漫画ネタバレ

ちはやふる【最新220話ネタバレ】“逃げなかった人”の周りには支える人たちがいる

投稿日:

ネタバレ

BE・LOVEで連載中の末次由紀先生の『ちはやふる』第220話のネタバレ。

前回の話では、大雪の中始まったクイーン戦・名人戦。千尋は着物を届けるため、友人たちは応援のため、近江神宮へと向かいました。

試合はクイーン優勢で進み、最後の一枚は志暢の取りだと審判は判定。

一戦目はクイーンが勝利するのでした。

前回ネタバレ
ちはやふる
ちはやふる【最新219話ネタバレ】優勢に見えた詩暢を、千早が追い上げる…!

BE・LOVEで連載中の末次由紀先生の『ちはやふる』第219話のネタバレ。 前回の話では、クイーン戦・名人戦が始まりました。詩暢の大盤係は竹内こころ、千早の大盤係は菫が務めます。詩暢が札を連取し、“ち ...

続きを見る

それでは、2019年11月1日発売BE・LOVE『ちはやふる』第220話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ちはやふる』第220話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『ちはやふる』をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ちはやふる 第220話のネタバレ!

カメラを回す賀正は、ドキュメンタリーの仕事が好きだった。

被写体として選ばれた人はいつも、逃げない横顔を持っている。

クイーン戦第1試合は7枚差で若宮クイーンが勝利し、決着を見届けた観戦者たちは息をついた。

志暢は札をまとめると、部屋を出る。

千早は最後の札は、“自分の取り”だったと考えていた。

もっとはっきりと明確に、詩暢が審判に判断を委ねる前に主張するべきだったのだ。

反対に志暢は“うちの取りやった?”と考えていた。

審判に判断を委ねたのは、自陣の取りになる可能性が高いと思ったからなのではないのか。

挑戦者の覚悟が足りないと千早は思う。

クイーンの誇りはどこいったと志暢は思う。

“瀬を早み、違背に割かるる”

手に持った札を落とし、詩暢は振り返るのだった。

千早の前を進む新

千早はまだ座ったまま、試合内容を思い返していた。

“せ”もダメだったが、それより“め”だ。

最初に一枚の“め”が取れなかったのが全てだ。

敵陣左下段をとことん狙うと決めていたのに、体が動くまでに時間がかかってしまった。

ここ“浦安の間”は千早がずっと憧れていた場所であり、そのため体が固くなってしまったのだ。

顔を上げた千早の目の前で、新が札を取る。

アナウンス「なんとなんと、初挑戦の18歳が、高校3年制の少年が、名人を苦しめています」

観戦者も、千早も、新を見つめる。

アナウンス「最後はきれいに自陣を払い、挑戦者綿谷さんが一勝」

名人戦第1試合は新の勝利で終わり、第2試合は45分後に始まる。

立ち上がった新と目が合った千早だが、思わず顔をそむけた。

少し不思議そうな顔をした新だが、千早の横を通り、出口へと向かう。

試合が終わり、観戦者たちは口々にクイーン志暢の強さを褒め、千早の勝ちは難しいと考える。

 

そこに千早の父親がこそこそと現れ、それを見つけた母親が父親の腕を引っ張り、端の方へと連れて行った。

千早もようやう立ち上がり、新の背中を見つめた。

千早は新がすごいと感じていた。

目指す強さが見えていて、どう振る舞うべきかイメージできる新に感心するのだ。

千早(私は?)

頑張っている新に焦り、目をそらしたのだ。

千早は志暢と新が高嶺へと登っていく後ろ姿に手を伸ばそうとする。

 

母親はカバンを送り間違えた父親に怒っていた。

実は父親は荷物を発送する際に、ビニールのタグに送り状を入れようとして落としてしまい、どちらがどちらのカバンかわからなくなってしまったのだ。

中をジロジロ見ると怒られてしまうと思い、片方のカバンを少しだけ開けるとダディの安全のお守りが見えた。

それを見た父親は、そちらが千早のカバンだと思ってしまったのだ。

父親「まさか千歳のカバンに、ダディグッズはいってるなんて思わなくて……」

それは千早が中学の時に、千歳の初めての遠方ロケを心配して手作りしたお守りだった。

千歳は今でもロケの時に持っていっていたのだ。

千早を支える人たち

千早が部屋へ戻ると、千歳が眠っていた。

皆もそれが千歳だと気が付き、カバンに着物も入っていることを確認する。

爆睡する千歳に、どこでも寝られるのは姉妹お揃いだと言われる千早だが、そうではない。

千歳は枕が変わると眠れないのだ。

千早「寝…寝ないで、来てくれたの……」

泣きながら千歳の隣に横になった千早はそのまま一緒に寝てしまった。

皆は慌てるが、15分ぐらい眠っても、その後急いでバナナを食べればなんとかなる。

周りがバタバタしている間も、賀正はずっとカメラを回している。

父親「こんな被写体ですいません」

しかし、謝る父親に、賀正はドキュメンタリーが好きだと答えた。

被写体に選ばれるのは、いつも“逃げなかった人”だ。

逃げなかった人の周りには必ず助けて支えた人たちがいて、ドキュメンタリーを撮ることで、可視化されないその人達の事を広く知らせることが出来るのだ。

だからこの仕事が好きなのだ。

 

会場についた兼子たちは、周防を見かけ、声をかけようとする。

しかし周防は気づかずに歩いて行ってしまった。

兼子たちは周りの人たちの話から、周防が1回戦で新に負けたことを知る。

休憩時間、志暢は無表情に食事を取っていた。

新は仕草が祖父に似ているとからかわれるが、それに対する返事も祖父そっくりだ。

 

目を開けた千里を、皆が見つめていた。

あと10分で試合が始まる。

起き上がろうとする千早を、皆が世話を焼く。

奏「もう大丈夫ですよ」

その言葉を聞いた千早は涙ぐんだ。

着替えを終え、正面を向いた千早の反撃が始まるのだった。

>>『ちはやふる』第221話ネタバレに続く

Sponsored Links

ちはやふるなど漫画を無料で読む方法

以上、『ちはやふる』第220話ネタバレになります。

文字だけでなく絵で見たい…という方は、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用することで続きを無料で読むことができます

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

ちはやふる最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

他のサービスと組み合わせれば、コミックを無料で2~3冊読むことも!

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『ちはやふる』の続きを無料で読めるのでチェックしてみてください。

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんあって毎日楽しめますよ。

▼紙で読みたい方はこちら

created by Rinker
講談社
¥475 (2019/11/23 00:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

ちはやふる 第220話の感想・考察

1回戦はクイーン志暢の圧勝、に見えましたが、それはあくまで結果です。

最後の札は審判は志暢と判定しましたが、千早な自分だったと思いますし、志暢も自分だったか?と思います。

そして休憩時間に入っても志暢の表情は暗いままです。

反対に、千早の元へは、千早が眠っている間に、みんなが応援に駆けつけます。

奏の“もう大丈夫ですよ”の言葉に、千早はどれだけ安心したでしょう。

ここから千早の反撃が見られるでしょうか!

次回のBE・LOVEの発売日は2019年12月1日です。

以上、『私たちはどうかしている』第220話のネタバレ感想になります。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.