漫画ネタバレ

鬼滅の刃【最新172話ネタバレ】黒死牟のさらなる脅威、玄弥の決意と覚悟

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』第172話のネタバレ。

前回の話は、悲鳴嶼と実弥のコンビネーションで、黒死牟に攻撃を繰り出すが、着物を裂いただけでまさかの無傷。今までは二人の実力を図っていただけのようです。

前回ネタバレ
鬼滅の刃
鬼滅の刃【最新171話ネタバレ】風柱と岩柱の共闘!!上弦の鬼・壱の恐怖…

週刊少年ジャンプで連載してる吾峠呼世晴先生の『鬼滅の刃』第171話のネタバレ。 前回の話は、黒死牟が悲鳴嶼に痣についての真実を語りますが、柱たちはそのこともすべて承知の上で、鬼たちと戦っているんだとい ...

続きを見る

柱二人がかりでも余裕を見せる黒死牟を前にどうするのか…。

それでは、2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ40号『鬼滅の刃』第172話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『鬼滅の刃』第172話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『鬼滅の刃』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

鬼滅の刃 第172話のネタバレ!

放たれた黒死牟の攻撃は、実弥の刀を握る指のうちの二本を切り落とした。

悲鳴嶼の呼び声の中で実弥は、自身が黒死牟の攻撃にほとんど反応できなかったことを悔やむ。

悲鳴嶼が鎖で攻撃の軌道を変えていなければ、指どころか両腕が切り落とされていただろうことは実弥にも痛いほど理解できていて、悔しさばかりが滲んだ。

負傷すればするほほ、動きが鈍くなり足を引っ張ることにもなることを実弥は危惧していた。

切り札の一つであった自身の稀血も殆ど効いていないことにも口惜しさがにじむ。

強い鬼に対してこそ効くはずなのにくそったれめ、と実弥は内心で悪態をつくことしか出来ない。

しかも、黒死牟はその手の大きな刀をとんでもない速度で振るう、その次の攻撃を避け切れるか切り込めるかを一心に考える。

産屋敷輝利哉からの信頼

黒死牟と柱たちとの戦いの上を札をつけた鎹鴉(かすがいがらす)が舞う。

視覚を共有して、圧倒的不利な現状に上弦の壱の元へ他の柱を向かわせることが提案された。

水柱・冨岡と炭治郎は、そちらへの移動が可能だと重ねて告げられる。

しかし、輝利哉はその提案を否定した。

輝利哉「義勇と炭治郎はそのまま無惨の元へ」
「上弦の壱は行冥と実弥、無一郎と弦弥の四人が必ず倒す」

上弦の壱 怒涛の反撃

一方、黒死牟は自身のから名を振り構えていた。

黒死牟「月の呼吸 漆ノ型」

その構えと呼吸に、悲鳴嶼と実弥はとっさに反応する。

黒死牟「厄鏡・月映え(やっきょう・つきばえ)」

繰り出された技の間合いが今までの倍以上に伸び、さらに速さまで増したので悲鳴嶼は焦りを覚えた。

黒死牟「月の呼吸 捌ノ型 月龍輪尾(げつりゅうりんび)

黒死牟は、さらに技を繰り出して畳み掛ける。

悲鳴嶼は何とか技を避けきるが、実弥は避けきれず今度は足を切りつけられてしまった。

それでも何とか致命傷になることを避けるも、頸を狙うどころか速すぎて近付けず、攻撃を避けることに懇親の力を使わざるを得ないことに気づく。

黒死牟「月の呼吸 玖ノ型 降り月・連面(くだりづき・れんめん)

さらなる攻撃に、ついに実弥は上半身を切りつけられてしまった。

悲鳴嶼の呼び声が響くが、実弥は体勢を立て直しながら、俺に構うなと告げる。

黒死牟「月の呼吸 捨ノ型 穿面斬・蘿月(せんめんざん・らげつ)

止まらない攻撃が実弥を襲い、万事休すかと思われたが、間一髪のところで黒死牟の技から脱した。

実弥を助けたのは、霞柱・時透だ。

実弥は驚きながら時透を呼ぶ。

時透「死なせない。貴方はまだ両腕で刀を振れる…!!」

玄弥の決意

少し離れた物陰から玄弥は、柱たちと黒死牟の戦いを様子を伺いながら見守っていた。

汗をかき、ドクンドクンと緊張した、自分が役に立てるかどうかと不安に思う。

また、すぐに気づかれ胴を同じように割られてしまうのではないかと、不安は大きくなっていくが、目の前では戦闘が続いていて、その中でも玄弥の目は兄である実弥を追う。

玄弥「兄貴…兄貴…死なせたくない…絶対に失敗できない」

そして、悲鳴嶼と時透を思い浮かべ、もっと強かったら、柱だったらと焦りが募った。

助けたいと思えば思うほど体が強張り動けなくなる。

玄弥は役に立てないことや仲間を守れないことに対して恐怖を抱き、自身の弱さを呪い、悔しさばかりがどんどん募っていく。

炭治郎「一番弱い人が一番可能性を持ってるんだよ。玄弥」

以前に聞いた炭治郎の言葉が玄弥の中に蘇った。

炭治郎は上弦の陸と戦った時がそうだった、自分が弱かったからこそ状況を変えられたと言う。

敵がこちらを警戒する数は決まっている、その割り振りは強い人をより警戒し、壁が分厚いが弱いと思われている人間であれば警戒の壁が薄いのだと続けた。

だからこそ弱い人の動きで壁を打ち破れたら、一気に風向きが変わるとそんな炭治郎の言葉を思い出し、玄弥は心の中で炭治郎に問いかける。

本当に俺にできると思うか、玄弥の中で炭治郎は笑顔だった。

ドクンドクンと相変わらず緊張の音が鳴るが、玄弥の決意は決まった。

やるしかない、そう自身を鼓舞して手に取ったのは折れた黒死牟の刀の先だ。

玄弥(勝つことだけを考えろ)

兄である実弥を、師匠である悲鳴嶼を、仲間を絶対に死なせないと手に取った折れた刀を口に運ぶ。

当初は次に傷ついたとき、回復するために使おうと思っていたものだが、そのように弱腰ではだめだと思い直した。

玄弥(攻めの姿勢を崩すな)

折れた刀を口に押入れると、玄弥の中でドクンと脈打つものがあった。

>>『鬼滅の刃』第173話ネタバレに続く

Sponsored Links

鬼滅の刃など漫画を無料で読む方法

以上、『鬼滅の刃』第172話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『鬼滅の刃』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

他に、下記のような動画配信サービスを利用すればコミックを2~3冊無料で読むことも!

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『鬼滅の刃』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『鬼滅の刃』最新刊だけでなく、ジャンプ最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

created by Rinker
集英社
¥300 (2019/09/21 11:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

鬼滅の刃 第172話の感想・考察

黒死牟の攻勢が一気に強まる中で、大きく動きのある回でした。

無一郎の戦線復帰は特にダメージの蓄積してきていた実弥にとって、何か新たな手に繋がるかもしれないような大きな事態の変化だったのではないかと思います。

無一郎、実弥、そして悲鳴嶼の三人の共闘がどのように描かれていくのか楽しみです。

また玄弥のことも忘れてはいけないですね。

今回彼が選んだ行動で、何が起こるのか不安や心配もありつつ、期待せずにはいられません。

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年9月9日になります。

発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『鬼滅の刃』第172話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.