漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ【最新214話ネタバレ】逃げる杉元達!アシリパの機転とは?

更新日:

最新話ネタバレ

週刊ヤングジャンプで連載してる野田サトル先生の『ゴールデンカムイ』第214話のネタバレ。

前回の話は、アシリパの『当て』とはいつもより早い連絡船のことでした。激しい銃撃を受けた杉元を引きずりながら歩くアシリパ。そこに現れたのはヴァシリ。ヴァシリの馬に乗って連絡船へ急ぎます。

また連絡船のことを知っていた白石とは合流するものの、谷垣は置いていったアシリパ。

命からがら連絡船に乗るものの、鶴見中尉達は船で追って来たのでした。

それでは、2019年9月26日発売の週刊ヤングジャンプ43号『ゴールデンカムイ』第214話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ゴールデンカムイ』第214話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『ゴールデンカムイ』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ゴールデンカムイ第214話のネタバレ!

鯉登少将「発光信号用意ッ」

駆逐艦で追ってきた鶴見中尉達。

砲撃をした後、『直チニ機関ヲ停止セヨ』という発光信号を、杉元達の連絡船に送る。

船長が「何ごとだ!?」と戸惑っていると、そこに杉元が現れ「止めるな」と言うのだった。

杉元「奴らの目的は、この女の子だから撃沈する気は絶対にない」

しかし、船長は駆逐艦の方がスピードが速く、すぐに追いつかれると言う。

そんな船長に流氷の帯を突っ切る様に杉元は言うものの、幅100メートルの流氷は突っ切れないと船長は説明。

杉元「速度を落として船首をあの流氷の帯に向けろ」

杉元はその流氷を双眼鏡で見ると、何かを思いついた様にそう言うのだった。

杉元の機転も追いつかれるのも時間の問題。その時アシリパは!?

その動きは鶴見中尉達の駆逐艦の方でも察知。

「行く手をはばめ」と鯉登少将は指示をする。

その指示に従い、駆逐艦は連絡船の“行く手”をドドォンと砲撃するのだった。

白石「帯が吹っ飛んでワレメが出来たッ」

その砲撃により流氷の帯に切れ目が発生。

それが杉元の狙いだったのだ。

その流氷の切れ目を全力で逃げる連絡船。

駆逐艦もそれを追ってくるが、流氷に阻まれる。

駆逐艦側は杉元の狙いに気づいていなかったのだ。

鶴見中尉「さきほどの艦砲射撃が逃げ道を作ったのでは?」

もたつく駆逐艦だったが、鯉登少将の背後に張り付いている鶴見が、少将にそう囁く。

そして駆逐艦は流氷を40口径7.6cm砲で、25メートル先の流氷を打ち抜きながら追ってきたのだった。

追いつかれるのも時間の問題と察した杉元。

そんな中、アシリパが「……よしッ」と何かを思いつく。

アシリパ「シライシ来い。白い布を集めるぞ」

アシリパの言われるがまま、共に白い布を集める白石だった。

アシリパの機転!

「連絡船が停止!!」「回頭してこちらに来ます」駆逐艦内でそんな報告が響く。

鯉登少将「流氷ん行き止まりと逃げ切れんと観念したか?」

そして、駆逐艦は連絡船に追いつき横付け。

菊田「出てこい杉元佐一ッ」

菊田がそう言いながら銃を向けると、手をあげながら「さっき降りたぞ」と船長が言うのだった。

短艇が全て残っている連絡船。

第七師団は船長の言葉を嘘だと疑いますが、杉元達が流氷の上を歩いて逃げた形跡を発見!

しかし、その姿は『白い布』をまとい、目視出来ないのだった。

第七師団は、姿を目視できないことから混乱。

また、流氷の動きが早く、囲まれたら動けなくなるため今すぐこの場を離れなければいけない状態であった。

そんな中、宇佐美が流氷に下りて追跡を申し出るが、ヴァシリの狙撃を警戒した鶴見中尉は却下する。

その代わりに陸兵を全員連絡船に乗せ、稚内へ向かえという指示を出す。

鶴見「ゆっくりと話したいことがあったんだがな…」

そして、各指示を出した鶴見中尉はそうつぶやいたのだった。

・・・・

一方逃げ切った杉元達は海の中に小さい生き物を発見する。

杉元「クリオネだ!!雑誌で見たことある!!」

その生き物はクリオネ。

アイヌの調理法で美味しくいただく方法はないのかと、アシリパに聞くが「ない!!」と断言。

また、アイヌはクリオネを食べないため、アイヌ語の名前もなかったのだった。

そんなこんなでアハハウフフと流氷に乗って逃げる一行。

しかし、その流氷帯には白い大きな獣の姿があったのだった…!

>>『ゴールデンカムイ』第215話ネタバレに続く

Sponsored Links

ゴールデンカムイなど漫画を無料で読む方法

以上、『ゴールデンカムイ』第214話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『ゴールデンカムイ』を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『ゴールデンカムイ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、『週刊ヤングジャンプ』もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

ゴールデンカムイ第214話の感想・考察

今回は杉元やアシリパの機転が光った回でしたね!

スピードも違い、攻撃手段も持つ駆逐艦。

普通ならすぐに追いつかれて終わりな中、まずは機転を見せたのは杉元!

なんと、駆逐艦の砲撃を利用して、逃げ道を作ったのでした!

しかし、その機転も鶴見中尉の前には時間稼ぎにしかならず。

すぐに追いつかれてしまったわけですが、ここでさらなる機転を見せたのがアシリパ!

白い布をまとって氷上を歩いて逃げるというのは、『流石アシリパ!』といった感じでしたね!

そんなこんなで逃亡に完全成功した一行でしたが、最後に何やら不穏な気配が…?

これは…シロクマですよね…!

来週はシロクマVS杉元一行でしょうか?

アシリパさんが「シロクマを食べる」とか言い出しそうですね!(笑)

次回が楽しみです!

次回は週刊ヤングジャンプの発売日2019年10月3日になります。

発売され次第、『ゴールデンカムイ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『ゴールデンカムイ』第214話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.