スポンサーリンク

ホームルーム【最新81話ネタバレ】雨の中に捨てられた出席簿

スポンサーリンク

コミックDAYSで連載してる千代先生の『ホームルーム』第81話のネタバレ。

前回の話は、幸子は登校もせず、ずっと愛田の家の天井に忍んでいた。

夜、彼女は天井から這い出して、自ら愛田と体の関係を持つに至る。

愛田を愛していると告げる幸子に対して、愛田はもう幸子を愛してはいないことを自覚してしまった…。

それでは、『ホームルーム』第81話(最新話)のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ホームルーム』第81話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『ホームルーム』のネタバレ一覧を見る

『ホームルーム』をeBookJapanでお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

ホームルーム 第81話のネタバレ!

夏の終わりを告げるような、強い雨が降り続いていた。

一緒に登校したのだろうか、久しぶりに幸子とマルの二人が揃って下足箱の傍で話している。

マルは幸子の金髪を止めるようにと勧めるが、幸子はいつもの聞いているのかいないのか判断のつかない、あいまいな返事をしていた。

廊下を歩いていると、これまで幸子など気にも留めていなっかった他の生徒たちが、幸子の綺麗な長い金髪に寄ってくる。

その新しい輪の中で、まだなじめないらしい幸子がためらいながらも笑顔で彼女たちに接しているのを、マルは複雑な思いで眺めるしかなかった…。

 

わたしは”幸せな子”

教室に入りしばらくすると、ホームルームが始まる時間となり、愛田がやってきた。

教室に入ってきた彼を幸子が目で追うと、愛田もまた幸子の視線に気づいて、ニコッと微笑み返した。

 

…幸子は思う。

自分がこの名で良かった、と母に感謝さえした。

あの夜、自ら愛田と体を繋ぐことを選び、こうして今は体は離れているのに、『心は繋がっている』と信じる幸子は、こんなやりとりもまた“愛”なのだと感じるのだった。

 

つきあってますから

マルは先ほどの幸子と愛田のやりとりに気づいていた。

ホームルームが終わり廊下を歩く幸子に、愛田と何かあったのか、と問わずにはいられなかった。

どんな答えが返ってくるのか…緊張した面持ちのマルだったが、幸子は答える前にとある人影に気づいた。

幸子と目が合った人物…それは保険医の椎名だ。

彼女は一瞬、幸子を見たままなんの反応も出来ずに黙って見つめていた。

しばし後、やっと自分の視界に映っているのが幸子だ、と確信できた彼女は驚きの声をあげる。

幸子の金色に変わってしまった眉や髪の色を確認し、大きな声でどうしたのか、と問いかけていた。

 

幸子はそれには答えるつもりはなかった。

そんなことよりも、椎名に言いたかったのは、これで何度も幸子の心を脅かしてきた椎名の言葉など、もう気にならないということだった。

なぜならば、幸子にとっては愛田の愛を手に入れたのは自分であり、言葉に翻弄される必要などなくなったのだから。

幸子の言葉に、険しい顔つきに変わった椎名に臆することなく、幸子は言う。

「私たち、つきあってますから」

彼女はこれまでの優等生らしい態度で教師の椎名に一礼しながら、その場を離れようとしていた。

 

その言葉は図らずもマルへの返答にもなり、隣にいたマルは、椎名同様、あっけにとられて幸子の後姿を眺めるのだった。

 

俺だってもうどうでもいい

夜になっても強い雨は一向に止む気配を見せない。

その雨の山道を、愛田が運転する古い軽トラックが走っていた。

古いせいなのか、目に見えて多い排気ガスを吐き散らしながら進んでいた軽トラックが、ふと、止まる。

運転席のドアにつけられた回して窓を開ける取っ手を、愛田がキュイキュイと回した。

窓が開いても、エンジン音の五月蠅さが、強い雨の音さえ消してくる。

彼は車内から何か黒いものを取り出すと、ポイとその窓から、外へと捨ててしまった。

バサッと乾いた音がしたが、それも一瞬のこと。

再び排気ガスと共に走りだした軽トラックが行き過ぎると、強い雨の音だけが響いているだけだった。

 

愛田が捨てたもの。

ガードレールの山側の地面に打ち捨てられた”それ”は、彼が担任する3年2組の出席簿だった……。

 

>>『ホームルーム』第82話ネタバレに続く

スポンサーリンク

ホームルームなど漫画をお得に読む方法

以上、『ホームルーム』第81話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、eBookjapanなら『ホームルーム』をお買い得に読むことができますよ

  • 簡単登録無料
  • 別途料金は発生しません
  • 割引クーポンが豊富

無料 eBookJapanで『ホームルーム』を読む

リンク先:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

初回登録で半額クーポン!

『ホームルーム』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600P/40%還元
1200円以上購入で40%還元
1300P/20%還元
8の付く日に400Pずつ
600P/25%還元
まとめ買いで最大25%還元
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
※無料期間以降は月額料金が発生します
公式サイト公式サイト公式サイト

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ

ホームルーム 第81話の感想・考察

一見平穏な日常が戻ったかのように見えて、考えてみればこの物語が始まったどの地点でも平穏だったことなどありません。

愛田と体のつながりを持った幸子が、どうして愛田と“心は繋がったまま”と思ってしまえるのか…?

少なくとも、幸子の外見が変わってからこっち、愛田が彼女の想いに応えたシーンは一つもないのに、です。

増々怖さが募っていきます。

 

今回、幸子は椎名が繰り返してきた言葉を『どうでもよくなった』と切り捨てましたが、それは愛田もだったようですね。

出席簿を捨てた行為…。

それは教師として、英雄としての自分さえ捨ててしまったということではないかと思います。

 

ところで、出席簿を捨てて走り去る軽トラックの後部、以前幸子が乗っていた辺りに、それまではなかった黒いものが見えるのですが…気のせいでしょうか?!

更新され次第、『ホームルーム』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『ホームルーム』第81話のネタバレ感想でした。

タイトルとURLをコピーしました