漫画で人生にワクワクを

キングダム【第660話ネタバレ】満羽は裏切られて国を失った将軍だった…!

ヤングジャンプで連載している原泰久先生の『キングダム』第660話を読んだので、ネタバレ&感想・考察をしていきたいと思います。

そらくん

思いのほかあっさりと終わった什虎攻め。寿胡王が何を語るのか…?

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
661話 ネタバレ一覧 659話
前回あらすじ

騰による本陣襲撃、そして呉鳳明が動かしていた別働隊により、什虎城を落した同盟軍はあの什虎に完勝!捕えられた寿胡王は蒙武を呼び…?

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『キングダム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『キングダム』第660話のネタバレが含まれています。

キングダム 第660話ネタバレ

要点だけ知りたい!って方の為に、『キングダム』第660話のおおまかな流れと注目ポイントを先にお伝えしておきます!

  1. 寿胡王の語る満羽の過去…!
  2. 全てを失った満羽
  3. 儒学者・寿胡王が語る性悪説
  4. 人の愚かさの先にあるものとは?

戦いに敗北して死んでいく将はいっぱいましたが、今回は『敗戦の将がいかなるものか?』それを描いた回となりました。

敗北して生き残った方が残酷だという形でもありますよね…。

寿胡王の語る満羽の過去、必見です。

寿胡王の語る満羽の過去…!

寿胡王に言われた通りに、蒙武たちを連れて来た騰。

寿胡王は自分達のことを語り始めます。

全てを失ったと言う寿胡王。

しかも、満羽と千斗雲は「失った以上に…」と語るのでした…!

そらくん

多分ここで満羽の言っていた『裏切られる』って所が関わって来るんだろうね…!

全てを失った満羽

十二年前、満羽は小国『汨』の大将軍、千斗雲は小国『暦』の大将軍でした。

楚の侵略に抗う二国は、満羽と千斗雲のおかげで両国共に落ちなかったのです。

当時の満羽は部下に討死が出ながらも城へ凱旋します。

ゆめちゃん

凱旋した満羽を讃える汨の国民達。

特に、若者からは憧れの的でした。

しかし、そんな中、汨王・袁公は楚への降伏を言い出したのです…!

楚に降伏したらどうなるか、半年前に楚に降った『圭』を例に挙げ、民の半分が奴隷になったと、思い直す様に言う満羽。

大臣たちと意見を違えたのでした…!

そして、ある日、満羽が遠地で戦っている間に汨は降伏。

満羽は帰る場所を失くしたのです。

帰る場所と、守るべきものを失った満羽は、彷徨いながら楚軍と戦い続けました。

何日も何十日も戦い続けた満羽が見たものは、汨にいた若者の死体…!

満羽は知らないうちに、汨国を含んだ楚軍と戦っていたのです…!

そらくん

その瞬間、それまでの満羽が死んだとのこと。満羽の言う『生きているものの裏切り』って、こういうことだったんだね…!

儒学者・寿胡王が語る性悪説

寿胡王は、時同じくして、千斗雲も同じような境遇に陥り壊れたと言います。

二人はそこで楚に降伏したのでした。

寿胡王、玄右も似たり寄ったりの境遇で、春申君により与えられたのが什虎城だったのです。

不落の什虎の正体を知った一同。

それでも完勝したことに、録嗚未は自慢気な顔を見せますが、それは「満羽に変化が生じたため」と寿胡王は言います。

“荀子”の下で儒学を学んだという寿胡王。

荀子は”性悪説”の提唱者でした。

その研究をしていた寿胡王でしたが、戦場に軍師として出る様になって、机上の空論にバカバカしさを覚え、それを止めたのです。

戦いには、勝者があり敗者があり。

無力な者達の犠牲があり。

そこには善と悪が交錯する。

それを二分出来るものではなく、二分する意味もないと思ったのです。

儂はただこう思う、人は愚かだと。

そらくん

寿胡王の言葉は我々も考えるべき重たい言葉だね…!

人の愚かさの先にあるものとは?

全てに虚しくなり、心が虚無の中で死んだ満羽を、何よりの悲劇だと言う寿胡王。

その悲劇が悲劇のまま終わると思っていた寿胡王でしたが、ここで変化が生まれたのです。

その変化の原因こそ蒙武。

満羽が戦いの最中、『蒙武の背負っているもの』についての話をしていたことを、寿胡王は耳にすると興味深そうな表情を浮かべます。

さらに、天が導くのであれば、二人はまた相見えるだろうといい、満羽の悲劇の先に何かがあることを寿胡王は願うのでした。

そして、話を終えた寿胡王は、その結末を見届けるのはお前達に任せると首を差し出したのです…。

そらくん

寿胡王、ここで殺しちゃっていいんだろうか…。
殺すのが勿体ない気もするし、殺さないと後々怖い気もするし、難しい所だよね…。

ゆめちゃん

『キングダム』第661話ネタバレに続く

スポンサーリンク

キングダム第660話の考察・感想

蒙武の今後について重要な回…だったんでしょうね。

什虎の4人に関しては、どうやらキングダムオリジナルキャラの様なので、今後の使い方は原先生次第。

寿胡王の処遇にしても、今後の他の3人がどう話に絡んでくるかにしても、非常に楽しみですね!

『キングダム』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『キングダム』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[キングダム]

まとめ

以上、『キングダム』第660話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『キングダム』のコミックを集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『キングダム』の関連記事