漫画で人生にワクワクを

キングダム【第652話ネタバレ】劣勢の秦軍。そこへ遂に現れたのは…!

ヤングジャンプで連載している原泰久先生の『キングダム』第652話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

秦はピンチ感出てますがどうなるのでしょうね…!

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
653話 ネタバレ一覧 651話
前回あらすじ

総大将ながら、前線へと出撃する蒙武。その蒙武を倒そうと前線に現れたのも、これまた総大将である満羽でした。千斗雲も勝手に出撃し、混迷を極める戦場に、援軍が現れ…?

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『キングダム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『キングダム』第652話のネタバレが含まれています。

キングダム 第652話ネタバレ

右方奥に現れた楚の援軍。

項翼と白麗は、臨武君の仇である騰軍、まずは手前にいる録嗚未軍を狙ったのでした。

そのことに焦ったのは味方である千斗雲。

蒙武を討ちたくてたまらない千斗雲は、むしろ友軍を邪魔だと思っていたのです…!

 

撤退を余儀なく…

白麗の号令で、遠弓隊が斉射します。

あまりの距離に、その矢は届かないと秦軍は高をくくっていましたが…!

なんと、矢が伸びて録嗚未軍に届いてしまいます。

その矢の混乱に乗じて、項翼の騎馬隊一千騎が突っ込んできます!

それを見た録嗚未は全軍反転。

蒙毅も全軍退却の指示を出したのでした。

楚の援軍三万で、戦にならなくなった戦場。

全滅を避け、全体を立て直すために撤退を指示したのです。

そんな中、玄羽が騰軍に仕掛けます!

そして、蒙武も相手の足止めを食らい、撤退が出来ない状態だったのでした…!

 

ついに成った同盟

戦況を眺めていた寿胡王が、退屈そうに「十のうち一の力しか出さずに勝ってしまう」と言い出します。

すると、寿胡王は何かに気づいたのでした。

その何かとは、魏の援軍!

しかも数万の大軍だったのです!

それを見た寿胡王は破顔し、「やーっと面白くなってきたな」と言い出します。

千斗雲もいいのこんなの?と喜び興奮。

もちろん、秦軍も喜びますが、蒙毅はまだ魏が同盟を受けたという正式な言葉を聞いてないと油断しません。

そこに現れたのは魏軍の使者である将軍荀詠!

呉鳳明の言葉を、側近の将軍が伝えに来たのです。

「”秦軍・魏軍で共闘し、楚軍を打ち倒す。単純な挟撃でそちらに合わせてやる故自由に戦え”とのことだ」

それを聞いた蒙毅は、本当に同盟を受け入れたのですね!?と確認。

すると荀詠は、三年だけだぞと笑ったのでした。

荀詠が鳳明の元に戻ると、秦軍の使者の言葉も聞かずに、鳳明は即座に陣を展開。

秦・魏の連合軍での什虎攻めが始まったのです!

 

『キングダム』第653話ネタバレに続く

スポンサーリンク

キングダム第652話の考察・感想

ついに魏との同盟が成りましたね!

またそれを伝えに来た荀詠が粋というか…!

こんな大きいことを「三年だけだぞ」って笑って伝えるってかっこよかったです!

しかし、魏の援軍見て、什虎城の面々は焦るどころか、超喜んでるわけで…。

満羽、千斗雲に比べてかなり冷静沈着、諌め役的な立ち位置だった寿胡王すらすごい顔で喜んでましたからね。

玄右だけそういう様子がまだ見られませんが、やっぱりこの4人戦バカなんでしょう。

さて、ここまで非常に分が悪かった秦軍でしたが、これでやっとちゃんと戦えそうですね!

流石に即席軍ですから、呉鳳明がその知略を存分に発揮する感じにならなそうなのは、呉鳳明自身からの伝達でも明らか。

それでも、どういう戦になるのか楽しみですね!

『キングダム』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『キングダム』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[キングダム]

まとめ

以上、『キングダム』第652話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『キングダム』のコミックを集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『キングダム』の関連記事