漫画ネタバレ

BEASTARS(ビースターズ)【最新140話ネタバレ】メロンと再会するために…!!

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS(ビースターズ)』第140話のネタバレ。

前回の話は、ヒョウの柄が現れたメロンがタトゥースタジオへ。匂いを追ってタトゥースタジオに来たレゴシは、そこでメロンと話してたナマケモノが遅れて会話を始める…。

前回ネタバレ
BEASTARS(ビースターズ)
BEASTARS(ビースターズ)【最新139話ネタバレ】メロンが生きてる実感を感じるとき

週刊少年チャンピオンで連載中の『BEASTARS(ビースターズ)』第139話のネタバレ。 前回の話は、ヤフヤの情報網である窮鼠五百団との過去の話から、ヤフヤがレゴシにメロンが被っていた仮面を渡していた ...

続きを見る

レゴシはメロンと再会することができるのか…。

それでは、2019年8月8日発売の週刊少年チャンピオン36・37合併号『BEASTARS(ビースターズ)』第140話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『BEASTARS(ビースターズ)』第140話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

週刊少年チャンピオン最新号をU-NEXTで無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

これまでの話を見たいからはこちら。

『BEASTARS(ビースターズ)』直近ネタバレ
136話137話138話139話
Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ) 第140話のネタバレ!

12時間前に訪れたはずのメロンと会話を始めたナマケモノのホルガ―。

ナマケモノは話す相手が大切であればあるほど、返事に時間がかかるのだ。

とすると、2匹の親密度は相当深い。

レゴシは、とても近い距離でメロンと会話しているような感覚に囚われていた。

盗み聞きに対する、背徳感も感じる。

メロンはナマケモノに対し、ハーフの自分は欲望がないこと、欲望を発散できないから孤独を紛らわすこともできない事を語る。

ホルガ―「…さみしいのですねメロンさん」
「あなたに1匹でも…理解者がいればいいのですが…」

入れ墨が彫り終わり、ナマケモノの言葉に集中していたレゴシは、はっと我に返る。

レゴシは服を着ながら、メロンがナマケモノに語った“孤独”について考えていた。

悪獣だと思えるメロンも一匹の獣なのだ。

レゴシはメロンにもう1度会って話がしたいと思う反面、もう2度と会いたくないとも思う。

レゴシはメロンに恐怖心を抱いているが、メロンにも怖いものはあるはずだ。

そして、レゴシはメロンに撃たれ死にかけた自分は、メロンと話す権利を持っているとも感じていた。

レゴシは警戒と誠意を持ってメロンのことを調べよう、と改めて思うのだった。

メロンの後を追うレゴシ

ナマケモノが、この後のメロンの予定を訪ねていた。

どうやらメロンは海へと向かったらしい。

ナマケモノは、もう居ないメロンに「心を癒やして下さいませね…」と語りかけるのだった。

・・・・

レゴシは海に来ていた。

砂浜に座り、星空の下、波を眺める。

ハーフに生まれた、ということで、どうしても母親とメロンを重ねて見てしまう。

そしてハーフとして生まれ、苦しんでいる獣を“悪”として扱うことの出来ない自分を感じるのだ。

自分ならば、ハルと海を見ながら話をしたいと思う。

701号室の皆と、一緒に泳ぎたいとも考える。

サグワンとなら沖まで出て、故郷を案内して欲しい。

その時はセブンも一緒なら楽しそうだ。

 

レゴシは自分が結構明るい事に気がついた。

18年間、皆のおかげで楽しく過ごすことが出来たのだ。

レゴシは皆に感謝するのだった。

 

そしてレゴシは再びメロンのことを考える。

メロンはずっと1匹で海を見ているのかもしれない。

レゴシはメロンの理解者にはなれなくても、メロンのことをもっと知れればと思うのだった。

メロンの罠に、絶体絶命のレゴシ

突然、レゴシの背後から銃弾が飛んできて、レゴシの耳元をかすった。

耳元を押さえるレゴシの手が血で染まっていく。

メロン「ハイッ!ここで登場~」
「ヒョウの母親とガゼルの父親をもつ青年は…。まさに悲劇の主人公!」

振り向いたレゴシの目の前に現れたメロンは、背後にシシ組の者たちを引き連れ、笑顔浮かべていた。

レゴシの頭の中に“罠…”の文字が浮かぶ。

ハーフであるメロンの五感の鋭さは病的なレベルであり、レゴシの行動はお見通しだった。

随分前から、レゴシがつけているのに気がついていて、ホルガ―にわざとセリフを繰り返させたのだ。

メロン「ヤバいヤバいヤバいヤバい!!マジで!!」
「悲劇を演出したかったのに、君には喜劇のが向いてたわ!!」

海を見つめるレゴシの表情を思い出し、高笑いするメロン。

シシ組に羽交い締めにされたレゴシは『“悪”は本当にあるのだ』とメロンを睨みつけると、その表情に満足したメロンは「お前らで食っていいよ~」と後をシシ組に任せ、その場を去っていく。

レゴシの奇襲の時から、シシ組の運命は狂い始めた。

そんな疫病神のレゴシを食べるなどとんでもないが、シシ組の恨みは晴らさなければならない。

レゴシは高くなった岩場の上に、椅子に縄で縛り付けられ座らされた。

足元はセメントで硬められている。

雨に濡れる事さえも苦痛のネコ科にとって、シンプルに海突き落とされ、水死で終わる人生が、もっとも恐れる死に方なのだ。

「シンプルに海に落とす。それで決まりだ」

レゴシは今、海を背に突き落とされようとしていた─…。

>>『BEASTARS(ビースターズ)』第141話ネタバレに続く

Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ)など漫画を無料で読む方法

以上、『BEASTARS(ビースターズ)』第140話のネタバレになります。

ネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『BEASTARS(ビースターズ)』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊だけでなく、週刊少年チャンピオン最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

週刊少年チャンピオン最新号を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

BEASTARS(ビースターズ) 第140話の感想・考察

ホルガ―の会話?でメロンが海に行ったことを知り、追いかけるレゴシ。ホルガ―の言葉から、ハーフのメロンが一人、悩んでいる事に思いを馳せます。

身近に母親、というハーフがいたレゴシですから、どうしても同情的になってしまいます。

でもそんなレゴシをどこまでも陥れようとするメロン。

さすがのレゴシも、今度こそ、メロンが“悪”であると感じます。

今まで何かと恵まれて過ごしてきたレゴシにとって、初めての“本当の悪”なのかもしれません。

しかも、この状況は絶体絶命です。

レゴシはこのピンチを切り抜け、メロンに追いつくことができるのでしょうか?

今週は合併号なので次回、週刊少年チャンピオンの発売日は2019年8月22日になります。

発売され次第、『BEASTARS(ビースターズ)』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『BEASTARS(ビースターズ)』第140話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.