漫画ネタバレ

BEASTARS(ビースターズ)【最新142話ネタバレ】メロンの弱点を知るために必要な事

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS(ビースターズ)』第142話のネタバレ。

前回の話は、シシ組に海に落とされる直前、もし助かったらメロンの弱点を聞くという約束をするレゴシ。海に落とされたレゴシはサグワンに教えてもらって海洋語のおかげで助かりました。

前回ネタバレ
BEASTARS(ビースターズ)
BEASTARS(ビースターズ)【最新141話ネタバレ】海に落とされ絶体絶命!!

週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS(ビースターズ)』第141話のネタバレ。 前回の話は、ナマケモノがメロンと遅れて会話していたのを頼りに海に来たレゴシだったけど、それすらもメロンの罠でシ ...

続きを見る

助かったレゴシは、メロンを追い詰めるために弱点を聞けるのか…。

それでは、2019年8月29日発売の週刊少年チャンピオン39号『BEASTARS(ビースターズ)』第142話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『BEASTARS(ビースターズ)』第142話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

週刊少年チャンピオン最新号をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

これまでの話を見たいからはこちら。

『BEASTARS(ビースターズ)』直近ネタバレ
136話137話138話139話
140話141話  
Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ) 第142話のネタバレ!

ゴーシャの下の階に住むトロロが、洗濯物がベランダに落ちていた、と届けに来ました。

ゴーシャはタオルを受け取ると、トロロに目と口を閉じるように言い、頭からバケツに入った液体をかぶせました。

ゴーシャ「消毒、完了」

驚くトロロに、コドモオオトカゲの持つ毒は猛毒で、日用品に染み付いた毒でさえも身体を腐らせてしまう、と説明する。

トロロはゴーシャの言葉を笑い、毒よりも、頭からかぶった消毒液のせいで風邪を引くことを心配するのだった。

穏やかなゴーシャの日常

ゴーシャは毒を持った種族にしては、穏やかな余生を送っていると自分でも思っている。

毎朝妻と娘にお米と水を供え、孫のレゴシが元気でいられるように手を合わせる。

平日は工事現場で働き、8時に帰宅してニュースを見ながら夕飯を食べる。

10時には就寝するのだが、最近はレゴシの事が心配で、よく眠れなかった。

レゴシを見ていると、闘争心に溢れていた若い頃の自分を思い出す。

今回レゴシは命は助かったが、やはり危なっかしてくて心配だ。

強い種族こそ穏やかに平和主義に生きるべきだと、ゴーシャはレゴシに教えてきた。

ベッドに横たわりながら、ゴーシャは明日が土曜日だと確認し、元気を出さなければ、と思うのだった。

土曜日はゴーシャにとって特別な休日だ。

裏市近くの人目を忍んだ場所に毎週通う事で、ゴーシャは活気を取り戻していた。

ゴーシャ「皆―!!いい子にしてたかー?」

ゴーシャはたくさんの荷物を両手に部屋の中へ入る。

大勢の子供達が嬉しそうな顔で、ゴーシャの元へと駆け寄って来た。

ゴーシャが訪れたのは混血種の子供を預かる託児所で、土曜日だけ、ボランティアで子どもたちの世話をしに来ているのだ。

今日は皆にスケッチブックとクレヨンのお土産も持って来た。

先生はゴーシャにお礼を言う。

ここの託児所は居酒屋をリノベーションしたローンも残っており、資金も潤沢にはない。

見た目で混血だとわかる子どもたちは、トラブルのもとになる上、扱いにくいと決めつけられる。

ここでは、大きい託児所に断られた子どもたちを預かっているのだ。

一人の子供がゴーシャに絵本を読んで欲しいとねだり、皆がゴーシャの周りに集まる。

不審な侵入者

先生「今日はお掃除の業者さんも来てるから、皆大人しくね!」

子どもたちは先生の呼びかけに元気に答える。

天井にモップを持った大きなコウモリが貼り付いていた。

隣の家のついでに天井の掃除をしてくれるというので、先生がお願いしたのだ。

ホコリは子供に良くない。

ゴーシャ「そうですか…どうもお疲れさまです」

ゴーシャが笑顔で頭を下げると、コウモリも笑顔で応える。

ゴーシャは絵本を逆さまにして子どもたちに向けると読み始めた。

子供「ゴーシャさん!!絵本逆さまだよ」

子どもたちにそう言われたゴーシャは、逆さまでも落ち着いていられる種族がいる、と説明する。

それはコウモリのような種族だ。

しかしそんな種族が首をひねり、正常な景色を見ようとしたら、それは動揺している証拠なのだ。

ゴーシャ「あの業者さん、みたいにね」

ゴーシャは背後にいたコウモリを振り返る。

ゴーシャは先生に向き直ると、子どもたちと一緒に外に出るように促した。

子どもたちを笑顔で送り出したゴーシャだが、再びコウモリに向けられた時には、コドモオオトカゲの本来の表情に戻っていた。

コウモリ「…来る日を間違えたようだ」

ゴーシャはゆっくりとシャツを脱ぐ。

ゴーシャ「混血種の子どもたちの血液目当てで超満員かね」

天井にはコウモリがぎっしりとぶら下がっているのだった。

レゴシがシシ組に聞いた話

レゴシ「純血至上主義団体!?」

シシ組とレゴシは飲みながら話をしていた。

詳しいことはわからないが、“純血至上主義団体”という、純血の獣を正義とし、混血を徹底的に排除しようとするちょっと過激な集団が居るとレゴシは聞かされる。

その団体から、ハーフのメロンの弱点を聞き出せるとシシ組は考えていた。

団体のボスはジャコウネコで、排泄したコーヒー豆を最高級の褒美として、コウモリを従えている。

ジャコウネコというのは“霊猫”と呼ばれている希少種族であり、ある意味ライオンやトラよりも手強い猫科だ。

しかし、その組織から情報を得るしか手段はない。

・・・・

一方その頃、コウモリに対峙したゴーシャだが、敵の数が多すぎる。

ゴーシャは毒管を開いた。

怪物の老後に安息は許されそうにない。

しかし子どもたちを守れずに、平和主義を語ることは出来ない。

ゴーシャ「1匹残らずゾンビにするぞ!!」

・・・・

純血至上主義団体は、ジャコウネコの作る最高級コーヒーから由来して、組織名を“コピ・ルアク”と言う。

ボスのジャコウネコがどれだけ恐ろしいか、想像もできない。

その頃、仕事を終えて帰ってくるコウモリたちのために、ジャコウネコのボスが褒美のコーヒー豆を挽いていた。

その姿は愛らしい、小さな猫だった。

>>『BEASTARS(ビースターズ)』第143話ネタバレに続く

Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ)など漫画を無料で読む方法

以上、『BEASTARS(ビースターズ)』第142話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

週刊少年チャンピオン最新号を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

また、下記のような動画配信サービスを利用すれば、コミックも2~3冊無料で読めます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『BEASTARS(ビースターズ)』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、週刊少年チャンピオン最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

BEASTARS(ビースターズ) 第142話の感想・考察

レゴシの命も助かり、ゴーシャにも平穏な日常が戻ってきたようです。

何しろ、レゴシは闘争心に溢れていた頃のゴーシャにそっくりなのです。

レゴシは本来穏やかな平和主義者なのですが、トラブル吸引体質のため、色々なゴタゴタに巻き込まれてしまい、ゴーシャも気が休まる時がないのでしょうね。

海で溺れかけたなんて聞いたら、卒倒してしまうかもしれません。

ともかく、レゴシはシシ組とも協力し、メロンの弱点について話をすることができました。

その話に出てきた“純血至上主義団体”。

レゴシよりもゴーシャの方が先に関わってしまったようです。

ゴーシャはコウモリたちを倒せるのでしょうか。

そしてレゴシは“純血至上主義団体”に辿り着き、メロンの弱点を知ることができるのでしょうか!?

次回、週刊少年チャンピオンの発売日は2019年9月5日になります。

発売され次第、『BEASTARS(ビースターズ)』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『BEASTARS(ビースターズ)』第142話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.