漫画で人生にワクワクを

鬼滅の刃【最新203話ネタバレ】藤の花の仲間の導きで

週刊少年ジャンプで連載してる吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』第203話のネタバレ。

前回の話では、炭治郎を止めたのは禰豆子でした。

禰豆子は肩を噛まれながらも必死に炭治郎のことを抱きとめて、ごめんねと謝ります。

そして禰豆子は炭治郎を家に帰ろうと励ましました。

禰豆子にも容赦ない攻撃を向ける炭治郎を、善逸が、そして伊之助が止めて呼びかけます。

それでもやはり炭治郎は止まりません。

大きな衝撃波で善逸と伊之助、そして義勇をも吹き飛ばします。

どんどん身体が変化し、化け物じみた姿へと変わりゆく血の味を覚えてしまった炭治郎に、義勇は焦りを感じていました。

鬼として弱点のない今の彼を殺す手立てがありません。

しかし禰豆子を振り払うでも食らうでもない炭治郎に、可能性もまた感じます。

そこにカナヲがしのぶから預かっていた藤の花の薬を持ち、現れました。

炭治郎へと向かいその薬を差し込みます。

そしてその瞬間、炭治郎の動きがぴたりと止まりました。

それでは、『鬼滅の刃』第203話のネタバレを始めていきます!

当記事では『鬼滅の刃』第203話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『鬼滅の刃』のネタバレ最新話まとめを見る

『鬼滅の刃』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

鬼滅の刃 第203話のネタバレ!

禰豆子の家に帰ろうと泣く声が、炭治郎に届きます。

炭治郎もまた涙を流して、帰りたいと手を伸ばしました。

神様に祈り、妹と家に帰りたいと願います。

しかし、その手に絡んだ無惨が帰ってどうなると問いました。

家族は皆死に、死骸が埋まるのみの家に帰ってどうなるのかと言葉を重ねます。

炭治郎は自分と禰豆子がいるかぎり家族在りし日の幸せな日々の

思い出は消えないのだと答えて、だから帰ると手を伸ばし続けていました。

それでも無惨は無意味だと断じて、禰豆子は死んだと告げます。

しかし炭治郎はそれを嘘だと否定し、それを後押しするように失われた家族たちが彼を無惨の影響から引き離そうと押し上げ始めました。

無惨はその家族たちの行為に余計な真似をするなと睨めつけて、炭治郎に再び語りかけます。

仲間たちの血の匂いはお前のやったことだと、傷つけられたことを恨み、炭治郎が戻ることを望みはしないと引き止めるべく言葉を続けました。

それでも炭治郎は、それを自分のしてしまったことを戻って謝りたいとあきらめません。

無惨はそれを許されないと断じますが、炭治郎はお前が決めることじゃないと一蹴します。

自分を心配してくれていることは匂いで分かると炭治郎はさらに手を伸ばしました。

その手から無惨の顔が現れて、自分の意思を継ぐ者を逃すまいとさらに言葉を紡ぎます。

前を向かず、人を信じず、希望を見出すなと炭治郎に迫りました。

鬼でなくなれば痣を発言させている炭治郎は、数年のうちに死んでしまいます。

自分のことだけを考え、鬼の無限の命を掴み取れと炭治郎の胸ぐらを掴みました。

その言葉を拒絶し、炭治郎は涙を浮かべながら人間として死ぬと、無限の命ではなくみんなのところへ帰ることを望みます。

ですが無惨はお前だけが生き残るのかと、大勢の者が死に何かを失った中で自分だけは何も失わずに生き残るのかと問いかけました。

その言葉に炭治郎は返す言葉もなく涙を流します。

しかしその彼を後押ししたのは、命を落とした柱たちの手でした。

無惨は必死にこんなものお前の妄想だと告げて、炭治郎をとどめようとします。

その中で炭治郎はしのぶから感じていたものと同じ、藤の花の匂いを感じて目の前に咲き乱れる藤の花から伸びてくる手を握りました。

握った手は禰豆子のもので、彼女の帰ろうと呼ぶ声がします。

無惨はさらに焦り、手を放せこっちに戻れと必死に叫びました。

太陽すら克服した類稀なる生物なのだと、そっちに行くなとさらに叫び、死者の憎しみの声や怨みの叫びが聞こえないのかとさらに叫び続けます。

ですが炭治郎は知っていました。

そんな人はいないということを、自分ではない誰かのために命を懸け、自分の感じた苦しみや悲しみを他の人にはして欲しくなかったという人たちばかりだということを。

禰豆子の手によって無惨から離れようとしている炭治郎を、無惨は追い縋るようにしてしがみつきます。

炭治郎を呼び、待ってくれと叫び、自分の意思を継いでほしいと無惨は懇願しました。

しかし、禰豆子のみではなく善逸や伊之助、義勇たちの手も加わって炭治郎は引き上げられていきます。

皆、炭治郎に戻ってこい、負けるなと、家にかえろうと呼びかけました。

そしてついに炭治郎は嘆き叫ぶ無惨を置いて、現実へと帰還したのです。

目を覚ました炭治郎の目の前には、兄を呼ぶ禰豆子の泣き顔がありました。

炭治郎は涙を流して、怪我をさせてしまったことに謝罪の言葉を口にします。

その場にいた隊士たちが一斉に喜びに包まれました。

伊之助はたいしたことねぇと涙を流し、善逸は一生懸けて償ってもらうからと言いつつやはり涙を流し、義勇はほっと胸を撫で下ろします。

そして兄妹は涙して笑い合いました。

離れたところに倒れていたカナヲもまた涙を流し喜び、炭治郎がそちらへ向けて笑いかけます。

日の光の元へ行けない愈史郎もまた、この状況を知り炭治郎の無事を涙して喜びました。

そして珠世の形見となってしまった簪を手元に取り出し語りかけます。

ここに死闘は終わりを告げました。

 

>>『鬼滅の刃』第204話ネタバレに続く

スポンサーリンク

鬼滅の刃 第203話の感想・考察

ついに、ついに、これこそ夜明けの時です。

今度こそ鬼舞辻無惨を退けたと言えるでしょう。

炭治郎を後押しする家族と、そして亡くなった柱たちの手があたたかな演出でした。

そして藤の花とともに兄を、仲間のために伸ばされた手もまたあたたかく、炭治郎を再び人間として引き上げていくのは奇跡だと心から感じます。

そしてその真逆の立ち位置に描かれたのは無惨でした。

彼の一貫して自身が正しいと揺るがない様子が、ここまで真っ向から否定されるのもまた清々しいです。

きっと炭治郎の心が折れたり、無惨の言葉に飲み込まれていれば、藤の花もまたその効果を発揮しきれなかったことでしょうが、そこはさすがでした。

涙して喜び合う鬼殺隊が印象深いですね。

ところで、個人的には青い彼岸花と日の呼吸十三個目の型のことが気になっています。

何か明かされるのでしょうか?

次回は何が描かれるのか、楽しみですね!

鬼滅の刃など漫画を無料で読む方法

以上、『鬼滅の刃』第203話のネタバレになります。

文字だけでなく絵で見たい…という方は、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用することで続きを無料で読むことができます

  • 登録から1ヶ月無料
  • 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める
  • アニメ・映画・ドラマなど見放題作品も

無料 『鬼滅の刃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://video.unext.jp/

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXT music.jp
ポイント特典
600円分 600円分
無料期間
31日間 30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『鬼滅の刃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。