漫画ネタバレ

ハイキュー!!【最新376話ネタバレ】絶体絶命のワクワク

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる古舘 春一先生の『ハイキュー!!』第376話のネタバレ。

前回の話は、ペアを組んだエイトールとまた一つ勝利を重ねた日向。

エイトールは次の試合に勝ったら、彼女であるニースにプロポーズするつもりでいることを語る。だからといって堅くならないでくれと話しても、姿勢を正して日向はがんばります!と返した。

翌日、ニースの応援する中で日向は静かに砂で風を確かめる。

エイトールの結婚見届けて俺は日本に帰る、決意を固めて決勝戦に臨む。

試合の始まり日向はドンッと宙に舞い、繰り出すスパイクだった。

前回ネタバレ
no image
ハイキュー!!【最新375話ネタバレ】日本へと続く試合!!

週刊少年ジャンプで連載してる古舘 春一先生の『ハイキュー!!』第375話のネタバレ。 前回の話は、日向と及川がペアで戦う試合は、2人が劇的に進歩を遂げていて接戦だった。 接戦においても日向は思考をやめ ...

続きを見る

それでは、2019年12月9日発売の週刊少年ジャンプ2020年2号『ハイキュー!!』第376話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ハイキュー!!』第376話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『ハイキュー!!』の直近ネタバレ一覧はこちら

『ハイキュー!!』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ハイキュー!! 第376話のネタバレ!

サントス・カルバリョのペア対エイトール・日向のペアの試合が続く中、息を切らせながら姿を現したのはルシオだった。

ニースとペドロに日向たちが勝っているかと問いかける。

二人はほぼ同時に1セット取って取られたと声を揃えて答え、ペドロはそれに今は10−9で1点勝ってることを付け加えた。

競ってるなぁとルシオはいいながらルシオはペドロの横へと腰を下ろす。

ペドロは日向の使った攻撃が「ボーキー・ショット」かと尋ね、ルシオは陽気にそれを肯定した。

ビーチバレーは指の腹を使ったフェイントが禁止であるため、強打以外では指先や指の背を使って攻撃をする。

手を握りパンチするように打つのがボーキー・ショット、他にも指をまっすぐ伸ばして突くように打つコブラ・ショットというものもあり攻撃として使用することが可能だった。

そんな説明の中、エイトールのサーブがアウトで10−10となりコートチェンジが始まる。

最終セットである今、15点マッチで合計点数が5の倍数の度にコートチェンジとなるからだ。

風上にあたるバッドサイドがサントス・カルバリョのペアに、風下にあたるグッドサイドがエイトール・日向のペアへと変わった。

 

相手にどう見られているか

カルバリョのサーブがアウトとなり、日向がサーブでポイントを稼ぐ。

相手がセットアップから攻撃のためチラと様子を確認する。

するとエイトールの後ろから日向の姿が見え、その逆をつこうとトンと浮かせた。

しかし打った先には日向がいて、ドッという音とともに舞い上がったボールはエイトールのアタックへと繋がる。

ニースの応援の横でペドロはルシオに、日向は相手がどこに打ってくるのか分かってる様に見えると呟いた。

スパイカーは攻撃の前に相手の守備を確認する、とルシオは口を開いた。

日向は相手スパイカーに「自分はカット側(インドアバレーで言うクロス)を守ると見せて、ライン側(インドアバレーで言うストレート)へ攻撃を仕向けたのだとルシオは言う。

一人がブロックに跳べばフロアディフェンスは残った一人になる、瞬発力やスピードだけではどうにもならないものだ。

今の日向には及川の「相手にどう見られているかも計算に入れなきゃね」という言葉が確かに生きていた。

相手からすればアッチにいたはずがコッチにいると驚くことになる、その駆け引きが上手くそして素早いのが日向というわけだ。

ニースはその説明に、なるほどニンジャねと思わず呟く。

ルシオ「でもね〜日向くんが忍者なら相手は“仙人”だからね〜」

その言葉はペドロもニースもよく分からなかった。

 

仙人の実力

行けという声とともに放たれた日向のスパイクは、ドオッと音をたてて的のコートへ入っていく。

しかし相手は手を変え、アンダーでスパイクを返して日向たちの背後へとボールは落ちた。

二人は驚くが日向はわざとかと疑いの目を向ける、わざと一回で返してきたと感じていた。

ネットを挟み向こう側の相手は、ニコニコと微笑んでいる。

13−12で再びコートチェンジとなった。

グッドサイドとバッドサイドが入れ替わる。

良い場所へとサーブを入れられ日向たちの体勢が崩れるが、それでもエイトールはスパイクを打ち込む。

しかしその一撃は決まらなかった。

一眼でわかる強いボールをアウトと声を出した日向だったが、風によって勢いが死んで実際はインとなっる。

エイトールは驚きを隠せないが、対戦している相手の方はにこやかだ。

もう一度回ってきたカルバリョのサーブは、手を触れることが叶わず砂のコートに沈む。

相手のマッチポイント、絶体絶命の中で日向はエイトールに声をかける。

最終セットが始まるとき、日向たちはグッドサイドからサーブという好条件で始まったがそれはラッキーではなかったかもしれない。

日向「もしかして相手は自分からバッドサイドスタートを選んだ…?」

その言葉にエイトールもハッとする。

もしかしての話ではあったが、今までの試合やとうじつの1と2セット目の状況からシーソーゲームになることを予想していたのかもしれない。

点の流れを計算して最終局面にグッドサイドでプレーできるように仕向けたかもしれない、日向はそう思い至った。

ビーチバレーは人数の少なさや自然を相手にするという点などから、「経験と技術がモノを言う」度が高い競技だ。

ベテランが本当に強いものなのだ。

コートの中のベテランは「風は思い通りにならないから徹底して風に従う」ことに終始していた。

 

絶体絶命のやばさ

状況にエイトールが焦る中、日向はやばいとだけ呟く。

日向「ビーチバレーやばい。」

わくわくしている様子を隠しもしない日向に、エイトールは内心よくわかんないけどお前もやばいとツッコミを入れる。

そして大きくフッハハと笑って落ち着きを取り戻した。

サーブをなんとか受けたエイトールだが、ボールはダイレクトで戻っていく。

ブロックのいないコートに相手からのダイレクトアタックが放たれた。

(不安定な砂ボールを掠う風どんなボールでもどんな体勢からでも繋ぐのだ)

日向の決死のダイブがエイトールの前までとぶ。

そんな必死な姿を見ながら、エイトールは自分はニースの事以外ではあまり必死になるタイプではないと淡々と自身を分析する。

ただ日向とはもうちょい一緒にプレーしたいと思ってしまうと、そう内心で続けながら砂を蹴って走った。

そして日向が繋いだボールに食らいつき、そのボールを繋いだのだった。

>>『ハイキュー!!』第377話に続く

Sponsored Links

ハイキュー!!など漫画を無料で読む方法

以上、『ハイキュー!!』第376話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『ハイキュー!!』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『ハイキュー!!』最新刊をポイントを使って無料で読んだりアニメも視聴できますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『ハイキュー!!』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
no image
【最新刊】ハイキュー!!42巻の発売日情報!続きを早く見たい方必見!!

こちらでは、週刊少年ジャンプで連載してる古舘春一先生の『ハイキュー!!』最新刊(42巻)の発売日情報をまとめています。 「ハイキュー!!の42巻発売日はいつなの?」 「ハイキュー!! 最新刊の続きが気 ...

続きを見る

ハイキュー!! 第376話の感想・考察

試合の展開は絶体絶命、こんなときこそ笑う日向は相変わらず頼れるプレーヤーで、とてもかっこいいですね。

自身のプレーで敵も見方も奮い立たせて、その瞬間の最高へ向かうだろう次のお話も試合の結果も、待ち遠しいです。

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年12月16日になります。

発売され次第、『ハイキュー!!』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『ハイキュー!!』第376話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.