漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ【最新225話ネタバレ】札幌連続殺人事件!新たな囚人のニオイに両陣営激突必至!

最新話ネタバレ

週刊ヤングジャンプで連載してる野田サトル先生の『ゴールデンカムイ』第225話のネタバレ。

前回の話は、土方一派と同じく、オオハクチョウを捕まえて食べる杉元一行。

そんな中白石は、平太が持っていた砂金に、採れた川ごとの名前が入っている事に気づきます。

それぞれの砂金には採れた川によって『顔』があると言っていた平太。

『アイヌの砂金がどこの川で採れたものなのか?』

それがわかれば、砂金のありかを知っている生き残りを見つけ出せると、白石は言うのでした。

そして、のっぺら坊が砂金を運ぶ中で沈んでしまったという、支笏湖。

なんと平太が持っていた砂金には支笏湖の砂金も混ざっていたのです。

しかもその砂金には『海賊さん』とも書かれており…?

平太の鑑別も終わっているその砂金。

杉元一行は、その鑑別先の川を周り、海賊房太郎を捕まえることとなったのでした。

前回ネタバレ
ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ【最新224話ネタバレ】刺青人皮の頼らない埋蔵金探し!?海賊を探せ!

ゴールデンカムイ224話引用 週刊ヤングジャンプで連載してる野田サトル先生の『ゴールデンカムイ』第224話のネタバレ。 前回の話は、病床の鯉登少尉の元に訪れる二階堂達。 いつになく元気な二階堂はメタン ...

続きを見る

それでは、2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプ4・5合併号『ゴールデンカムイ』第225話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ゴールデンカムイ』第225話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『ゴールデンカムイ』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ゴールデンカムイ第225話のネタバレ!

札幌。

街中では娼婦が客引きをしていた。

そんな中、一人の娼婦と歩く男。

無口な男に対し、娼婦が一方的に話しかけていると…。

娼婦「うぷっ、なに?」

男は突然娼婦の口を掴み、首にナイフを突き立てる。

そしてそのまま娼婦を殺害すると、『ザッ、バリ…ビィィッ』と何かを行うのだった。

その男の胸元からは刺青が見えていたのだった。

札幌連続殺人事件。犯人は脱獄囚!?

翌日、街は殺人事件に騒然とする。

そこにはカメラを持った記者も殺到していた。

「先月31日に同じく貧民窟で殺された娼婦と手口が似てますね~同一犯ですか?警部どの」

そんな中、一人の男が警部にしつこく取材を続ける。

その男こそ石川啄木であった。

啄木「札幌じゃ、連続殺人事件ってことでそりゃもう大騒ぎですわ」

啄木は、土方達が住み着いている寺へとそう報告に来る。

啄木「いまお気に入りの遊女がいるんで、殺されたらがっかりですよ」

そんな啄木を「お前はドブで転んで背中打って死ね」と、永倉が罵倒するのだった。

一連の話を聞いた土方は、門倉に心当たりを聞く。

門倉「いますね。10年近く前に横浜で遊女を刃物でメッタ刺しにして、網走監獄に収監された男」

犯人が脱獄囚だとして、ここまで騒ぎを起こされたことを土方は厄介に思っていた。

土方「そしてあの第七師団のはぐれ者達もニオイを嗅ぎつけて来るだろう」

両陣営、札幌囚人狩りへ

オホーツク海沿岸の集落。

殺された馬を眺める宇佐美。

そんな中、鶴見中尉は新聞を手にし、札幌の連続殺人事件のニュースに、脱獄囚のニオイを感じていた。

鶴見中尉「菊田特務曹長。お前は札幌へ迎え」

自身はアシリパ捜索を継続、菊田には、宇佐美を連れて札幌へ向かうように指示を出したのだった。

だが、菊田、宇佐美双方共に、一緒に札幌へ向かうのを嫌がる。

鶴見中尉「宇佐美はきっと札幌で役に立つ」

そんな菊田に、鶴見中尉はそう言うのだった。

また、札幌では、土方陣営と鉢合わせになることも、鶴見中尉は予想。

宇佐美に気を付けるように言うが、宇佐美は「僕が皆殺しにしてすべて奪ってやる」と意気込む。

札幌への囚人狩りが始まるのだった。

若かりし頃の鶴見と宇佐美

明治28年、新潟県 新発田。

まだ頭の傷もなく、若かりし頃の鶴見。

戦地での報告を武田先生に行う。

鶴見「長期間に渡って訓練を受けたはずの兵士たちがいざ戦闘になると『発砲するふり』をするのです」

大勢の兵がそうすることに、鶴見は面白さを感じていた。

それは一部の例外を除いて、圧倒的多数の兵士が殺人に抵抗があることの表れだった。

報告を終え、外に出ると武田先生の馬の周りに子供が集まっていた。

子供達に「馬の後ろに近づくと危ないよ」と注意を促す鶴見。

「篤四郎さん!!帰って来てたんですね!!」

そんな中、一人、鶴見に声をかける。

鶴見「やあキミか、久しぶり。また背が伸びたね、トキシゲくん」

その声の主こそ、宇佐美時重・14歳であった。

>>『ゴールデンカムイ』第226話ネタバレに続く

Sponsored Links

ゴールデンカムイなど漫画を無料で読む方法

以上、『ゴールデンカムイ』第225話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『ゴールデンカムイ』を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『ゴールデンカムイ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、『週刊ヤングジャンプ』もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

ゴールデンカムイ第225話の感想・考察

また海賊房太郎とは別の囚人ですね!

杉元達は海賊房太郎、第七師団&土方陣営は札幌といった感じになりそうです。

そんな中、今回スポットライトが当たったのは宇佐美。

恐らく今回の話からすると、「大多数の兵士は殺人に抵抗があるが、宇佐美は抵抗がない」ということなのでしょう。

宇佐美、色々ぶっ飛んでますしね…。

いや、まあこの作品大概のキャラがぶっ飛んでますが…(笑)

刺青人皮の数も、残り少なくなり、戦いが激化しそうなゴールデンカムイ!

次回が楽しみですね!

合併号のため、次回は週刊ヤングジャンプの発売日2020年1月9日になります。

発売され次第、『ゴールデンカムイ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『ゴールデンカムイ』第225話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.