漫画で人生にワクワクを

ホームルーム【第84話ネタバレ】姿はなくとも想いは変わらず

コミックDAYSで連載してる千代先生の『ホームルーム』第84話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

前回は愛田が一度もでてきませんでしたが…。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
85話 全話まとめ 83話
前回あらすじ

雨上がりの校内に愛田の姿はなく、今日も彼が無断欠勤だという事実に生徒も幸子も戸惑う。ラインの既読もつかず、昨夜も愛田の家で彼を待ち続けた幸子は心配でたまらない。今や心の中で、愛田の妻として生きている幸子は、今日は自宅で裸になったまま、愛田が現れるのを待ち続ける…。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『ホームルーム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『ホームルーム』第84話のネタバレが含まれています。

『ホームルーム』第84話ネタバレ

季節は過ぎ行く。

青空の下、けたたましいほどのセミの声など無かったかのように、今は低い雲が空を覆っている。

校庭を囲んでいる金網に張っていたツル植物も、今では丸裸同然だった。

朝の挨拶をする高校生たちの足元には、モミジの葉が降り積もり、すっかり秋が深まったことを示していた。

マルが幸子に朝の寒さを指摘する。

そしてまるで朝の挨拶の一つのように、幸子の体調を心配する言葉を口にした。

「平気」とマルに笑顔で返す幸子に、それでもマルは何かあれば遠慮なく言って欲しいと食い下がっている。

 

夏に髪を金髪にして以来、幸子はそのままの姿で毎日を過ごしている。

まるで愛田がいつ戻ってきても良いように、自分が”美しい”と思える姿のままで、彼に再開したいと願っているかのように…。

高校生活のその先は・・・

三年二組の教室にたどり着き、ホームルームが始まるまでのわずかな時間。

幸子は心の中で愛田へと、手紙のような言葉を綴っていた。

『お元気ですか?』と問いかけるその想いを受け止める愛田は、夏の終わりの大雨の日以来、姿を消していた。

彼の代わりに、体育の教師が朝のホームルームに現れる。

教師としては生徒には事前に席についていて欲しいのに、ガヤガヤと騒がしくする彼らの態度を注意せずにはいられなかった。

「もっと未来(さき)を見据えろ!」

そういう彼に不良グループの一人である矢沢は自分には夢があるからどうでも良い、と冷めた態度を返す。

しかし、教師は矢沢に留年が決まったことを告げると、教室では失笑が飛び交った…。

愛田がいなくても続く静かな生活

次の教科の教室へと向かう廊下で、マルが幸子に確認するように「就職か~」と互いの将来を口にする。

幸子もマルも決して裕福とは言えない環境の中にある。

まだ就職をしたくないらしいマルの口調は、どこか諦め気味だった。

 

二人が進む廊下の先に、幸子は保険医の椎名の姿を見つける。

少し前までは互いに顔を合わせると、愛田を巡ってライバルとしての視線をかわしてきた相手。

しかし今は、互いの存在に気が付きつつも何事もなかったかのようにすれ違うだけとなった。

…椎名だけではない。

今ではまるで愛田など存在しなかったかのように、誰もが静かな学園生活を送っていた。

表面上は、幸子でさえも……。

白紙の未来

図書委員の幸子は、今日も自分の仕事として図書室で貸し出し当番のためにカウンターの席についていた。

その彼女の脳裏では今も、最後に愛田を見た夏の終わりの大雨の日の光景が広がっている。

彼の家、ポストの表札、教室の机、下足箱…どこを見ても彼との思い出がよみがえる。

…幸子の中の愛田はいつも笑顔だ。

 

『私はまだ貴方を想っています』

誰にも、親友のマルにさえ言うことも出来ず、それでも幸子はずっと愛田のことを想い続けているのだった。

図書室の椅子に座る彼女の手元には、“私の世界史B”と書かれた冊子が一つ。

ペラっと何の気なく開いたそこには、何も書かれていない。

白地図というよりも、本物の白紙のページだった。

『今の私には、未来が見えません・・』

それは本当に白紙だったのか、それとも幸子の心の投影だったのかはわからない。

 

『でも・・』と幸子は思う。

黙って冊子を閉じた幸子は、真っすぐに正面を見据えて、春になった時のことを考えていた。

 

『ホームルーム』第85話ネタバレに続く

スポンサーリンク

『ホームルーム』第84話の考察・感想

予想以上に、愛田が再登場しません!

本当に彼はどうしたのでしょうか??

前々回では交通事故(自損)を起こしたかのような描写がありましたが、そのまま行方不明になったということなのでしょう。

事故の程度はともかく、あの時点で愛田は三年二組の出席簿を山に棄てて、教師としての自分も捨てようとしていたので、行方不明も納得ではありますが…。

彼が居なくても、幸子は相変わらず彼への想いは廃れてはいないようです。

この様子では、春になったら幸子の“愛田探し”が始まるのかもしれません。

仕事をしながらとなると、髪も元の漆黒に戻すことになるでしょう。

それは図らずも愛田が愛した幸子の元の姿。

その時、二人の新しいページが始まるのか否か……、気になるところです!

『ホームルーム』ネタバレ一覧【随時更新中】

『ホームルーム』など漫画をお得・無料で読む方法!

まんが王国なら『ホームルーム』が半額で読める!

[まんが王国フッター訴求]

まとめ

以上、『ホームルーム』第84話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『ホームルーム』を買うか迷ってる方は、まんが王国で試し読みしてみてください。