漫画で人生にワクワクを

キングダム【第662話ネタバレ】戦力ダウンの飛信隊!羌瘣もあれから寝てばかり…!?

ヤングジャンプで連載している原泰久先生の『キングダム』第662話を読んだので、ネタバレ&感想・考察をしていきたいと思います。

そらくん

什虎攻めはひと段落。今週から新展開に入ります。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
663話 ネタバレ一覧 661話
前回あらすじ

什虎城から引き揚げた満羽達は王都・郢へ引き上げます。一方郢では媧燐達が什虎陥落の一報を受けていたのでした。満羽が引き上げてきていることを知った媧燐は、満羽に話を聞きに行くと言い…?

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『キングダム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『キングダム』第662話のネタバレが含まれています。

キングダム 第662話ネタバレ

要点だけ知りたい!って方の為に、『キングダム』第662話のおおまかな流れと注目ポイントを先にお伝えしておきます!

  1. 新たな戦場へ!趙国攻略!
  2. 攻勢を見せる楽華軍
  3. 亜花錦が加入した玉鳳軍も絶好調!
  4. 一方飛信隊は…?
  5. 寝てばかりの羌瘣
  6. 再び瞑想に入る羌瘣。そこで見たものは大きな影…!

今回から趙とのお話にまた戻りました!

絶好調のライバル2人に対して、飛信隊は絶不調の様子。

そもそも、羌瘣はあれだけボロボロになって、戦列に戻れるのか?という心配もありましたが、その他松左の離脱も痛かったんですね…。

そんな新章へ向けての現状把握が見どころ!…だったんですが、最後の羌瘣のイメージは…?

新たな戦場へ!趙国攻略!

什虎を取った魏は、そこから韓へと侵攻を始めます。

逆に魏からの攻撃の憂いがなくなった秦は、趙攻めに全力。

魏軍方面に張っていた軍を北上させ、前線に加えたのです。

秦は魏との同盟の三年の間に、趙国を滅ぼそうとしていたのでした。

そらくん

まずは李牧が戻るまでに攻め落とせるかだね!

攻勢を見せる楽華軍

一進一退の攻防が続く前線地帯で攻勢を見せる軍が二つありました。

一つは楽華軍。

蒙恬率いる楽華隊は、万の兵を指揮することで、その蒙恬の才能がさらに開花!

唯一楽華に不足していた圧倒的武力を、蒙武軍から移籍してきた愛閃の力で補い、快進撃を見せていたのです。

亜花錦が加入した玉鳳軍も絶好調!

もう一つの軍は玉鳳軍でした。

蒙恬と同じく、万の兵を得たことで、王賁の指揮は冴えわたり、また玉鳳にも新戦力が入っていたのです。

その新戦力は、亜光軍から三千騎を率いて移籍したあの男、亜華錦!

亜華錦は、王賁の命令を無視し、深く入っていきますが、それを王賁は容認します。

亜華錦が敵を乱した隙をついた攻撃を仕掛けるのでした。

そらくん

王賁はこういう将も上手く扱うんだね!飛信隊が配下に入っても上手く扱いそう(笑)

一方飛信隊は…?

2人のライバル軍とは打って変わり、飛信隊は苦戦していました。

苦戦の理由は歩兵団の力が落ちたため。

つまり、松左の抜けた穴が大きかったのです。

何だかんだで戦いの主力は数の多い歩兵。

去亥の抜けた穴は単体の騎馬隊だったため、なんとか他で埋めていましたが、歩兵団の副長だった松左の穴は、代わりの沛浪では不慣れでまだ埋められなかったのです。

そして、歩兵団長の崇原は自身の不甲斐なさを恥じたのでした。

将同士の戦いでは、完全に力不足感あったけど、兵を率いることに関しては、みんな飛信隊の力になってたんだね…。

ゆめちゃん

寝てばかりの羌瘣

一方、もう一つ飛信隊が振るわない理由がありました。

それは羌瘣。

信を仮死状態から助けた羌瘣は、あれ以来寝てばかりだったのです。

出陣してからも、本陣から動かず、飛信隊はふつうの五千人隊状態でした。

信は、様子を見てくると、羌瘣の元へ馬を走らせます。

そして、無理に羌瘣が休んでいる所へと入る信。

すると、寝ていた羌瘣は目を覚ましたのでした。

心配する信に羌瘣は「もう少しだ、大丈夫」と言います。

禁術を使った羌瘣は、気の流れを伝える大事な線が何本も切断されたと説明。

深い瞑想をして、それをずっとつなぎ直していたのです。

もうすぐ終わるという、羌瘣に「前みたいに戻るのか」と信は言いますが、それには「どうかな」と羌瘣は答え…!

それを聞いた信は慌てますが、羌瘣は『冗談だ』と返答します。…本当に冗談かな…?

ゆめちゃん

再び瞑想に入る羌瘣。そこで見たものは大きな影…!

そこに急報が入ります!

敵が動いてきたということで、信に「本陣へ戻れ」と伝えてきたのです!

信は、羌瘣に寝てる様に言い一人本陣へと戻ります。

再び深い瞑想に入る羌瘣。

緑穂が見えるくらいまで回復した羌瘣は、『もう少しだ』と回復の実感を覚えますがそこに謎の巨大な影が現れ…!

『バッ』と羌瘣は慌てて目を覚ましたのでした…!

そらくん

あの影はなんだろう…?幽連…?あれが原因で回復が遅れるか、再起不能になりそうだね…!

『キングダム』第663話ネタバレに続く

スポンサーリンク

キングダム第662話の考察・感想

新章開始に当たっての現状説明回でした!

蒙恬と王賁は絶好調!

二人共先の戦いで結構な重症だった気もしますが、ピンピンしてましたね!

一方、龐煖を倒して大金星だった飛信隊は、その傷跡も深く…。

羌瘣にも色々暗雲立ち込めてますし、怖いところですね…!

次回、この辺が明らかになるのか楽しみですね!

『キングダム』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『キングダム』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[キングダム]

まとめ

以上、『キングダム』第662話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『キングダム』のコミックを集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『キングダム』の関連記事