漫画で人生にワクワクを

鬼滅の刃【最新201話ネタバレ】残酷な現実

週刊少年ジャンプで連載してる吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』第201話のネタバレ。

前回の話では、朝日が登り、赤ん坊の姿に見える肉の鎧とともに無惨は消えていきます。

生き残った隊士たちは抱き合い涙を流し、果たされた悲願を喜び合いました。

悲鳴嶼はかつてともに過ごした子供たちに導かれ逝きます。

甘露寺と伊黒はともに支え合い、来世を誓い果てました。

実弥は失った意識の中、鬼となり死んでいった母に寄り添いますがそれを阻んだのは他ならぬ父親です。

伊之助は手当てを受けつつも暴れ、善逸もまた手当てを受けつつその口は禰豆子への想いを告げ続けていました。

義勇も重症でしたが、炭治郎を探します。

しかし、炭治郎はすでに息も脈もない状態でした。

それでは、『鬼滅の刃』第201話のネタバレを始めていきます!

当記事では『鬼滅の刃』第201話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『鬼滅の刃』のネタバレ最新話まとめを見る

『鬼滅の刃』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

鬼滅の刃 第201話のネタバレ!

鬼舞辻無惨の命は今にも尽きようとしていました。

生まれる前から彼には死の影が張りついていて、何度も心臓は母親の腹の中で止まり生まれた時には死産と言われたのです。

実際に脈もなく呼吸もしていませんでした。

荼毘に付されるというまさにその瞬間に、踠いて踠いて産声を上げたのです。

無惨はこれまで自身が強く念じたことを必ず叶えてきました。

しかし一個体に出来ることには限界があったのです。

生き物は例外なく死に想いこそが永遠であり不滅、産屋敷耀哉の言葉を無惨は正しいと認めざるを得ません。

今まで無惨は多くの人間を殺しましたが、彼はその殺してきた人間の顔を誰一人覚えていませんでした。

死ねば終わりだとそう考えていたからです。

それが想いは受け継がれ決して滅ばず、無惨を遂に打ち負かすに至りました。

彼はその事実を目の当たりにし、感動し震えたのです。

無惨は肉体が陽の光によって間もなく滅びるだろうという中で、肉の鎧に飲み込んだ炭治郎に手を伸ばします。

無惨の抱く想いもまた不滅であり永遠であると、そう考えて彼は炭治郎に想いの全てを託すことを決めました。

その時すでに炭治郎の呼吸も心臓も停止していましたが、細胞の全ては死滅しておらず生きている状態です。

まだ間に合うと判断した無惨は、自身の血と力を全て注ぎこみました。

もしも即死を免れて生きることができたなら、炭治郎は陽の光を克服し最強の鬼の王となるのです。

それは炭治郎が禰豆子と血を分けた兄であること、そして縁壱と同じく日の呼吸を扱うことが出来た唯一の者だったからにほかなりません。

炭治郎は死なないと無惨は信じ彼自身の夢を託します、鬼狩りを滅するいうその夢を。

隠たちと義勇が炭治郎の周りに集まって、隠たちは泣いていました。

次の瞬間、炭治郎の右目の傷は癒えてその両眼が開かれます。

隠の一人が驚いた瞬間に炭治郎の失われたはずの左手が急速に元へ戻り、襲いかかりました。

ぎりぎりのところで義勇が隠を庇います。

しかし他の隠たちには何が起きているのか理解が追いついていませんでした。

疑問の言葉を向けられる炭治郎は、理性の感じられない表情で笑います。

義勇の離れるように叫ぶ声が響き、隠の一人に攻撃しようとした炭治郎でしたが陽光に灼かれることによって行動を阻まれました。

炭治郎は地面にのたうち回ります。

義勇は必死に動ける者たちに武器を取り集まるように声をあげました。

その声を聞いた者たちは何事かと困惑するばかりです。

しかし、炭治郎が鬼にされたことを告げる言葉に全員が凍りつきました。

その間にも炭治郎は陽の光を浴びて苦しみます。

日影に向かおうと動き出したところを、義勇が阻みました。

先ほどの攻撃、義勇の動きが一瞬でも遅れたら隠を殺していたものだったはずだと義勇は思います。

まだ人間を殺していない、このまま炭治郎のまま死んでいってほしいと涙ながらに義勇はただ必死に炭治郎の動きを止め続けました。

その次の瞬間、炭治郎の陽光灼けがぴたりと止まります。

そして義勇に攻撃の手が飛び、さらに次の一手が襲い掛かろうとしていました。

伊之助が飛び込み炭治郎の攻撃の手を必死に阻みます。

義勇を庇い伊之助は彼が仲間であることを叫び、隠に支えられながら善逸もまた炭治郎の名前を呼びました。

しかし炭治郎はまるで野生の獣のように唸り、睨みつけます。

もう隊士たちはみなぼろぼろで戦える状況ではありません。

善逸はあんまりだと涙を流しながら、禰豆子のことを想います。

一方の炭治郎は伊之助に向かい、攻撃をしかけていました。

相対する伊之助は柱稽古のときの炭治郎の言葉を思い出します。

自分たちは仲間で兄弟みたいなものだから、誰かが道を踏み外しそうになったら皆で止めよう、どんなにくるしくてもつらくても正しい道を歩こうと炭治郎は話していました。

それを思い出し、伊之助は自分が止めると自分が斬るのだと必死に炭治郎へ向かいます。

それでも思い出されるのは、炭治郎の笑顔ばかりでした。

襲い掛かられようとしている中でも伊之助は、やはり斬れないとできないと動きを止めてしまいます。

伊之助は大粒の涙を流しました。

 

>>『鬼滅の刃』第202話ネタバレに続く

スポンサーリンク

鬼滅の刃 第201話の感想・考察

無惨は死してなお立ちはだかる、という印象を強く強く受けました。

謝罪など改心の様子はひとつなく、彼は彼の矜持を貫き炭治郎を鬼とするという恐ろしい策を完遂しましたが、予想できたとはいえこの状況はショッキングですね。

そして鬼となった炭治郎はみるみる負傷を回復させ、獣のように暴れまわる正に剥き出しの本能はあまりにも今までの炭治郎とは違いすぎて息を飲むばかりです。

今の状態は無惨の血によって理性のない状態、物語のはじめに炭治郎を襲った禰豆子と全く同じ状態と言えるでしょう。

禰豆子のときと同じように、現場へとやってきている彼女が兄を止めるべく奮闘するのではないでしょうか。

伊之助はかろうじて動けていますが、仲間である炭治郎を斬れないと今回のお話の最後でも涙を流しています。

義勇は重症、なんとか動けてはいますがこの状況を覆すほどのことが出来るとは考えにくく、それは神速を使い足がろくに使えなくなってしまっている善逸もまた同様でしょう。

炭治郎はその自我と理性を取り戻すことが出来るのか、次回以降も注目です。

鬼滅の刃など漫画を無料で読む方法

以上、『鬼滅の刃』第201話のネタバレになります。

文字だけでなく絵で見たい…という方は、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用することで続きを無料で読むことができます

  • 登録から1ヶ月無料
  • 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める
  • アニメ・映画・ドラマなど見放題作品も

無料 『鬼滅の刃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://video.unext.jp/

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXT music.jp
ポイント特典
600円分 600円分
無料期間
31日間 30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『鬼滅の刃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。