漫画で人生にワクワクを

青島くんはいじわる【第27話ネタバレ】母親の会社に乗り込んだ雪乃!!桃には恋人が!?

前回の話では、青島の幼馴染の『桃』が登場。

青島の母親に何かお願いされてきたみたいで、青島の自宅に押し掛けてきます。その後、青島のスマホをカバンから抜き取って会社に届けるという行動を。

そのせいで、青島の浮気疑惑が噂されちゃいました。

それでは、『青島くんはいじわる』第27話のネタバレと感想を始めていきます!

注意
当記事では『青島くんはいじわる』第27話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『青島くんはいじわる』のネタバレ一覧を見る

最新話をいち早く読めるのはここだけ!!

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

青島くんはいじわる第27話ネタバレ

どこかのカフェで、誰かと一緒にいる桃。

その相手は心配そうに今どこにいるのかなど桃に色々訊きますが、休憩が終わるから仕事に戻ると桃は立ち上がります。

本当に諦めるの?と、桃の手を握りながら訊く相手。

桃はどうすればいいかわからないからと、去って行きました。

雰囲気的に、二人は恋人or元恋人。桃の切ない表情を見ると、何か事情があるみたいですね!

青島の母親に施術してもらう雪乃

その頃、雪乃は青島の母親と会っていました。

母親に私が怖くないのかと訊かれた雪乃は、「こんな母親面倒臭いでしょ」と言ってたことから、話ができる人なのかもと思ったみたいです。

たしかに!自分で面倒臭いって分かっててやってるってことですもんね!

青島の母親は何も答えずに、じっと雪乃のことを見た後、本日のコースについて説明。

提案されたアンチエイジングコースは4万円もする高いコース。

見栄を張ろうとしてた雪乃ですが、無理は良くないと初回お試しコースを頼みます。

・・・・・

施術してもらうと、めちゃくちゃ気持ちよくて、ご満悦な雪乃。

そんな雪乃を見て、青島の母親はもうすぐ終わるけど話があったんじゃないのかと訊きます。

すると、雪乃は話ではなく、お願いがあってきたと言いました。

私に覚悟はあるのかと聞いたように、坂本さん(母親)も青島くんと正面から向き合う覚悟があるのか?ないなら、その覚悟を持って欲しいと伝えます。

青島くんを傷つけないために。

これにも母親は何も答えず、リンパを流して施術は終了。

雪乃の言葉に桃は何を思う?

施術が終わった雪乃のもとへ、桃が紅茶を持っていきます。

そのときに瑞樹くんの彼女さんですかと桃が訊いてきました。

母親の会社にいるらしいという青島の言葉を思い出し、この子が…!?と取り乱しそうになる雪乃ですが、高級エステを受けた後なんだからと心を落ち着かせます。

そういう問題!?しかも、ここの心の描写が面白い(笑)

それがなにかと答える雪乃に、羨ましいという桃。

キャリアを積んで恋人もいて、その歳まで悠々自適に暮らして、結婚を選ぶも選ばないも自由なんて贅沢だと。

皮肉っぽい桃の言葉ですが、雪乃は全然気にしてない様子。

選べるのに選んでこられなかったことに生きづらさを感じてたと答える雪乃。

大事なのは自分がどうありたいか。

そう思える人に出会えたことが幸せだと思うからと笑顔で言いました。

そして雪乃は帰っていきます。

青島からのお誘い

雪乃が去った後、桃のスマホに青島から連絡が入ります。

そのことを青島の母親に伝えると、上手くいきそう?と嬉しそう。

でも、桃は完全拒否だった青島から晩ご飯の誘いを不審に思っています。

青島の母親と桃の母親が「二人が結ばれたらいいね」と話していたのだと聞かされた桃は、やっぱりなかった事にされてるんだと、ボソッと呟きます。

桃がなんだか訳ありっぽい。冒頭に出てきた相手のことなのかな??

・・・・・・

夜、青島と食事をする桃。

大事な雪乃さんを放っておいて、雰囲気の良い店に二人っきりなんていいのかと桃が心配するので、青島は何か考え事をしている様子。

私に興味出たのかと桃が訊き、さぁどう思う?と青島は答えるのでした。

 

>> 『青島くんはいじわる』第28話ネタバレに続く

スポンサーリンク

青島くんはいじわる第27話の感想&考察!

雪乃は鋼のメンタルを持ってますね(笑)

母親の会社に乗り込んで、普通にエステを堪能するだなんて。

今回気になったのは、やっぱり『桃』ですよね!

冒頭部分で、顏が描かれない状態で桃の恋人らしき人物が出てきて、「戻っておいで」とか、たぶん同棲していたんだろうなと思うような会話。

訳ありっぽく、「どうすればいいか分からない」「疲れた」など言って桃は去ってしまったし、桃にも何か事情があるんだろうなと思いました。

あとは青島の誘いがどういう意図なのか!それに注目です。