漫画で人生にワクワクを

キングダム【第656話ネタバレ】鉞となる蒙武と騰。そしてその前に立ちふさがる満羽…!

ヤングジャンプで連載している原泰久先生の『キングダム』第656話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

同盟軍が同盟らしくなってきましたね!

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
657話 ネタバレ一覧 655話
前回あらすじ

什虎軍の強さに完全に膠着状態に陥った同盟軍。そんな中、呉鳳明は「戦術を変える」と言い出したのでした。乱美迫と録嗚未に送られた伝令。呉鳳明が打った策とは…?

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『キングダム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『キングダム』第656話のネタバレが含まれています。

キングダム 第656話ネタバレ

満羽軍と蒙武軍は激闘の最中でした。

そこに横から乱入してきたのは魏・乱美迫軍副将『魚燕』。

蒙武に対し、大声で伝令を伝えます。

それは、騰と蒙武を楚軍撃破の“鉞”とすべしと判断したこと。

乱美迫軍、ひいては魏軍全体が“助攻”となり、蒙武と騰、この二軍を同盟軍の“主攻”として、楚軍本陣を叩くという作戦でした!

 

主攻・蒙武軍に立ちふさがるのは…!

魏軍の助攻を受け、進軍する蒙武軍。

しかし、その前に立ちふさがったのは満羽でした。

蒙武は、来輝に進軍する様に言い、自分は満羽の元へと向かいます。

そして、蒙武が単騎突撃してきたことの報告を受けた満羽は、配下に「先に当たれ」と命令。

いつもは、千斗雲並に、自分で真っ先に行く満羽にも関わらず、先に当たる様に指示した満羽に配下達は「どうかされましたか?」と不思議がります。

満羽はどうやら、蒙武に興味を持った様で…!

千斗雲の狙い

千斗雲と録嗚未の戦いは、一人になった録嗚未が、血反吐しながら千斗雲を喰いとめていました。

しかし、もっと楽しいとこにいってくるわーと言い出す千斗雲。

千斗雲の視線の先にいたのは呉鳳明だったのです…!

魏軍本陣に向け、突撃を始める千斗雲。

その様子を見た秦軍は「我らにとってはそれはそれで…」と呉鳳明が討ち取られることを容認しようします。

そんなことを言い出した兵に、録嗚未は「下衆な事をほざくな」と殴り、友軍は命がけで守ると千斗雲を追ったのでした。

満羽VS蒙武

あの精鋭部隊である、什虎の近衛兵団“迅戈”を蹴散らしながら突き進む蒙武。

その様子を見た満羽は「背負っているな、何かを」と、蒙武がただの唯我独尊の者ではないことを察します。

そして、それが蒙武より強い汗明に勝った理由であるとも…。

「そうだ、蒙武。お前はかつての俺達に似ている」

そう言いながら、満羽は蒙武へ突撃!

振りかざした矛は、蒙武の錘と共に、そのまま蒙武を馬から引きずり下ろしたのです…!

(そう“虚無”を悟る前の俺達にな)

 

『キングダム』第657話ネタバレに続く

スポンサーリンク

キングダム第656話の考察・感想

ドンドン同盟軍が同盟らしくなってきてますね!

兵の方はまだまだそう割り切れていない様ですが、将に関してはある程度しっかり割り切ってる模様。

というか、また呉鳳明と録嗚未がしっかりしてるんでしょうね。

呉鳳明は、感情抜きにして現実的な判断をしそうですが、録嗚未は全ての感情を押し殺しながら義を優先する感じ。

そして、呉鳳明の策で進撃する蒙武の前に立ちはだかったのは満羽…!

不意打ちとはいえ、あの蒙武を一撃で組み伏せるとは…!

しかも、蒙武の上を行っているかの様なモノローグ付でしたね。

登場シーンが全裸というとんでもない様子も、『虚無』を悟ったということだったのでしょうか?

わりと既に絶体絶命な蒙武ですが、次回ここからどう盛り返すのか、楽しみですね!

『キングダム』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『キングダム』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[キングダム]

まとめ

以上、『キングダム』第656話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『キングダム』のコミックを集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『キングダム』の関連記事