漫画で人生にワクワクを

キングダム【第647話ネタバレ】李牧の選択と秦内部の動き

ヤングジャンプで連載している原泰久先生の『キングダム』第647話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

もはや趙は戦争どころじゃない内乱ですね…。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
648話 ネタバレ一覧 646話
前回あらすじ

遺言にて次期趙王に記されたのなんと末子の遷。一時は名君の器と称される太子嘉の即位により、李牧派の復権なるかと思われましたが、嘉と共に逆賊として追われてしまいます…!辛くも逃げきることには成功しますが…!

[トップ用(まんが王国)]

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『キングダム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『キングダム』第647話のネタバレが含まれています。

キングダム 第647話ネタバレ

つい弱音を吐いた李牧に、後ろから抱きついてしまったカイネ。

そのまま慌てて飛び出してきていました。

「ありがとう」と言われたことを思い出し、ドギマギしながら色々と考えます。

そして、周りの兵に心配されると、「うるさァィ」と叫んだのでした。

 

集結する李牧一党

空が明るく鳴り始め、合流してきた馬南慈・舜水樹・傅抵が李牧の前に顔を出します。

まずは、馬南慈が、李牧の様子を見て安堵。

そして、舜水樹がこれからの方針を聞き始めます。

今の李牧一党は、王命に背き嘉を逃がした反乱軍。

舜水樹は三択を示します。

一つ目は投降して断罪されること。

二つ目はこのまま逃走を続けること。

そして、三つ目は、邯鄲に攻め入り、新王と郭開を抹殺し、嘉を王位にすることだと言うのです。

さらには、嘉ではなく、李牧が新王朝と築くという道もあるという舜水樹。

李牧はそれを制止したのでした。

 

李牧の選択

李牧は、舜水樹の三択目を真っ向から否定。

それでは真の趙王としては迎えられないと言います。

李牧の選択は『逃走』。

「私が軍総司令に戻るまでの間、この軍は雌伏するのです」

それが李牧の考えでした。

李牧不在では、秦と戦えないと踏んでいる李牧と馬南慈。

一年もすれば必ず郭開から、頭を下げてくると言うのです。

また、今回の一件は、新王が即位していない空白時の出来事。

互いに勘違いだったと言い訳も可能。

そして、李牧には行きたい所があったのです。

「司馬尚のいる『青歌』です」

三大天候補である司馬尚へ既に連絡を取っていた李牧。

この状況から何倍もの力になって復帰できるよう意気込むのでした!

 

秦国の不穏な動き

紀元前236年。

鄴を攻略した秦は、これ以上の侵攻は踏みとどまらざるをえなかったのでした。

それは、郭開の思わぬ手腕によるもの。

しかし、その実、その考えは、いずれも地下牢にいた頃の李牧からの進言したものだったのです。

そして、年が変わり紀元前235年。

この年は、中華の驚く予想外の戦いが三国間で起こるのですが…。

その前に秦国内でも大きな出来事が起きたと「史記」には記されていたのです…!

・・・・

軍議に遅れて入ってきた肆氏。

そのおかしな様子に政が「どうした」と声をかけます。

すると、肆氏は政を外に連れ出すのでした。

昌文君までついてきてしまうが、そのまま話始める肆氏。

昌平君と李斯には聞かれたくない話ではあるものの、昌文君ならいいと言うのです。

その話とは「河南」、呂不韋のこと。

隠遁している呂不韋の元に、朝廷をおびやかすほどの、大勢力が集まってきてると肆氏は報告します。

一枚岩になった朝廷からはじき出された各残党が、呂不韋の元に集結。

肆氏は、そうならぬ様に水面下で手を打ち続けていましたが、既に限界だと言い始めたのです。

「呂不韋の命を奪うということだ!!」

そして、それを聞いた政は、「まずは俺が会ってこよう」と言い出したのでした…!

 

『キングダム』第648話ネタバレに続く

スポンサーリンク

キングダム第647話の考察・感想

それぞれ内乱といった感じですね…!

趙軍に関しては、李牧が郭開に授けた策が尽きれば、もはやどうにもならない状況でしょう。

チラっとしかまだ描かれていませんが、新王に推された末子・遷は前王以上の暗君っぽいですからね…。

李牧と馬南慈の目論見だと、一年ということですから、その辺までは秦国は優勢に事を進められそうですね。

ただ、一年を過ぎると…龐煖の代わりになりそうな司馬尚が出てきそうですね…!

その間に決着をつけたい秦ですが、どうやら秦は秦でかなりヤバイ内乱の気配が…。

とはいえ、呂不韋どうなのでしょうね?

今更、反乱を起こそうとするのでしょうか?

呂不韋は意外ともう全て受け入れてそうな部分もありますし、逆に虎視眈々と狙っててもおかしくないという、どっちの可能性もありそうなキャラ。

次回、政が会いに行ったことでどうなるのか、楽しみですね!

『キングダム』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『キングダム』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[キングダム]

まとめ

以上、『キングダム』第647話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『キングダム』のコミックを集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『キングダム』の関連記事