漫画ネタバレ

BEASTARS(ビースターズ)【最新152話ネタバレ】以前とは違うチェリートン学園

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS(ビースターズ)』第152話のネタバレ。

前回の話は、レゴシに捕まったメロンですが、ハルの事を思い出し、再び逃走します。逃げるメロンより追うレゴシが悪者だと思った警察は、レゴシを追います。

レゴシはチェリートン学園の仲間に、毛が生え変わるまで匿ってもらえるように頼むのでした。

前回ネタバレ
BEASTARS(ビースターズ)
BEASTARS(ビースターズ)【最新151話ネタバレ】再び逃走するメロン、追うレゴシ!

週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS(ビースターズ)』第151話のネタバレ。 前回の話は、メロンの過去の話が始まり、学校でいじめられていたメロンは、屋上から飛び降りることを強要した同級生を ...

続きを見る

それでは、2019年11月7日発売の週刊少年チャンピオン49号『BEASTARS(ビースターズ)』第152話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『BEASTARS(ビースターズ)』第152話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

週刊少年チャンピオン最新号をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

これまでの話を見たいからはこちら。

『BEASTARS(ビースターズ)』直近ネタバレ
136話137話138話139話
140話141話142話143話
144話145話146話147話
148話149話150話151話
Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ) 第152話のネタバレ!

12歳で母が亡くなった後、レゴシはゴーシャとジャックとしか会話ができなくなっていた。

そんなレゴシに、ゴーシャは“チェリートン学園”への入学を勧めた。

肉草共学で全寮制の学園だが、亡き母親家から離れたほうがいいという、ゴーシャの判断だった。

うつむくレゴシだが「ジャックも入学する」という話を聞き、顔を上げる。

学園に向かう時、ジャックはゴーシャに元気に挨拶をし、レゴシの手を取って学園まで連れて行ってくれた。

レゴシからはジャックの周りはいつも明るく金色に光って見え、それはジャックの毛の色のようだ。

寮に入った時も色々と面倒を見てくれ、常に母親の代わりのようだった。

ジャックがいるここに戻ってきてしまったのも、実家のような感覚だったのかもしれない。

変わってしまったチェリートン学園

レゴシは701号室の友人たちに、今の自分の状況を話した。

凶悪犯を追いかけていたら、自分のほうが凶悪犯だと警察に誤解されてしまい、その誤解を解くために凶悪犯を捕まえ、警察に引き渡したい。

しかし今の姿では外を歩けないので、数日後の換毛期で毛の色が戻るまで、ここに置いて欲しいというのだ。

レゴシの説明を聞いた皆は大笑いする。

普通に考えればありえない話だが、ジャックだけが本当の話だとわかっていた。

仲間たちは、寮母にさえバレなければ、好きなだけいればいいと言う。

やっぱりここは落ち着く、と言いながらレゴシはキョロキョロする。

レゴシ「何も変わっていなくて…」

しかしそれを聞いた皆は固まった。

レゴシは最近のチェリートン学園の様子を知らないのだ。

今年からチェリートン学園は、肉食・草食完全別学になっていた。

それを聞き、改めて校舎の様子を見たレゴシは驚いた。

肉食フロアでは肉食獣たちが大きな声で堂々と肉食の話をしている。

レゴシはジャックが元気がなかったのはこれが原因なのだろうかと思う。

ジャックは3年生になって特進クラスに入り、学園の中では超エリートになっていた。

学力トップの5匹しか入れないクラスだ。

ジャック「ラブラドールはそういう風に作られているだけだよ」

友達はすごいと褒めるが、ジャックはうつむくだけだ。

ジャックの性格だと、今のチェリートン学園は居心地が良くないだろう、とレゴシは心配になる。

変わらないものもある

共学の時よりも今の別学の方が、圧倒的に空気が悪くなっているように感じる。

草食の生徒の表情も暗く感じるが、それは自分の共存願望がそう見せているだけかもしれない。

考え事をしながら歩いていたレゴシは、うっかり草食フロアに入り込んでしまい「ここ草食フロアですよ」と注意される。

その声に「すみません」と慌てて振り返ったレゴシは後輩のピナを目にし、眩しさに顔をしかめる。

レゴシがいることに驚くピナだが、「毛色が抜けてブスに磨きかかってますよ」という毒舌は相変わらずで、レゴシは(変わらないものもある)と思う。

変わらないと言えば、演劇部も健在だった。

部室を訪れたレゴシに、部員たちが駆け寄ってくる。

レゴシ「演劇部は存続してるんだな、安心したよ」

しかし存続ではなく“保留中”だとビルは答えた。

皆はテストが近いため、部室で勉強していたのだ。

種族合同の部活は実質発動休止で、次の学力テストで部員が優秀な成績の部活だけが活動を再開できるのだ。

そこで部員たちは勉強会を開き、猛勉強していたのだ。

ビル「まぁでも…今こそ団結する時だろ!」

唯一食殺事件が起きてしまったのが演劇部なのだから、その演劇部が頑張らないわけにはいかない。

レゴシ「ビル…お前…立派な部長になったな…」

感動した様子で、レゴシはじっとビルを見つめる。

今でも月1でこっそり裏市に通っているビルだが、それでも演劇部の草食達が好きなのだ。

レゴシと話していたビルに、部員が声をかけた。

学力テストは歴史学がネックになりそうだという。

歴史など、“さわり”しか教わっておらず、本当の歴史学を把握しているのは特進クラスぐらいだ。

しかし学力トップの特進クラスだが、可哀想だと皆は言う。

“獣社会の闇を、全部背負わされてるようなエリートたち”だと言うのだった。

 

部屋で一人、外を眺めていたジャックは、玉ねぎの袋を手にとった。

そこには“イヌ科のお客様は口にしないで下さい。最悪死に至ります”と注意書きがつけられている。

ジャックはその注意書きをじっと見つめるのだった。

>>『BEASTARS(ビースターズ)』第153話ネタバレに続く

Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ)など漫画を無料で読む方法

以上、『BEASTARS(ビースターズ)』第152話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

週刊少年チャンピオン最新号を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『BEASTARS(ビースターズ)』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、週刊少年チャンピオン最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

BEASTARS(ビースターズ) 第152話の感想・考察

やっぱり仲間はいいですね。

逃げ込んできたレゴシを、みんなは暖かく迎えてくれます。

まあ、レゴシの話を、皆信じていないから、ということもありますが…。

ジャックが信じてくれるのは、昔からの付き合いで、レゴシの事をよく知ってるから、というのもあるんですよね。

そして久しぶりのチェリートン学園は、かなり変わっていました。

肉草が分かれるような方向へと進んでいます。

社会では異種間の交流や結婚がもてはやされているようでしたが、学園では逆方向に進んでいます。

なぜ、チェリートン学園では保守的な方向へ制度が変わったのでしょうか。

そして特進クラスに入ったジャックの様子に元気がありません。

玉ねぎを見つめるほど何か悩んでいるようです。

メロンの動きやハルも心配ですが、ジャックの悩みも心配です!

次回、週刊少年チャンピオンの発売日は2019年11月14日になります。

発売され次第、『BEASTARS(ビースターズ)』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『BEASTARS(ビースターズ)』第152話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.