漫画で人生にワクワクを

コレットは死ぬことにした【第94話ネタバレ】コレット達が出会った隊商の青年

花とゆめで連載してる幸村アルト先生の『コレットは死ぬことにした』第94話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

ヘファイストスが面白い(◎´□`)サイコォォォー☆

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
95話 全話まとめ 93話
前回あらすじ

ハデスの父、クロノスと一緒にエリュシオンに行くことになったコレット。夜、急遽エリュシオンで歓迎会が開かれる事となり、ハデスやガイコツ達も集まってきて賑やかな宴が開かれた。そこに現れたのはアフロディーテの夫のヘファイストス。その爽やかな外見とは裏腹な言動から「人は見かけによらない」とつくづく実感したコレットだった。

[トップ用(まんが王国)]

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『コレットは死ぬことにした』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『コレットは死ぬことにした』第94話のネタバレが含まれています。

コレットは死ぬことにした 第94話ネタバレ

エリュシオンでの宴はまだまだ続いていた。

クロノスの持っている鎌はヘファイストスが作った物らしい。

ヘファイストスは、相手は切られたこともわからず絶命しますとにこやかに怖いことを言いながら鎌をシャーコシャーコ研ぎ終わると帰って行く。

そんなこんなで楽しい宴は続き、夜は更けたのだった。

・・・・

俺も宴会混ざりたかったー、というディオ。

晴天の下、ヘルメスとディオと共に山道を歩くコレット。

ディオはワインの供給がまだ不安定なため、歓迎会には参加できなかったのだ。

話題はアフロディーテの夫のヘファイストスの事に。初めて会った印象を聞かれ、不思議な方ですねとコメットは答える。

 

以前ディオがアフロディーテをおんぶして家まで送って行った際、玄関に入って20秒で別の島に住んでいるはずのヘファイストスが現れたらしい。

神なんてロクな奴いねーなというディオに、ヘルメスがお前もなとツッコむのでした。

新しい出会い

道行く三人の前に現れたのは、隊商の団体。

コレットがその中の一人にどこまで行くのか尋ねると、男は地図を見せて教えてくれる。

目的の街に行く前に手前の“遍歴医の村”で昼休憩をとるらしい。

それを聞いたコレットは以前、自分も一日だけその村にいた事を思い出す。

その村には変わったルールがある。それは“遍歴医は次の薬師が村にやって来るまで滞在すること”

村の薬師が途絶えてしまったための苦肉の策から始まったらしい。

コレットがその村に滞在した際は、次の日に別の薬師が来たため、すぐに交代したのだった。

この隊商の中にも、その村の出身の男が一人だけいるという。

リニ!と呼ばれて振り向いたのは、黒髪の青年。17歳の時に母とケンカして家を出て10年も帰っていないのだと話す。

いい機会だから、実家に顔を出して来いと仲間たちに言われ「はぁ?」と答えるが、見知らぬコレット達にも後押しされ久しぶりに実家に顔を出す事となった。


村に到着し診療所への道を聞くコレット達。しかし隊商の皆は村の中には入れない決まり。

揉め事も病も“不幸の半分は旅人が運んでくる”それがこの村の教えだった。

村人のその言葉に何かを思い出し固まるコレット。ヘルメスに呼びかけられハッと我に返る。

10年前に家出をしたリニは、知り合いの村人に声をかけられ気まずそうな表情。

コレットはそんなリニの様子に気づき、一緒に村の中に入ろうと声をかけるのだった。

母の姿

リニの父親は昔に亡くなっていて、家族は母と兄がいるらしい。

17歳の頃キレた母親にビンタされ、嫌ならどこへでも行きゃあいいわ!と言われたことが家出の原因だった。

 

久しぶりに帰る我が家を見るリニ。

そこで二人が目にしたのはリニの兄とその子供達。

兄が結婚している事に激しく驚き、その場を去ろうとするリニの腕をコレットが掴んで引き留める。

二人に気がついた兄が驚いた様子で声をかけてきた。戸惑いながらもコレットを兄に紹介するリニ。

家に入ったリニが目にしたのは、病にかかりやせ細った母の姿。

リニに気づいた母は驚いた表情を見せた後、おかえりと優しく微笑んだ。

布団に横になった母が手を差し伸べてくるが、リニはたまらず家を飛び出して走り去ってしまう。

おかえり

追いかけて来たコレットに追いつかれてしまったリニは、もう隊商に戻ると告げた。

母の手が気味悪かったとそんな事を思ってしまった自分は最低だと、目に涙を浮かべたリニ。

俺ダメだと呟き俯いてしまう。リニの中の母は強くて大きいあの日のままだったのだ。

もし、いつか家に戻ってきたいと思った時に戻れないのは寂しいとコレットは続ける。

「だから今は捨てずに…頑張ってみませんか?」

その言葉に母にもう一度会う決意をしたリニ。泣いた目をごまかすように何度も顔を洗って母のもとへと向かったのだった。

・・・・

母にただいまと告げるリニ。

その顔を見つめて、10年前のあの日よりいい顔をしているとリニの母は笑う。

病気になってしまったが、しぶとく生きていて良かったと。

そして、「おかえり、リニ」と言うのでした。

・・・・

一方、ヘルメスとディオのもとへ戻ったコレット。二人の顔を見て安心したように微笑む。

そして、ただいまと口にしたのだった。

 

『コレットは死ぬことにした』第95話ネタバレに続く

スポンサーリンク

コレットは死ぬことにした第94話の考察・感想

ヘファイストス面白いですね~。

アフロディーテとヘファイストスのお話もぜひ読んでみたいです(笑)

今回は新しく出会った青年リニとのお話でしたね。リニの母が微笑んで「おかえり」というラストのシーン…印象的でした。

コレットは明るいだけではなく、芯が強くて人の気持ちに寄り添える女の子ですね。

きっとハデスもそんなコレットに惹かれたのだと思います!次のお話も楽しみです。

『コレットは死ぬことにした』ネタバレ一覧【最新話更新中】

『コレットは死ぬことにした』ファン必見!!漫画をお得に読むなら

[コレット訴求]

まとめ

以上、『コレットは死ぬことにした』第94話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『コレットは死ぬことにした』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『コレットは死ぬことにした』関連記事