漫画ネタバレ

幸福は不幸の種【第8巻ネタバレ】咲子の過去を知る牧野が行動に移す!!

投稿日:

ネタバレ感想

阪口ナオミ先生、深志美由紀先生の『幸福は不幸の種』最新8巻のネタバレ。

前回の話では、ひまりの娘・さくらを里親として引き取った咲子。竹尾の方にもデザインを盗作している牧野という男性が近づいていた。しかも、牧野は昔の咲子を知ってるようで…。

前回ネタバレ
幸福は不幸の種
幸福は不幸の種【第7巻ネタバレ】竹尾のことを恨む男性が次のターゲット!?

『幸福は不幸の種』最新7巻のネタバレ。 前回は、竹尾の母・松乃を施設で一緒に育った聖夜と共謀して殺し、聖夜までも殺してしまった咲子。そして、隣で住んでいたさくらの里親になることを竹尾に提案していました ...

続きを見る

咲子の過去を知っている男性に対して、咲子はどうするのか…。

それでは、『幸福は不幸の種』第8巻のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では、『幸福は不幸の種』第8巻(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

まんが王国で『幸福は不幸の種』を読む

『幸福は不幸の種』でしか読めないので、絵で見たい方は無料登録して読みましょう。

Sponsored Links

幸福は不幸の種 第8巻ネタバレ!

咲子の過去を知る牧野は、竹尾の事務所で働く高木に咲子たちの家族写真を持ってこさせていた。

その写真に写る親族を見て、おかしいと感じる牧野。

高木「あなたがどうして二人の結婚に興味持ったのか
わからないけど変なことしないでね」

牧野「顧客リストはどうした?」

高木が鍵のかかった引き出しに入っているから、すぐには無理だと伝えると、牧野に抱かれたときの画像を出回すと脅しをかけて3日以内に持ってくるように告げる。

牧野「顧客リストさえ手に入れば、あとはこっちのもんだ」
「お前とはキレイさっぱり別れてやるよ」

高木は「それなら…」と言って去っていくと、牧野は高木からもらった写真を眺める。

牧野「俺の記憶が確かなら、この女の名は佐藤幸子だったはず」
「名前も顔も変えた女か…。ヒヒヒ。面白くなってきたぜ」

牧野の知る咲子の過去

牧野は介護施設にいる父親に会いに行き、“佐藤幸子”について尋ねた。

父親は最初は知らないフリをしていたが、子供相手にしていたという事実を突きつけると、佐藤家は父親も母親もアル中で子供に稼がせて生活をしていたと語り始める。

話を聞いていた牧野は、どっちもめまいがするくらいサイテーな親だと思った。

牧野「それで、あの火事の後、その子はどこに?」

しかし、父親はそれ以上のことは知らないようだった。

牧野父「お前が何を考えているのか知らんが、あの家の人間とは関わるな」
「関わるとろくでもないことになるぞ」

父親がその子を抱き終わり、迎えをこさせたときに、牧野はその3つのホクロを持つ女の子がどんな顔をしているのか見たくて、こっそりとあとをつけて行った。

その日は顔を見ることができなかったので、次の日に再び見に行くと家が火事になっていた。

そして、その前に佇む女の子が牧野の方へ振り向くと…。

女の子「やっぱりあんただったんだ。後つけてたの」

そう言って、クククと笑う女の子。

牧野は後ろめたさとショックで寝込み、そのことは誰にも話さなかった。

そして、しばらくしてから焼け跡を見に行ったときに、落ちていたノートで名前を知ったのだ。

牧野(俺はもう、あの時のガキじゃねえ)
(今度こそ、お前を手に入れてやる!)

さくらの奇行と行動に移し始める牧野

さくらはわざと花瓶を割って、咲子の様子を伺っていた。

このことを竹尾に話すと、それは“確認行動”らしくて、咲子や竹尾が信頼できる人間かどうかを確かめているのだと言い、竹尾は叱らないように咲子に伝える。

咲子「わたしはまだ信頼されてないってこと?なんだか悲しいわ」

自分たちにできるのは、そういうことも含めて、さくらのことを受け入れることだと伝える。

そして、高木に戸締りをお願いして帰っていくと、高木はいつもは鍵がかかっている引き出しが開いているのに気付き、そこから顧客リストを盗んで牧野へと渡した。

高木「じゃ、わたしはこれで…」

牧野「待てよ。もうひとつやってもらいたいことがある」

高木のことを呼び止めた牧野は、このままだといずれリストがなくなっていることがバレて、高木が疑われることを告げると「事務所に火をつけろ」と言ってきた。

高木「そ…そんなことできるわけないじゃない!」

牧野「やるんだよ。火をつければ何もかも燃えてなくなる」
「何もかもまっさらになって生まれかわるんだ。そうしたら結婚してやる!」

それを聞いた高木は信じられない様子で喜ぶ。

牧野「ああ、そうしたらお前もインテリアデザイナーの妻だ」

高木は牧野に抱きついて「やるわ!」と返事をした。

そして、下準備なども含め、竹尾が出張に行く3日後に決行すると言って笑顔で去っていく高木を見て、「女って恐ろしいねぇ…」と呟く牧野。

牧野(だかな、残念ながら俺が欲しいのはお前じゃない)
(欲しいのは合瀬川咲子…、いや佐藤幸子だ)

竹尾からすべてを奪うことを想像してワクワクする高木だった。

・・・・

さくらが仮病を使って学校を行かなかった。

しかし、これも仮病を使った“確認行動”の一つで、全てを受け止めて受け入れる。適当にあしらうのはダメだと言う竹尾の言葉通りに行動する咲子。

仮病のさくらを自宅で休ませ、外に出ると牧野が咲子のもとへ。

牧野「この間はどうも。驚きましたよ見違えるほどキレイになっていて」
「あの時はその…。言ってる意味わかります?」

咲子「ええ。わたしと父親のことを覗き見してたガキでしょ?」
「またわたしの後をつけて来たのね」

>>『幸福は不幸の種』第9巻ネタバレに続く

Sponsored Links

幸福は不幸の種を見るなら『まんが王国』

以上、『幸福は不幸の種』第8巻ネタバレでした。

『幸福は不幸の種』は紙媒体では発売されておらず、見る方法は電子書籍だけです。まんが王国に掲載している漫画なので、先行配信で他より早く見ることができます。

やっぱ漫画は絵で見たい!という方はまんが王国を利用しましょう。

幸福は不幸の種を読む

▲無料会員登録をして続きを読む▲

幸福は不幸の種 第8巻の感想・考察

牧野のおかげで分かったのは、咲子は名前と顔を変えているということ。

子供の頃の顔は残念ながら見えなかったのですが、もしかしたらあまり可愛い顔ではなかったか、両親から虐待されていたとかありそうですね。

あと、さくらがわざと花瓶を壊して、咲子の様子を伺ってるとき怖かった!

高木の行動もちょっと意味がわからないですよね。別れたがっていた男なのに、結婚をチラつかせただけで喜んで犯罪に手を貸そうとするなんて…。

今回は結構色々あって濃い内容になってました。

続きを読み次第、ネタバレしていきたいと思います。

以上、『幸福は不幸の種』第8巻のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.