漫画ネタバレ

ブラッククローバー【最新227話ネタバレ】ハートの女王の正体は…!?

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる田畠 裕基先生の『ブラッククローバー』第227話のネタバレ。

前回の話では、ハート王国の零級魔道師、ガジャと戦うノエル達。

ガジャの魔法に一方的に攻撃を受けていましたが、単純な能力だけで測ることが出来ないのが騎士団。ミモザ、フィンラルと連携したノエルは〝海竜の咆哮〟をガジャに命中させます!

一方、女王と戦うアスタは、水の精霊に子供扱いされています。

遂には捕らえられてしまいますが…ネロがアスタを助けに駆け、ネロのサポートを受けたアスタは、女王の下へと突き進みます!

前回ネタバレ
ブラッククローバー
ブラッククローバー【最新226話ネタバレ】水の精霊・ウンディーネ現る!!

週刊少年ジャンプで連載してる田畠 裕基先生の『ブラッククローバー』第226話のネタバレ。 前回の話では、ハート王国に入国したアスタたち。 案内人のガジャが現れると、女王の魔法によってアスタが連れ去られ ...

続きを見る

それでは、2019年11月2日発売の週刊少年ジャンプ49号『ブラッククローバー』第227話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『ブラッククローバー』第227話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『ブラッククローバー』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

ブラッククローバー第227話のネタバレ!

女王の隠れる瀧へと突っ込むアスタ。

その先にいたのは…人形!?

女王の正体

氣を読んでいたアスタは、瀧の奥から気配を感じ取っていた。

しかし、そこに人は人形の顔がついた玉座しかないのだ。

異変を感じるアスタだが…。

玉座の後ろで、何かが動いていることに気付く。

そこには、髪の長い女性が寝ているのだ。

 

どうしていいか分からず、声をかけてみるアスタ。

すると、その女性は突然起き上がり、女性の頭がアスタの顔面に直撃。

2人は痛みに声を上げる。

「もうなにやってんのロロペチカ

そう言ってアスタを吹き飛ばし、女性の頭を撫でる水の精霊、ウンディーネ。

 

女性は眼鏡をかけ、あたふたとして謝り始めた。

その様子を見て、その女性が女王だと悟ったアスタとネロ。

あまりにも抜けた姿に、呆然とする。

ガジャの考え

ノエルの〝海竜の咆哮〟を食らったガジャ。

服にかけておいた術式の鎧によって、攻撃を退けていた。

自分に怪我を負わせないため、ノエルが威力を調整していたことに気付いたガジャ。

ノエルの才能を素晴らしいと讃える。

しかし、現時点での力はガジャの方が上。

3人の居場所を感知し…一瞬でノエルの目の前に移動した。

 

ガジャの驚愕の速さに、言葉を失うノエル。

次の瞬間…。

「すいません皆さん。〝魔道階域〟を調べるために戦いを強いてしまいました」

そう言って、ガジャは頭を下げたのだ。

その言葉を聞き、ノエル、ミモザ、フィンラルの3人は何も言えずに目を見開くのだった。

〝魔道階域〟の正体

女王のロロペチカを目の前にし、アスタは〝魔道階域〟について尋ねる。

九域から零域と、数字が下がるごとに強くなることを示す指標。

人数ではなく、魔法の力を示す値だとロロペチカは説明する。

 

魔法国家間の戦争では、この〝魔道階域〟により戦力が測られる。

つまり、零域に近い魔道師をどれだけ有しているかが国の強さとなるのだ。

「敵が悪魔になると、一域以上でないとついていけません」

そう話すロロペチカ。

その言葉に反応したアスタは、ハート王国に気配を感じた悪魔について尋ねる。

それこそが、ハート王国に来た理由だったからだ。

 

アスタの発言を聞いたウンディーネは驚きの表情を見せた。

その話は、精霊守しか知らないであろう話しだったからだ。

『けど残念…そのことは誰も喋らないわ…』

ウンディーネがそう考えた瞬間…。

 

「あっ、それ私が悪魔に呪われているんです…」

ロロペチカがそう発言した。

このままでは後1年で死んでしまうと話すロロペチカ。

腹部にある悪魔の呪いを見せる。

ロロペチカの発言に青ざめるウンディーネ。

しかし、ドジなロロペチカも可愛いと許すのだった。

ウンディーネがアスタを連れ去った理由は、その呪いを解除するため。

アスタの階域を測り、その力があるかどうかを確認していた。

 

ロロペチカに呪いをかけた悪魔の名は、メギキュラだと語るウンディーネ。

その名は、アスタも聞き覚えのある名だった。

そこまで話しを終えると、ロロペチカは急に何かに気付く。

その深刻な表情に、息を飲むアスタだが…。

木の水やりを忘れていたと話し、その場を後にするのだった。

女王の魔法

ロロペチカが向った先は、国中の様子を観察できる部屋。

そこでロロペチカは森に水をやり、国民と会話をする。

その魔法の精密さと、とてつもない範囲に驚愕するアスタとネロ。

全てを包み込むように大きく柔らかく、繊細なロロペチカの魔法。

彼女は、歴代の王女の力を、ほとんど受け継いでいるのだ。

「ハート王国の守護神、全智の巫女…決して失われてはいけない唯一無二の存在よ」

そう発言するウンディーネ。

ロロペチカのことを大切に思っているのは明らかだ。

 

ウンディーネによって、女王の衣装に着替えさせられたロロペチカ。

その姿は、美しい女王に変わっていた。

しかし…ロロペチカは衣装の裾を踏んで転び続ける。

強大な才能を受け継ぐとともに、天性のドジでもあるのだっだ。

そんな可愛いロロペチカを呪った悪魔について、話し始めるウンディーネ。

「メギキュラはあの国にいる…」

ダイヤモンド王国にて謎の強者

国外追放となった黒の暴牛。

団員であるマグナ、ラック、バネッサの3人は、ダイヤモンド王国を訪れていた。

ハート王国への入国は人数制限があったため、何かできないかと行動を起こしたのだ。

しかし、3人は今恐怖に震えている

 

3人の眼前には、血を流し横たわるダイヤモンド王国の魔道師たち。

その中に、1人の男が立っている。

横たわる魔道師の中には、団長クラスの力を持つ者もいた。

その魔道師たちを、男は1人で蹴散らしたのだ。

戦闘狂のラックまで、恐怖で冷や汗をかいている。

「悔しいけど…アイツとは戦いたくない」

震えるラックは、そう呟いた。

その男のコートには…スペードのマークが施されているのだ。

>>『ブラッククローバー』第228話に続く

Sponsored Links

ブラッククローバーなど漫画を無料で読む方法

以上、『ブラッククローバー』第227話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『ブラッククローバー』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『ブラッククローバー』最新刊をポイントを使って無料で読んだりアニメも視聴できますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『ブラッククローバー』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日はこちら

最新刊発売日
最新刊発売日
【最新刊】ブラッククローバー22巻の発売日情報!続きを早く見たい方必見!!

こちらでは、週刊少年ジャンプで連載してる田畠 裕基先生の『ブラッククローバー』最新刊(22巻)の発売日情報をまとめています。 「ブラッククローバーの22巻発売日はいつなの?」 「ブラッククローバー最新 ...

続きを見る

ブラッククローバー第227話の感想・考察

やはり、ハート王国は敵ではありませんでした。

巨大な悪魔の気配は、ロロペチカにかけられたメギキュラの呪いだったんですね。

ロロペチカはノエルの母と同じということになるので、ノエルは当然協力するでしょう!

アスタたちはハート王国と力を合わせ、戦いに挑むと思います。

その相手となるのは、スペード王国です。

侵略国家であるダイヤモンド王国の魔道師を、1人で葬った謎の男。

この男の正体が、次回明らかになりそうです。

もしかすると、3国の力を合わせて、スペード王国に挑むのかもしれませんね!

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年11月11日になります。

発売され次第、『ブラッククローバー』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『ブラッククローバー』第227話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.