漫画で人生にワクワクを

キングダム【第650話ネタバレ】什虎城の戦馬鹿共

ヤングジャンプで連載している原泰久先生の『キングダム』第650話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

楚との同盟なるのでしょうか…!

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
651話 ネタバレ一覧 649話
前回あらすじ

趙を攻めあぐねる秦。このままでは秦は魏にも攻め込まれかねないと、昌平君の進言で魏と同盟を結ぶことにしたのでした。しかし、常識的に考えれば同盟など考えられない秦と魏。昌平君は魏にある条件を提示して…?

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『キングダム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『キングダム』第650話のネタバレが含まれています。

キングダム 第650話ネタバレ

楚の什虎城に『続報』の声が響きます。

それは蒙武が三万の兵を引き連れ、秦が進軍してきているという報でした。

それを聞いた、城主であり将軍の満羽はひっくり返ります。

さらに頭を抱えて倒れ込む、同じく将軍の千斗雲。

それは、恐怖や絶望から来るものではなく、喜びに打ち震えてのことだったのです…!

何故か全裸にくつとマントという出で立ちの満羽は飛び跳ねて「戦争だ戦争だ」と喜びます。

同様に、喜び震える千斗雲に対し、軍師・寿胡王と将軍・玄右は冷静にツッコミながら、対応策を求めます。

すると、満羽は城壁堅めに五千を配置し、自身は蒙武を討ちに攻めに出たのでした…!

 

媧燐の采配

楚国王都・郢では今回の秦の進軍についての軍議が行われていました。

三万で落とせるわけのない什虎城。

援軍ありきの進軍であると、媧燐も予想します。

しかし、媧燐でもその規模、そして意図を読めていない状況。

「普通にやってもあの戦馬鹿どもがいる什虎城は絶対に落ちねェ」という媧燐。

かといって、そこに大軍を投入するなら、今度は楚が前線を突き破り北上する状況。

そんな不気味な秦の動きに対し、様子見を口にする他の官に対し媧燐は…「チャッチャと終わらせる援軍を送っといた」と言うのでした。

 

蒙武の進軍と什虎城の余裕

蒙武軍本陣では、蒙毅が必死に蒙武を止めていました。

什虎城に待ち構える将軍たちの力量も踏まえ、未だ魏からの返答のないこの状況で、進軍しようとする蒙武を止めていたのです。

それに対し、昌平君の書簡で今日の日付を”什虎攻め”の日と送っていたはずと、蒙武は効く耳を持ちません。

そして蒙武は「よく見ておけ」と言い、魏の到着を待たずして戦場に打って出ます!

馬を駆り、楚の兵を蹴散らす蒙武。

その様子を遠くから見ながら「分かってない、分かってないなー」と、什虎の将軍たちは、蒙武の進撃に余裕を見せるのでした…!

 

『キングダム』第651話ネタバレに続く

スポンサーリンク

キングダム第650話の考察・感想

何て言うか、また灰汁の強いのが出てきましたね…(笑)

今までにないタイプの戦闘狂。

同じヤンジャンの別作品・ゴールデンカムイにでも出てきそうなタイプですよね…(笑)

しかし、その力量はあの媧燐をして「普通にやっても絶対落ちねェ」と言わしめるほどのもの。

単なる武で落ちる様な所じゃないんでしょうね。

それをわからない昌平君ではないでしょうから、魏にそれなりの援軍を要請していそうですし、場合によっては他の策もありそうです。

そして、蒙武の口ぶりかしても、それを、特に昌平君を信頼しているのではないでしょうか?

何はともあれ、今回から始まった什虎城攻略戦!

どういう展開になるか楽しみですね!

『キングダム』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『キングダム』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[キングダム]

まとめ

以上、『キングダム』第650話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『キングダム』のコミックを集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『キングダム』の関連記事