スポンサーリンク

鬼滅の刃【最新189話ネタバレ】珠世の置き土産と伊黒にも痣が…!!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載してる吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』第189話のネタバレ。

前回の話では、炭治郎が先祖の記憶を体験しているその中でも、無惨との戦いは激しさを増していた。

無惨の凄まじい猛攻に戦う誰もが防戦することに精一杯だ。

そんな中、甘露寺は無惨の攻撃をまともに喰らってしまう。何とか甘露寺を連れて一度戦線を離れた伊黒は、大量の血の跡を残しながら一人の隊士に彼女を託す。

涙を流しながら叫ぶ甘露寺を置いて、伊黒は戦線に戻るべく駆けていく。

自身の生い立ちを、未だ泣いている甘露寺に語るように思い出す。

そして自身の死と鬼のいない平和な世界でもう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず君に好きだと伝えると、甘露寺を想った。

それでは、『鬼滅の刃』第189話のネタバレを始めていきます!

当記事では『鬼滅の刃』第189話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『鬼滅の刃』のネタバレ最新話まとめを見る

『鬼滅の刃』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 第189話のネタバレ!

「あー駄目駄目駄目入んないで!!逆ですあっちに抜けてください」

住民たちの通行を必死に押し返しているのは隠の面々だった。

地盤沈下をしているから危ないので非難するように呼びかけ、混乱をきたす住民に広がる火事の情報を一蹴する。

政府に公認されていない組織であるため、住民たちは疑いの目を向けているが、調査隊であり警官の依頼で来たと必死に呼びかけていた。

隠たちは建物の崩落に巻き込まれた住民はどうやらいないらしいことを確認していた。

時間帯の影響もあってか、外出している者が少なかったことも功を奏したのだ。

隠たちが話をするなか、瓦礫の中から猫の鳴き声がする。

一度は驚いた隠たちだったが、猫を見つけてすぐに助け出してやる。

すると猫は、隠の一人の制止も聞かず一目散に戦闘が行われている方へ向かい走り出した。

 

伊黒、戦線へ復帰

再び戦線へ戻ってきた伊黒は、あまりにも速い無惨からの攻撃を見極めようと決死だった。

斬撃と同時にそれを蹴り上げることで切断面を離すことで、即再生をすることを阻むことが出来ることがわかった。

しかしそれをしたところで、稼げる時間は瞬き程度だ。

そして問題なのは触手のように伸びた手の表面につく口である。

口の吸息は範囲が広く、巨力に周りを吸い込むという厄介な攻撃だった。

避けるためには大振りな動作が要求され、体力が通常の攻撃を避ける何倍も削られてしまう。

夜明けまでの時間を稼ぐ中、そのたった一秒のために鬼殺隊の全員が命さえもかなぐり捨てるほどの状況だ。

伊黒(負けることは許されない 俺たちを庇った仲間の命を無駄にすることは決して許されない…)

決意する伊黒の視線の先には、壁となり犠牲となった隊士たちの遺体があった。

 

諦めを意識する瞬間

一方の義勇は無惨の攻撃によって刀を弾かれてしまう。

その手は無惨の細胞によって侵されて、すっかり変形してしまい握力が落ちてしまっていたのだ。

無惨の次の攻撃が容赦なく迫る。

次の瞬間、伊黒をはじめとした共に戦線に立つ柱たちの攻撃が無断の手を砕いた。

驚きに目を見開く義勇の目の前にドンと自身の刀が突き刺さる。

実弥「ボケッとすんじゃァねぇ!!ブチ殺すぞォォ!!」

刀を投げて寄越した実弥が大きく声を張り上げた。

その鼓舞を受けて刀を手にした義勇はそのまま流流舞い(りゅうりゅうまい)を放つ。

義勇(まだやれる!!しっかりしろ!!最期まで水柱として恥じぬ戦いを!!)

自身で再び己を鼓舞した。

 

死中に飛び込む活

無惨はその腕を振るいながら、冷静に現状を分析していた。

彼の想像以上に柱たちが粘っていたが、全員が潰れるのは時間の問題だと踏んでいた。

夜明けまでは一時間十四分。

無惨の血により細胞が破壊され、死に至るまでは五分とかからないだろう。

踠いても踠いても人間は結局終わると無惨は余裕すら抱いていた。

悲鳴嶼もまた夜明けまでもたないことを悟り焦る、実弥は首だけになっても喰らいつくと捨て身の覚悟を抱く。

義勇は細胞の破壊に血を吐き、伊黒もまた身体が小さい分毒のまわりが早いことを嘆いた。

その瞬間だ、隠によって助けられた猫、愈史郎によって手なづけられていた茶々丸が飛び込んでくる。

無惨は何が起きたのかと目を見張ったが、茶々丸の背負っていたものから瓶状のものに入った薬らしきものが飛び出した。

それらは柱たちの体に突き刺さる。

次の瞬間に無惨の攻撃によって、茶々丸の体は引き裂かれて胃面に落ちた。

無惨には相変わらずその意図が理解できない。

 

しかし変化はすぐに起きた。

実弥の顔にまで及んでいた細胞の破壊があっという間に引いたのだ。

無惨の攻撃も軽快にかわして、通りすがりの猫に助けられたと笑う。

悲鳴嶼も同様に、脈の狂いや体の激痛が各段に治ったことを感じていた。

彼にも理由は分からなかったが、これは僥倖だ。

一時的な症状の緩和ではあるのだろうが、これでまた戦い続けることが出来るのだから。

そして無惨はこの状況にこころあたることがあった。

珠世である、彼女の差し金で細胞破壊を止める血清のようなものまで用意していたのだ。

死んで尚、癪に触ると無惨は怒る。

無惨「無駄な足掻きをするな!!潔く死ね亡者共!!」

その怒りと共にその両腕をまた振るった。

その攻撃を各々がかわす中で、伊黒は自身が誰よりも戦果を上げていないと焦る。

もっと有効な攻撃を与えることが出来ればと考えを巡らせていた。

 

赫刀の顕現

命の危機に瀕したときに生き物は爆発的な力を発揮することを、伊黒はよく知っている。

箸よりも重い物を持ったことがないような非力な手でも、簪一本で座敷牢の分厚い格子を破ることができると彼は知っているのだから。

そして無一郎のことを思い出し、彼が死ぬ間際に白刀を赫くし刀の色に関わらず刃は赫くすることができるのだと証明したことを思い出す。

鴉の報告から推察するに、その瞬間に無一郎が出来たことは強く刀を握り締めることのみだったことだろう。

その強い衝撃を受けて、刀の温度が上がったのではないだろうかと伊黒は思い至る。

刃を赫く染めるのは死の縁に己を追い詰めてこそ発揮される万力の握力だと。

そのとき伊黒には痣が浮かび上がり、強く強く握りしめた刀の刀身は赫く染まりはじめていた。

 

>>『鬼滅の刃』第190話ネタバレに続く

スポンサーリンク

鬼滅の刃など漫画を無料で読む方法

以上、『鬼滅の刃』第189話のネタバレになります。

文字だけでなく絵で見たい…という方は、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用することで続きを無料で読むことができます

  • 登録から1ヶ月無料
  • 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める
  • アニメ・映画・ドラマなど見放題作品も

無料 『鬼滅の刃』を今すぐ無料で読む

リンク先:https://video.unext.jp/

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、さらに無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『鬼滅の刃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

鬼滅の刃 第189話の感想・考察

住民たちの姿が見えなかったのは隠の人たちが頑張っていた結果だったんだとわかってホッとしました。

地上に飛び出してきてから、人がどれくらい巻き込まれたのかが心配だったのです。

猫の茶々丸、最期までしっかりとお仕事してくれて悲しいですけれどありがとうですね…この状況変化と伊黒の刀が赫く染まったのは無惨との戦いに有利に働くことでしょうね。

これからの戦いにどのように響くのか、期待ですね!

合併号のため、次回、週刊少年ジャンプの発売日は2020年1月20日になります。

発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『鬼滅の刃』第189話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました