漫画ネタバレ

ハイキュー!!【最新365話ネタバレ】無理の代償と阻む扉

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる古舘 春一先生の『ハイキュー!!』第365話のネタバレ。

前回の話は、まだまだコートにいたい日向は、連続得点をし続ければコートにいられると思いつく。そして、見事連続得点した烏野ですが、日向が倒れてしまいます。

前回ネタバレ
ハイキュー!!
ハイキュー!!【最新364話ネタバレ】緊張と限界の果てに…!!

週刊少年ジャンプで連載してる古舘 春一先生の『ハイキュー!!』第364話のネタバレ。 前回の話は、小さな巨人の異名を“あげます”みたいな感じで星海にどうぞとあげる。そして、試合が進み、日向に負けてたま ...

続きを見る

倒れてしまった日向は大丈夫なのでしょうか…。

それでは、2019年9月14日発売の週刊少年ジャンプ42号『ハイキュー!!』第365話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ハイキュー!!』第365話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『ハイキュー!!』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ハイキュー!! 第365話のネタバレ!

日向は膝から崩れ落ち、立ち上がることができない。

その異変に観客も気づいた様子で、ざわめきが大きくなっていく。

日向は立ち上がろうと試みるが、ヨロついて尻餅をついてしまい立ち上がることができないままだ。

実況も状況が掴めないままアクシデントの発生らしき状況を告げ、会場の様子をライバルたちも心配そうに画面越しから見守る。

日向の異常の正体

影山「日向(そいつ)多分 熱 あります」

影山の言葉に日向の周りに駆け寄っていた田中、そして澤村、さらには当人である日向すらも驚く。

怪我でないことは実況も含めて会場に伝わっていたが、烏野側はTO(タイムアウト)を取った。

鴎台の星海も、その様子を静かに見守っている。

影山「すげえ 運動量だしって思って」
「あんま気にしなかったけど、さっき手が異常に熱かった」

ベンチに戻った影山が冷静に話す。

彼はアタックを決めた後、日向がガッシと手を握ってきたことを思い出していた。

影山の言葉に日向は“普通”だと反論するが。

しかし、監督の武田が日向の額に手を当て、驚きの表情を見せた。

影山はさらに、昨日の夜から日向の様子がおかしかったことを淡々と語る。

初日は風呂すら起きていられなかったのに昨日は一人テンションが高かったことや、音駒との試合の後もいつもと違い食事に飛びつかなかったり休まなかったりしたこと。

それらは今になって考えてみればおかしなことだった。

影山「ずっとスイッチが入ったままみたいな。電池が切れてもおかしくない」

影山の言葉を聞きながら菅原は、初めての全国大会で初めての体育館、稲荷崎と戦い翌日に音駒と戦い。

その数時間後には今の試合と続ける中で、日向の異常なまでの運動量に見慣れてしまっていたことを口には出さないがショックを受けている。

ピピピと音がして、日向の体温を測った体温計に『39.1℃』と数字が表示された。

鵜飼、澤村は気付けなかったことにショックを受ける。

まだやれる

日向「どこか痛いわけじゃないし、動けるし、おれはとべます!!」

必死に主張する日向の様子に、チームメイトたちは辛く苦しい表情を見せる。

武田も、どうしてもっと注意を払わなかったのかとショックを隠せない。

その間にも日向は怪我じゃない、そう繰り返した。

武田は日向に、澤村が試合中に負傷した時と同じく大丈夫であることを確認してきなさいと告げる。

しかし、日向は必死に視線で、主張を繰り返した。

その様子は、チームメイトたちにさらにショックを与える。

試合に出すことはできません

日向の視線に武田は一瞬怯むが再び口を開いた。

武田「今、これ以上君を試合に出すことはできません」

その言葉に日向は両目を見開く。

武田はなおも言葉を続けた。

日向の中学の時に試合ができなかった分、悔しさがあろうことに共感しゆっくりと言い聞かせる。

この先絶対にこんな気持ちになるものかと刻みなさい、と“がむしゃら”だけでは超えられない壁があると知っている日向に知識・理性・思考の必要性を説く。

武田「日向くん。今、この瞬間も『バレーボール』だ。勝つことを考えてください」

武田の言葉に、日向の目からは涙がこぼれ落ちた。

日向の身体は、これから大きくなってもバレーボールを続ける以上、これからもずっと「小さい」。

他人よりチャンスが少ないと心得てチャンスを取りこぼすことのないよう掴みなさいと、武田はさらに言葉を重ねる。

武田「君こそは、いつも万全でチャンスの最前列に居なさい」

そして日向はメンバーチェンジを受け入れた。

チームはなおもあたたかく

日向は涙をこぼしながら、ごめんなさいと繰り返す。

そんな日向のことを山口は静かに支えていた。

チームの雰囲気が重くなる中、口を開いたのは田中だった。

田中「はしゃぎすぎて発熱て!幼児か!!」

快活に笑う田中はいつも通りの姿で、その様子にほかのチームメイトたちからも声がかかる。

月島はいつもと変わらぬ嫌味を込めながら田中の言葉に、日向はずっと幼児で一晩寝れば治る体力オバケと返した。

西谷もまた変わらぬ様子で自分と、日向と交代で入る成田に任せろと声をはる。

成田もその言葉を受け、県予選決勝のときよりも緊張してないことを告げた。

木下と縁下は言葉に詰まり、かける言葉を定められない様子だ。

そして澤村が日向の前に進み出て、お前が居ないと困ると話しかける。

澤村「日向。お前が必要だ。だから、飯食って寝ろ!」

その言葉に日向は歯を食いしばり、また涙を流した。

菅原は一足お先のしょうが焼きだなと笑って見せて、田中にツッコミを受ける。

東峰はあったかくしてろよと笑うと、西谷にツッコミを受けた。

影山が中学の時に日向に言われた「俺の方が長くコートに立つ」という言葉を発してから、さらにもう一言加える。

影山「今回も俺の勝ちだ」

日向は影山の言葉に涙を拭うと、真っ直ぐに影山の方を見つめた。

コートを立ち去り、阻む扉は冷たく

応援席から田中の姉、冴子は涙ぐみながらなんでだよと声を上げる。

音駒の狐爪は黙って座席を立った。

梟谷の木兎は隣の赤葦に、日向は1月をナメたワケじゃないと思うと話して赤葦はただ、わかってますとだけ言葉を返す。

鴎台の星海はコートを去りゆく日向に呼びかけた。

星海「日向翔陽!!俺は!!お前を待っている!!!」

その言葉を背に受けた日向は、最後に振り返ってコートに深々と一礼する。

日向がこの試合中に戻ってくるのは無理だろうとチームメイトに指摘された星海は、自身の言葉についてこの試合でという意味じゃないと返した。

観客席から試合を見守っていた宮兄弟の片割れが、稲荷崎とネコとカモメでやっとあの翔陽くん(妖怪)を倒したと呟く。

日向は山口と谷地に付き添われてコートを離れていくが、何度も振り返り試合を見つめた。

しかし、コートと通路をつなぐ扉は閉じられて、冷たく日向を拒絶した。

>>『ハイキュー!!』第366話に続く

Sponsored Links

ハイキュー!!など漫画を無料で読む方法

以上、『ハイキュー!!』第365話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『ハイキュー!!』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『ハイキュー!!』最新刊をポイントを使って無料で読んだりアニメも視聴できますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『ハイキュー!!』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

created by Rinker
集英社
¥475 (2019/09/22 10:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

ハイキュー!! 第365話の感想・考察

とてもショックな展開でした。

まさか日向がずっと高熱の中であの試合をしていたなんて…今まで彼の飛躍を見続けてきた身としては、本当に辛くて。

しかし、このどうしようもない今回の日向の挫折が、これからの彼をどう変えていくのかなとも思えてきました。

挫折してもそれ以上に飛躍して跳躍してきた日向のこれからと、日向が抜けた鴎台との戦いに目が離せないですね。

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年9月21日になります。

発売され次第、『ハイキュー!!』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『ハイキュー!!』第365話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.