漫画ネタバレ

ザ・ファブル【最新240話ネタバレ】普通の男として人助け始まる!

ヤングマガジンで連載中の南勝久先生の『ザ・ファブル』最新240話のネタバレ。

前回の話では、佐藤はミサキへのプロポーズに成功した。

入籍はできず、しばらく佐藤は旅に出るが、彼の帰りをミサキは待ってくれるのだ。

出発の時が来た。

この街で出逢った人々との濃い別れの時間を惜しむように、佐藤はキャンピングカーの後部座席から彼らをいつまでも見ていた……。

前回ネタバレ
ザ・ファブル
ザ・ファブル【最新239話ネタバレ】ついに旅立ちの時

ヤングマガジンで連載中の南勝久先生の『ザ・ファブル』最新239話のネタバレ。 前回の話では、旅に出て人助けをする。 組織を離れ、佐藤が初めに決めたことはそれだった。 オクトパス勤務最終日。社長やアザミ ...

続きを見る

それでは、2019年11月18日発売の週刊ヤングマガジン2019年51号掲載、『ザ・ファブル』第240話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ザ・ファブル』第240話の最新話ネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『ザ・ファブル』のネタバレ最新話まとめを見る

『週刊ヤングマガジン』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ザ・ファブル第240話のネタバレ!

太平市。

佐藤アキラとヨウコ兄妹が暮らしたこの街も、必ずしも“太平“なことばかりではなかったが、思い出されるのは優しい記憶ばかりだ

キャンピングカーを走らせると、なじみの店や、思い出の場所が目に飛び込んでくる。

ヨウコも佐藤も、それぞれの記憶をたどりながら、街に別れを告げながら、車は走っていった。

「別れって慣れないわね~~~」

“妹”の言葉に、兄は「また会う楽しみもある」そう返した

殺し屋だった彼が、“明日”を信じた言葉を口にしたのだ。

 

ヨウコは気になっていたことを切り出した。

「一体ボスとどんな話をしたのよ」

…佐藤は、このキャンピングカーでボスから受けた最後の命令を思い出していた…。

殺し屋失格

「なんで山岡を殺らなかった?」

ボスはあの山岡が死んだ日、突然太平市をこのキャンピングカーで訪れて、その現場の外に止めて佐藤と話していた。

問われた佐藤も、正直「わからない」というのが、すぐ出た言葉だった。

 

彼は殺す気で山岡の元に行ったつもりだった。

だが、いざその場になると、彼を止める数々の思考がわいてきた

『この町で出会った人たち、俺に良くしてくれる人たち』

彼らを思い出したとき、佐藤は山岡を殺さない他の選択肢があるのではないかと考えたのだ。

だが、それはボスに言わせれば「プロ失格」だ。

佐藤は言葉もない…。

 

意外にもボスが次に発したのは、プロ失格であることを責めるのではなく、「合格だよ!」という褒める言葉の方だった

ボスは理由を佐藤に話し始めた。

組織は今後やり方を変える方針だ。

そして殺しのスキルだけが秀でて高すぎる佐藤は用済みになりつつあった。

自分にも情があるので、佐藤を殺すより、ひとつ実験したかったのだ。

もし佐藤が一年の休業を経て、殺しのスキルを落とすことができれば…その心がどんな変化を起こすのか…。

「一般社会になじめるならそうしてやりたいと……」

それがボスの一つ目の願いだった。

 

もうひとつ、佐藤を監視することで、ボスはあることを思い始めていた。

殺し屋稼業ではあるが、だからこそかもしれないが、彼は『善悪について考える』。

そうして正義に興味を持った彼は、佐藤を使って人助けをすることで、良い行いを残せると気づいたのだ。

 

ボスは言う。

小さな事、年寄りの荷物運びでも、悪徳ヤクザの組つぶし、何でもいい。

『そうすりゃ育てた俺もどこか救われるってもんだ』

その話が一段落ついたとき、ボスは別の話をし始めた。

それは佐藤とヨウコたちを監視するために使っていた方法についてだ。

実は、組織は、彼らの掌の中にナノテクノロジーを使った機器を埋め込んでいたのだ。

自分で取り除いてもいいが、組織は関与しないとも言っていたとヨウコに告げるが、ヨウコはボスはともかく「組織は信用できない…」と不安げだ。

「山岡の例のあるし―――」

山岡の目的

佐藤はまたボスとの邂逅を思い出した。

山岡。

彼は佐藤の目には死にたがっているように見えた。

なぜと問うても、ボスも山岡の本当の心情はわからない。

それでも、ボスは想像していた。

脳の機能異常で“恐怖”を感じることができない山岡は、ずっと迫力のあるゲームや映画をし続けていたようなものだ。

だが、やりすぎるとそれにも慣れてウンザリする。

それほどまでに、山岡は人生に倦んでいたいたのかもしれない。

そんなところに、佐藤アキラという殺しの天才の存在を知って、「最期の花火をあげたかったんだろ―――」…それがボスの考えだった。

訪れた平和

太平市の佐藤が居た部屋は、今はクロが使っている。

佐藤にあこがれる彼は、佐藤を見習って風呂場に真っ裸で毛布をかぶって寝る。

今日もカッコいい殺し屋になる修行中のようだ。

迎えに来た舎弟の高橋に、佐藤のように裸で対応して、「なんでマッパなんすか~~~?!」と同じセリフを言わせていた。

 

真黒組組長室。

海老原は前の組長を死の淵に追いやった犯人・山岡を追い詰めた、組に代々伝わるその銃を大事に保管しようとしていた。

それをみつめると湧いてくる想いに決別するように、彼は箱のふたを閉じるのだった…。

 

デザイン会社オクトパスでは、いつも通りの田高田が鼻歌を歌う。

アザミが指定されていた“ヘルニア患者のイラスト”を社長に見せると、「ぷっ」と派手に噴出したあと、その出来の良さをほめる。

そんなやり取りをしていると、ユーカリが配達から帰ってきた。

 

彼らの日常は、滞りなく“太平”に、驚くほど太平に過ぎていった。

夫へのメール

ミサキは今はどこにいるのかわからない“夫”に彼あてのメールをつづる。

アザミとユーカリの過去の姿を知るミサキでさえ、もうそれを忘れるくらい、平和が続いている、と。

アザミに預けてくれた金のおかげで借金を返すことができて、自分も母もどんなに感謝しているか。

そして、以前よりも、自分は強くなったと感じる出来事があったとも伝える。

電車の中で、彼女の尻を触り続ける、男の掌を小さな刃物で切りつけて追い払ったのだ。

佐藤はそれをキャンピングカーの中で、読んだ…。

始まる人助けの旅

佐藤もヨウコももう三日、同じ場所にいる。

食料が尽きたようで、今日の夕食は幼虫の素揚げだ。

ヨウコは貧しい食生活と酒の無さに、音を上げ始めていた。

「レ〇〇魔なんてそんなしょっちゅう出ないってば~~~」とヨウコはこの監視体制が不満らしい。

が、そこにちょうど怪しげな車の光が通り過ぎるのを、佐藤は見逃さなかった。

 

「ちょっと行ってくる」

いつもの調子で佐藤は淡々と言う。

彼はザ・ファブルだった男。

きっと彼の勘は外れない。

彼はレ〇〇魔を捕まえ、これから先も世直し旅を続けるのだろう……。

>>『ザ・ファブル』第241話ネタバレに続く

Sponsored Links

ザ・ファブルなど漫画を無料で読む方法

以上、『ザ・ファブル』第240話のネタバレになります。

文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

サービス一覧
U-NEXT FOD music.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間 1ヶ月間 30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『ザ・ファブル』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『週刊ヤングマガジン』の最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『週刊ヤングマガジン』を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
ザ・ファブル20巻
【最新刊】ザ・ファブル21巻の発売日情報!続きを早く見たい方はこちら!

こちらでは、週刊ヤングマガジンで連載してる南勝久先生の『ザ・ファブル』最新刊(21巻)の発売日情報をまとめています。 「ザ・ファブルの21巻発売日はいつなの?」 「ザ・ファブル最新刊の続きが気になる」 ...

続きを見る

ザ・ファブル第240話の感想・考察

終わりました。第一部!!

大団円って言ってしまってよいかと思います。

立場がはっきり、佐藤サイドで描かれているので、読者も素直にそこに乗れば、最高の読後感を味わえます♪

今回は、大きな事件は無く、佐藤が去った後の太平市の皆さんの様子、今の佐藤兄妹の様子が、淡々と描かれた、ある意味おまけ的な回でした。

第二部は来年の夏から始まる予定とのこと!!

それまで南勝久先生もゆっくりできるのか…資料探しに奔走するのか、わかりませんが、十分充電していただきたいですね。

…夏まで読者もゆっくり待つことにいたしましょう♪

次回の『ザ・ファブル』は来年の夏になります。

以上、『ザ・ファブル』第240話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.