漫画ネタバレ

コーヒー&バニラ【2巻ネタバレ】吉木が猛アプローチするも深見は余裕・・・?

更新日:

ネタバレ

Cheese!で連載中の朱神宝先生の『コーヒー&バニラ』第2巻のネタバレ。

前回は、田舎育ちで大学デビューしたリサが深見と出会う話で、深見との同棲生活&大学に深見が講師に来たことで、大手会社の社長ということが発覚しました。

前回ネタバレ
コーヒー&バニラ
コーヒー&バニラ【1巻ネタバレ】大学デビュー女子がイケメンスーツ男子と恋に落ちる!?

Cheese!で連載中の朱神宝先生の『コーヒー&バニラ』第1巻のネタバレ。 田舎育ちのリサは、都会で大学デビューを果たすと初モテ期が来てしまい、いつの間にか高嶺の花になっていた。そんなリサのピンチを救 ...

続きを見る

そこにライバル的な存在として、同じ大学に通う吉木が現れますが…!?

それでは、『コーヒー&バニラ』第2巻のネタバレと感想を始めていきます!

当記事ではコーヒー&バニラ第2巻のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『コーヒー&バニラ』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

コーヒー&バニラ第2巻のネタバレ!

車で家の前まで深見に送ってもらったリサ。

深見が出張のためしばらく会えないことにしゅんとする。

すると深見がリサにキスをし「いい子で待ってて」といい車に乗り込み去っていく。

吉木くんと2人でお出かけ

出張で深見に会えていないリサは、大学のベンチで深見が帰ってきたときに料理しようか悩む。

すると「どーしたの。ため息ついて」といい吉木が現れる。

料理が上手くなりたいというリサに、吉木がクッキングスクールを紹介する。

クッキングスクールに吉木と2人で行ってみるものの、定休日だったため吉木はリサに謝り「せめて家まで送らせて」と言ってくるので送ってもらう事に。

そこで、吉木はリサのことを「リーちゃん」と呼んでくるようになった。

吉木は歩きながらリサ様がナンパで赤面するような子だと分かってたことを言う。

吉木「その時からずっと気になってた」

赤面しながらそう言い、リサの肩に手を置く。

すると「リサ?」と呼ぶ声がして振り向くと、車から深見が下りてくる。

深見に「一応連絡したんだけど」と言われ、慌てるリサをよそに二人は挨拶を交わし、吉木が「リーちゃん今までずっと俺といたので」と深見を挑発する。

深見はリサを送ってくれたことに感謝し、吉木のことも一緒に車で送ろうかと尋ねる。

吉木は余裕な深見に苛立ちながら「リーちゃんのことまだ諦めてない」と言って去って行った。

深見と高級ホテルに行き、『お仕置き』をされてしまう

深見の車の中で謝るリサを高級ホテルに連れて行く深見。

夜景を見るよう深見がリサに促すと、リサは「綺麗」といい笑顔を見せる。

深見は落ち込んでいたリサを笑顔にするために、このホテルに来たのであった。

リサは、再び今日のことを謝ると深見が「しょうがない子だな」と言って、お姫様抱っこでベッドまで運び、優しくキスをすると「好きだよ」と言って、二人は体を重ねた。

深見は寝ているリサに「おしおき」といい首筋にキスをする─。

翌朝、2人とも目が覚めるとリサを前に抱え込む深見。

深見が「アトつけ過ぎちゃったかな」と言うと、見えないところだから大丈夫というリサが言うので、「え、でも─」と深見は言いかけたけど止めることにした。

そして、今日も講師しに行くと伝えると、「またモテちゃう」と心配するリサを深見は可愛いと思う。

深見「俺はリサだけにモテてたらいいよ」

リサは「私も」と言おうしたときにハッとして「私、吉木くんにしっかりお断りしてきます」という。

深見は「頑張っておいで」といいリサの額にキスをして大学へ送り出した。

・・・・

大学に行くと吉木がベンチに座っていたので、「ちょっといいかな」と隣に座るリサ。

しかし、吉木は告白のことを話そうとするリサから逃げようとする。

「曖昧には出来ないから」とリサが呼び止めると、吉木は「聞きたくないってば」と大きな声で言った後、リサにもたれかかりながら「あの人より俺の方がずっと好きだったのに」と呟くように言った。

リサ「…ごめんなさい」
「私が好きなのは深見さんだけだからっ」

振られて諦めた素振りをした吉木が、ふとリサの首筋を見るとキスマークを見つけてしまう。

吉木「何それ。あいつのキスマークかよ」
「…くやしいから最後にいじわるしていい?」

そう言って、リサの頬に手を添えた…。

深見VS吉木

深見が大学の講義を終え、車に乗ろうとするところに「話があるんですけどいいですか」と吉木が声をかけ、カフェに行く二人。

席に座り、深見が「リサのこと・・・でしょ?」というと
吉木「俺さっきりーちゃんとキスしたから」と吉木が言った。

キスマークなど逆効果だという吉木に深見が笑いながら「嘘が下手だなぁ」という。

嘘ではないと言おうとする吉木に、深見は「だって、君。リサが本気で嫌がることしないでしょ」と言われ、顔を真っ赤にしてしまう。

実は、吉木は指でリサのキスマークを突っついただけであった。

バレてしまったことに観念した吉木に、深見は「仕事に戻るよ」と言うと、吉木は「こんなことに時間遣ってよかったんスか」と聞いた。

深見「リサに関わることなら、どんなことだろうが大事に決まってる」

それを聞いて、吉木は一生勝てない気がした。

・・・・

深見が家に帰り、リサから吉木の告白を断ったことを聞く。

吉木に言いすぎたかと落ち込むリサに「よしよし」と深見が頭を撫でてくれるので、リサはぎゅっと深見を抱きしめ「私を好きになってくれてありがとうございます」と言った。

コーヒーが苦手なリサ

深見は「こんなに可愛いと先が思いやられるな」とリサにキスをする。

バニラアイスを食べるリサは、隣でコーヒーを飲む深見を見る。

「飲む?コーヒー」と深見に聞かれ飲めないのに思わず「はい」と言ってしまうリサ。

深見が「嘘だよ。苦いのまだ苦手でしょ」と言ってくるので、なぜ知っているのかと聞くと「あの時もそうだったから」と答える深見。

深見「実は出会う前からリサのこと知ってたんだ」

出会ったカフェの常連だった深見は、店員さんのミスでコーヒーを苦そうに飲んでいたのを見たことがあったので、実は前からリサのことを知っていたのだ。

深見「でも、俺はもう過去より目の前のリサが欲しい」

どうして今まで言ってくれなかったのか深見に聞こうとするも、結局聞き出すことが出来なかった。

リサのためのカフェ

リサは深見と深見の会社で待ち合わせをしたとき、ここには自分の知らない深見がいるんだと思っていると、深見がやってきてカフェの下見にリサを連れて行くことに。

着いたのは、和をモチーフにした畳があるカフェ。

深見「リサこういうカフェ好きでしょ?」
「実現できてるならよかった。ここはリサのために作ったカフェだから

実は、リサと深見が出会ったカフェは、深見が経営していた。

店内アンケートなどを深見自身が行なっていたこともあり、その時に一生懸命答えるリサを見て、また会えたらと思って何度もあのカフェに通っていたことを伝える。

本当なら、このカフェを理由に口説くつもりだったことを恥ずかしそうに話す深見。

深見「わかってくれた?俺がどれだけリサに惚れているか」

阿久津登場

二人がカフェから出ると、阿久津コーポレーション社長の阿久津が待ち構えていた。

深見が「なぜここに?」と聞くと「あの深見社長が一人の女の為に店出すなんて、どんな店でどんな女かと思ってよ」と阿久津が答え、ジッとリサの顔を見る。

深見「申し訳ないが、その話はまた今度」

そう言って車に乗り込むと、リサは深見が自分なんかと恋人なのを知られちゃいけないんだと思い謝っていると、深見は「悪いお口はこれかな?」と唇を甘噛みする。

深見がリサを抱きしめ「俺はこのまま誰に見られても構わない」と言った。

高級ホテルにて深見と待ち合わせするリサ

待ち合わせのホテルに、いつもよりもしっかりとスーツを着て、髪を整えている深見を見て、リサはかっこいいと思いつつ「どうしてホテルに?」と聞く。

今日はパーティーがあると言い、コンビニに行くように気軽に誘う深見。

大学帰りの私服を恥ずかしがっていると、深見が「ご心配なさらずシンデレラ」と言って、ドレスやヒールがずらっと並んだ部屋へと向かい、深見と一緒にドレスを選んでくれた。

大人っぽいドレスを身にまとい、深見と一緒にパーティー会場に登場するリサ。

たくさんの人が深見に挨拶しにきて、一人が深見が女連れてくることに驚いたといった内容のことを言い、「どこかのご令嬢では!?」と尋ねると、深見がスッとその人とリサの間に入る。

深見「いえ、ですが今後ともお見知り置きを」
「彼女は私にとって人生最後の愛しい人なので」

と言ったので、「いいんですか?」とリサが聞くと「本当のことでしょ」と答える深見。

深見「これでも色んな人に俺の恋人だって知られちゃったね」

阿久津と遭遇してしまうリサ

一人でトイレに向かうリサに「よお」と阿久津が声かけてくる。

挨拶するリサに「今日は深見の付き添い?本当に気に入られてんだな」と言う阿久津。

「深見さんなら会場に・・・」と言うリサに阿久津は「別にあいつに用はねぇよ」と答える。

阿久津に手を引っ張られ「俺はあんたと2人っきりで話がしたくてな」と言われるリサは、手を振りほどいて逃げようとするが、強く掴まれているせいかほどけなかった。

阿久津「逃げんなよ。せっかく教えてやろうおとしてんのに」
「知りたくない?アンタには絶対言わないような深見の過去

番外編:リサと深見の出会い

近所に新しいカフェであったことに気付き、バニラフラペチーノを飲んでいると男3人組がリサの方を見て、コソコソ話していることに気がつき下をむく。

そのとき、深見が「少しお時間よろしいですか」と話しかけてきた。

チラッとさっきの3人組の方を見ると、3人とも揃っていたので、違う人が声を掛けてきたんだと思って、深見の話を全然聞いていなかったリサ。

深見「─なので、少しだけお話いいですか?」

小心者のリサは「1分なら」と答えて深見と話をすることに。

深見はお礼を言った後「席、隣失礼しますね」と言ってくるので、リサはナンパなのに紳士だと思いながら「このカフェは初めてですか?」などアンケートだと気付かずに話し続ける。

深見「じゃあ最後に、カフェで“こんなのあったらな”とかある?」

そう聞かれたリサが理想の和カフェについて真剣に答えるのを見て、深見は可愛いと思った。

つい話し込んじゃった思ったリサがと慌てて席を立つと、足がふらつきバランスを崩してしまう。

それを深見に支えてもらい、お礼を言うと慌ててその場を去った。

店員が深見に「社長すっかりもう常連ですね」と言うと「好きでね・・・」と答える。

隣のレジカウンターで「バニラフラペチーノください」とリサがいう。

深見がリサの方を振り向くと、リサがナンパに捕まったのを見てリサに向かって歩いていく。

深見「ごめん仕事で遅くなって、待った?」

>>『コーヒー&バニラ』第3巻ネタバレに続く

Sponsored Links

コーヒー&バニラなど漫画を無料で読む方法

以上、『コーヒー&バニラ』第2巻ネタバレになります。

文字だけでなく絵で見たい…という方は、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用することで続きを無料で読むことができます

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT 無料登録時に600円分のポイント。
music.jp 無料登録時に961円分のポイント。
FODプレミアム 無料登録時に最大1300円分のポイント。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『コーヒー&バニラ』の続きを無料で読めるのでチェックしてみてください。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

コーヒー&バニラ最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、約2800円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんあって毎日楽しめますよ。

コーヒー&バニラ第2巻の感想・考察

今回も、深見のイケメンさが目立ちとてもかっこよかったですね。

吉木が喧嘩腰で話しても大人の対応する深見にさすがと思いました!吉木はいい奴っぽいので、これからは友達として出てくるのかな?

あと、今回は新たに登場した阿久津の最後の言葉がとても気になります。

深見の過去とはなんなのでしょうか…。次巻も見逃せません!

以上、『コーヒー&バニラ』第2巻のネタバレ感想になります。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.