の文化祭に行ったときにトラブルに巻きこまれました。それを同い年の男の子に助けられ、高校入学後にそのお礼をします。たまたま行った美容室がその男の子の家だったらしく、シャンプーをしてもらうことに。改めて自己紹介した未仁に、彼は「楠瀬千耀(ちあき)です」と名乗るのでした。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『恋のようなものじゃなく』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『恋のようなものじゃなく』第2話のネタバレが含まれています。

恋のようなものじゃなく 第2話ネタバレ

要点だけ知りたい!って方の為に、『恋のようなものじゃなく』第2話のおおまかな流れと注目ポイントを先にお伝えしておきます!

  1. 千耀くんに名前を憶えてもらい嬉しい未仁
  2. 近づいたと思ったが、それはお客さんだから?
  3. 千耀くんから未仁に声をかける
  4. 週末に駅で千耀くんに出会う

名前を知ったけど、どこのクラスか分からず、別の校舎の方へ行くと千耀くんを発見。

千耀くんも、未仁の姿を見かけると積極的に声をかけてくれます。

彼と仲良くなりたいなと思うのですが、もしかしたらお客さんだったから声をかけるだけかもと思うように。

でも、千耀くんの友達から、自ら声をかけて絡むのは未仁ぐらいしかいないと言われ、意識してしまう未仁。千耀くんの行動に既にドキドキさせられる回です!

千耀くんに名前を憶えてもらい嬉しい未仁

これが恋のようなものなのか、恋なのか・・・

楠瀬千耀という名前は聞いたけど、何組かと思って校内を探しまわる未仁。

いつもは見かけないので向かいの校舎かなとそっちへ。

廊下の端の方で電話をしている千耀くんを見つけました。

 

電話が終わったら話かけようかなと待っていると会話の感じから、週末に遊ぶ約束をしているようでした。

予鈴がなったので、自分の教室へ戻ろうとその場を離れる未仁。

電話を終えた千耀くんが、未仁の後ろ姿に気付き、声をかけます。

 

昨日はどうもと、未仁の名前を憶えていました。

じっと未仁のことを見る千耀くん。

我に返り、1年同士だから敬語やめてタメ口にしようと千耀くんがいいました。

A組だといい、よろしくと2人は握手します。

未仁はドキン、ドキンとなり、名前を読んでもらうだけで嬉しいと感じるのでした。

花ちゃん

なんで千耀くんは未仁をジッと見ていたのでしょうね。昔の面影を探していた?本当にあのちーちゃんなのかな。

…翌日の朝、七音・七緒と一緒に登校している時に、髪がツヤがあっていい感じだと褒められます。

千耀くんにトリートメントしてもらったからと思っていると、後ろから「未仁ちゃん」と千耀くんから声をかけられました。

少し焦りながら挨拶をします。

 

彼のグループがいなくなってから、七音と七緒に誰かと聞かれ、去年の文化祭で助けてくれたハンドタオルの人だと未仁は説明。

お礼だけのわりには、仲良くなっていると突っ込まれ、たまたま入ったお店が千耀くんの家だった話をします。

そして、七緒にどおりで昨日から浮かれているわけだと言われてしまうのでした。

 

未仁のところに楠瀬くんと友達なの?と女子数人がやってきて質問攻めに。

焦って中学も違うし、友達じゃないと否定するとその子たちは去っていきました。

人気だということを3人が知り、七緒は頑張れとウィンクします。

女子の情報網がすごい。一体どこで千耀くんと未仁が仲が良いってなって、その情報が回ったのでしょう?

ゆめちゃん

花ちゃん

彼が人気者だというのを掘兄妹が他の人にあまり関心ないのが笑えますが、七緒は未仁に恋して欲しいような?応援してくれそうですよね~!

近づいたと思ったが、それはお客さんだから?

頑張れと言われても、まず恋かどうか見極めないといけないと思う未仁。

どうしたら分かるのかな、まずは友達にならないとなと考えていたら、いつの間にかお店の前に。

1週間もたっていないし、用もないのに危ない人じゃないかと、自分でビックリします。

えぇ、確かにストーカーっぽい・・・

ゆめちゃん

その時、お店から千耀くんとお客さんが出てきて、慌てて未仁は隠れました。

髪色がすごく気に入ったと話声が聞こえ、よく見るとお客さんは同じ学校の子だと未仁は気付きました。

そして、千耀くんが他の人にはお店のことは…と言って、女の子が内緒ね!と言っているのを聞きます。

花ちゃん

えっと、この子もストーカーっぽい?

未仁は他にもお店の事を知っている人がいたと知ります。

千耀くんに近づけたと感じたのはお客さんだからだと思い、自分の勘違いに恥ずかしくなりながらトボトボ帰宅するのでした。

千耀くんから未仁に声をかける

木琴が高くて届かないちいちゃんに踏み台を持ってきて、一緒に木琴を叩いて、ミニーちゃん大好きと笑顔のちいちゃん。

という夢を授業中にみた未仁。

 

寝てしまったと思いながら、あんなにちいちゃんは大好きって言っていたのに、最後はなぜ大っ嫌いといわれたのか、理由が思い出せません。

 

前の席の子に、寝ぐせがすごいと指摘をうけ、トイレへ向かう未仁。

その時、千耀くんに出会います。

なんでこんな時にと思い、笑われると構えながら、事情を伝えると、かわいいといわれました。

 

え?とあっけに取られていると、笑顔で友達のヨーキー犬がこんな風に寝ぐせついていたのがかわいかったな~と。

そっちかと、嬉しいような、そうでもないような複雑な気持ちに。

直してあげると千耀くんに手を引かれ、人のいない所に連れていかれます。

 

ミストでちゃんと直してくれ、そのスキル驚く未仁。

予鈴がなり、駆け出した千耀くんにもう一度ありがとうと伝えると、千耀くんは笑顔に。

なぜか胸が少しくるしくなったなと感じる未仁でした。

わー、こんな寝ぐせ、気になる人に見て欲しくない~~!でも、爆笑しないで、かわいいって言ってくれた!千耀くん、優しい~!高ポイントですね!!

ゆめちゃん

本を返しに廊下を歩いていると、千耀くんが女の子といるのを見かけます。

横に千耀くんの友達がやってきて、また告られているなーと。

未仁は2人に声をかけ、挨拶します。

千耀くんは大人気だと未仁が言うと、2人もあの見た目で優しいから女子が寄ってくると同意。

続けて、未仁ちゃんは珍しいといわれます。

何が珍しいのか聞くと、千耀くん自ら絡んでいくの未仁ちゃんぐらいだからと言われるのでした。

わ~、これは意識してしまうようなことを千耀くんのお友達に言われましたね。特別なんですね、未仁は。

ゆめちゃん

週末に駅で千耀くんに出会う

週末、駅で七緒を待つ未仁。

千耀くんの友達に言われた言葉を思い出し、赤面し顔が笑ってしまいます。

少し近づけたのかなと思っていいのかなと感じるのでした。

 

そういえば千耀くんも週末に遊ぶ約束していたから、もしかして会っちゃったりしてと期待します。

 

近くにいた女性が困っていたので、どうしたのか声をかける未仁。

ピアスのキャッチを落としたという女性はかわいくてキレイな人でした。

一緒に探しましたが見つからず、あきらめようとした時に、未仁が見つけます。

ありがとう~とテンションが上がる女性。

 

その様子を見ていた男性がぷっと笑い、何やっているのかと声をかけました。

女性は男性を千耀と呼ぶので、未仁はハッとします。

そして、千耀くんが登場。

名前呼びの2人、あの電話は友達ではなく、この女性だったんだと未仁は気付きました。

 

瑠奈という女性に千耀くんは説明されますが、見えたから知っていると。

未仁に、迷惑かけてごめんねと声をかけます。

未仁は人気ある人だから彼女がいるよねと考えていました。

 

待ち合わせ?と聞かれたので、そうだと答え、千耀くんはデート?と尋ねました。

千耀くんと瑠奈は一瞬お互いを見たあと、姉だと紹介されます。

予想外のことでかなり驚く未仁。

彼女ではないと聞いて、よかったと思うのでした。

 

別れる時に、千耀くんは未仁の膝汚れているのに気付き、手で汚れを叩いてくれます。

洗濯すれば落ちるからだ大丈夫と未仁は答えました。

最初に会った時のことを言われ、呆れられていると感じます。

謝ると、責めているんじゃないと言われ、なんというか放っておけないと言われるのでした。

 

千耀くんと別れた後も、子供とかペットみたいに思っていることだと自分に言い聞かせようとしますが、顔が赤くなりドキドキがとまりません。

千耀くんの友達が言った言葉がまた頭に出てきてしまうのでした。

 

『恋のようなものじゃなく』第3話ネタバレに続く

スポンサーリンク

恋のようなものじゃなく第2話の考察・感想

千耀くん、女子に自分から絡まないんですね。

そんな風には見えませんが、友達がいうのなら・・・

未仁だけに自ら声をかけるとか言われると意識しちゃいますね。

登校の時に声かけたのも、千耀くんでしたもんね。

 

どれだけの人が千耀くんの実家のことを知っているのでしょうか…

未仁は仲良くなっていると、もっと自信をもっていいと思います!

 

週末に、しかも駅で出会うとは何という偶然!

この後、七緒に会って、千耀くんに言われたことを報告して、アドバイスもらうのかな。

 

それにしても、ちいちゃんの記憶が気になります。

どうして大嫌いになってしまったのか、そして誰なのか

 

次の回も楽しみです!

『恋のようなものじゃなく』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『恋のようなものじゃなく』ファン必見!漫画をお得に読む方法!

[恋のような訴求]

まとめ

以上、『恋のようなものじゃなく』第2話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『恋のようなものじゃなく』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『恋のようなものじゃなく』の関連記事