漫画ネタバレ

不浄を拭う人【第11話ネタバレ】今回は感動!!亡くなった娘が残した箱には…

投稿日:

ネタバレ

本当にあった笑える話Pinkyで掲載してる沖田×華先生の『不浄を拭う人』第11話のネタバレ。

前回の話は、夏ということで爽やか?なエピソードが語られました。内容としては、排せつ物がたい肥となって草や花が咲いていたというもの…。

これが、爽やかな話と言えるのでしょうかね…。

前回ネタバレ
不浄を拭う人
不浄を拭う人【第10話ネタバレ】真夏の特殊清掃の現場はサウナ状態!!

本当にあった笑える話Pinkyで掲載してる沖田×華先生の『不浄を拭う人』第10話のネタバレ。 前回の話は、まれにニオイがしない現場もあるという話でした。その中で、孤独死した人の身内の反応は2タイプに分 ...

続きを見る

それでは、『不浄を拭う人』第11話のネタバレを始めていきます!

当記事では『不浄を拭う人』第11話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『不浄を拭う人』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

不浄を拭う人 第11話のネタバレ!

特殊清掃の仕事をしている山田は、この仕事をしていると必ず言われるのが「よくそんな仕事できるよなー。オレ絶対ムリだわー」というもの。

人の体液とゴミと虫、悪臭にまみれる仕事─。

そう思われてもムリはないし、山田自身も仕事を始めたときはそう思っていた。

なんでこんなことをしなきゃいけないんだろう?と。

でも、その考えを変えてくれたのが野口さんだった。

 

この日、山田は近くに来たからと野口さんのお宅に行き、愛ちゃんにお土産をあげたくて来たのだと言い、部屋にあがってケーキを置く。

そこには骨箱が置いてあった。

山田はその骨箱に手を合わせ、野口さんが昨日のことのように思っていたら、もう何年も経つんですねというので、互いに太っただの老けただのと話をする。

この野口さんは山田が仕事を始めてしばらくしてから来た依頼者だった。

野口さんからの依頼

その頃の山田は、仕事現場に行くと同じ住宅に住む住人達に「迷惑だ」「虫を入らないようにしろ」などと言われるし、仕事姿的に不安・嫌悪・拒否感を持たれ、まるで死神扱い。

自分が決めた仕事とはいえ、仕事するだけで邪険にされるので落ち込んでいた。

そんなときに、野口さんからの依頼が来たのだ。

野口さんからの依頼は、警察から連絡がきたばかりで詳しい部屋の状況はわからないけど、娘がアパートで亡くなり、大分時間が経ってしまっていたのでキレイにしてもらいたいというもの。

野口さんは、離婚後は娘の愛さんとは疎遠になっていた。

愛さんは当時18歳、引き取った母親は行方不明になっており、死因は急性心不全で発見が遅れて腐敗し、警察の検視の結果でも事件性はないとのことだった。

 

まだ若いのに突然かわいそう…と思いながら作業に入る山田。

荷物や家具は少なかったのだけど、霊感のある山田が何かが入っている箱を手に取ると、水の中に入ったような深くて冷たい感覚に襲われ、小さい何かがいると感じた。

そのとき、作業終了予定の時間が近づいたので野口さんが部屋に訪れる。

山田は遺品といえるものはほとんどなかったけど、この箱だけ大事にしまわれていたことを伝えて、終了のサインをもらおうとした。

野口さんは少し黙った後、一緒に中を見てもらえないかと頼み、山田も受け入れる。

箱の中身は…

実は、野口さんと娘は血がつながっておらず、6歳の時から一緒に住むようになったけど、ずっと自分には心を開いてくれないまま別れることになったらしい。

それだけ信用されてなかったから、ひとりで見る勇気がないのだと野口さんは言った。

 

そして、二人が箱を開けると大量のハガキが入っていた。

よく見るとあて先は全て同じ「野口清」、つまり野口さん宛てのハガキだった。

そのハガキの奥には小さなメモ帳が入っており、山田が野口さんに代わってメモ帳を読むと「おじさんへ」と野口さんに向けた言葉が並べられていた。

内容は、無視してごめんなさい、冷たくしてごめんなさいなど謝罪の言葉が。

続けて、本当はずっと「お父さん」と言いたかったけど、もし言って何も返ってこなかったらと思うと怖くて怖くてずっと言えなかったことを後悔しているというもの。

そのあと、「お父さん」「ありがとう」「大好き」と心を伝えることができなかった愛さんの悲しみと父親への愛が溢れた言葉が並ぶ。

 

それを聞きながら泣きじゃくる野口さんは「…ありがとう」と山田に言った。

何もしてあげられなかった自分は、山田がいなければ中を見れないままだったと思うと言い、娘を知ることができたことに深い感謝の言葉を山田に伝える。

・・・・

そして、現在に戻り、野口さんはたまに箱を開けて娘と話すのだと嬉しそうに話す。

娘とはたった5年しか一緒に住んでいなかったのに、亡くなってからのほうが帰ってきてくれた感じがするのが不思議だと話し、山田と出会えたことにも感謝する野口さん。

 

山田は特殊清掃の仕事では、どんなベテランになっても決して報われることはないと思っていた。

でも、こうして感謝されるのなら、人の心を少しでも軽くすることができるなら、体が続く限り、その手助けをしたいと思う山田。

山田は、この仕事は天職だと思った。

>>『不浄を拭う人』第12話ネタバレに続く

Sponsored Links

不浄を拭う人など漫画を無料で読む方法

以上、『不浄を拭う人』第11話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『不浄を拭う人』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『不浄を拭う人』や『本当にあった笑える話Pinky』の最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『不浄を拭う人』を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

不浄を拭う人 第11話の感想・考察

今回は、いつもの汚い感じではなく感動的な話でしたね。

特殊清掃の話って、漫画で沖田×華先生の絵だから読めるけど、本当の現場なんで見たくもないし、絶対行きたくもありません。

でも、それを天職だと思える山田はすごいなーと感心。

野口さんのように感謝してくれる人もいるんですね。

原案協力の方もいるから、どれも実話なんだと思いますが、人知れずこういった仕事をしてくれる人がいるというのは助かりますね。

次回の更新も楽しみです!

以上、『不浄を拭う人』第11話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.