漫画ネタバレ

将国のアルタイル【最新124話ネタバレ】金色の街アルトゥン攻防戦は佳境に入る

最新話ネタバレ

月刊少年シリウスで連載してる馬場康誌先生の『将国のアルタイル』第124話のネタバレ。

前回の話では、金色の街アルトゥン攻防戦の6日目、将軍会議デイワーンで集まった将軍たちは次の攻撃が山場になると話す。

バトルライン帝国は全軍で夜襲を仕掛けてくる。イスマイルの守備する城壁には第一軍団長のアンセルムが向かってくる。

その頃、城内の水道施設を通りグララットが貯水池から現れるがオルハンが立ち塞がる。

それでは、2019年12月26日発売の月刊少年シリウス2020年2月号『将国のアルタイル』第124話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『将国のアルタイル』最新124話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『将国のアルタイル』のネタバレまとめを見る

U-NEXTで『将国のアルタイル』最新刊をお得に読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

将国のアルタイル 第124話のネタバレ!

マフムートが守備する古門エスキ・カブ城壁の外、第8軍団長ディルクが叫ぶ。

「前進!レレデリク公に道を開くぞ!」

甲冑をきた兵士たちに囲まれレレデリクが軍を進める様を城壁からマフムートと、星占のフート将軍ファル・フート・パシャが眺める。

マフムートたちが守備する門が今回も本命なのかとフートは焦り守りを厚くと指示を出していた。

「…あれは…」

一方、マフムートは遥か遠方で鳴き声を上げなら飛ぶノスリを見つけ何かを思いついていた。

各城壁の状況

心臓門カルブ・カブでは兵士たちが緒戦より敵兵の数が多いと総攻撃に動揺をしている。

「落ちつけ!数は緒戦と同じだ!」

カルブ・カブを守る弓張山のアゼル将軍ヒラール・アゼル・パシャは兵士たちに的確に指示をだす。

全城壁を一斉に攻めれば各城壁に回せる兵士の量は限られており、レレデリクは戦場を見渡しトルキエ軍の守りが薄くなった地点をついてると叫ぶ。

「…だが、保険はかけておくかな」

そう言うと城壁の高い帝国門インパラトリュク・カブを守護する鋏のユーミット将軍マカス・ユーミット・パシャに援軍を要請する。

ユーミットはその要請には応えられないと部下に伝えるが、城壁が高く敵兵は梯子の半分も兵が登ってないと部下が告げる。

「一足先に別の門から声がかかってしまったのでね」

慌てる部下にユーミットはそう呟く。

貯水場の攻防

貯水場ではオルハンと水路から現れたグララットの兵が戦っていた。

「"甲羅リュッケンシルト"!!」

帝国兵たちは盾を上下左右に展開しオルハンの兵の弓矢を防いでいた。

グララットは帝国兵たちを前進させ市街地を制圧しろと指示を出す、オルハンは帝国兵の動きに自軍の横陣を展開させ対処させる。

帝国軍は全城壁に総攻撃に展開しており、この貯水場に避ける人数は僅かだと叫び兵の士気を上げる。

「縦陣で横陣を一点突破!"円匙スコープ"」

盾を展開したまま帝国兵は横陣を敷くクルチュ兵たちに体当たりをすると、クルチュ兵の陣形が崩れ始める。

後衛を後退させ前衛に味方の後退を援護させるように指示し、陣形を再構築しようと指示を出すオルハン。

「踏み止まるんだ!敵は寡兵だ!」

しかし、続々と水路から増え続ける帝国兵の数に驚くオルハン、クルチュ兵の横陣は増え続ける帝国兵の縦陣に貫かれそうになっていた。

挟撃

水門テシサトゥ・カブ城壁のアキレウス水道橋を守る兵たちはイスマイルに貯水場広場に増え続ける帝国兵の数が尋常ではないと告げる。

そしてここの守備隊を援軍として送ったほうがとイスマイルに進言する。

「そんな余裕があると思うか?」

アキレウス水道橋でも、第一軍団長アンセルムの軍が最後の柵を突破しイスマイルたちとぶつかる直前にまで差し迫っていた。

しかし、イスマイルは各城壁の攻撃は助攻とし主攻がここに全力を投入するのは当然と考えていた。

貯水場の先は袋小路になっておりクルチュ兵、そしてオルハンの役目は帝国軍を袋小路に引き入れることだと話し順調に遂行されていると部下に告げた。

イスマイルは袋小路のクルチュ兵、そして帝国門インパラトリュク・カブの味方の兵とで帝国軍を挟撃出来ると企んでいた。

幸運の女神か、それとも…

グララットは兵に指示を送りながらも周囲を観察していた。

「レレデリク様の予想通りだ、この一帯は新城壁は築かれていない」

そう言うと腰に下げていた発煙筒に火を入れ狼煙をあげ、その狼煙をレレデリクが見つめる。

一方、古門エスキ・カブ城壁のマフムートの言葉に兵が驚き聞き返す。

「これより城外に打って出て、レレデリク公の首を取ります」

アフメットもその言葉に驚くが、マフムートは戦では主導権を握った側が勝利を収めるとし、籠城戦は唯一敵に主導権を取られる不利を持つと告げる。

そして、レレデリク公は大陸の誰もが予想しなかった燈台の都ボイニキア攻略と大トルキエへの侵攻を実行に移したほどの傑物。

そんな彼女に主導権を渡したままでは窮地に立つのはトルキエ軍だと言い放った。

それでも真正面から突破するのは危険過ぎると告げるアフメットにマフムートは空を指差す。

「幸運の女神は我らについてる」

普段は南部の煙突山パジャにいる筈のノスリが半刻前に群れをなして角山キョシュに集まってるのを見ていたマフムート。

突如、砂嵐が金色の街アルトゥンに押し寄せる。

フートに古門エスキ・カブ城壁を任せ馬に乗り打って出るマフムート。

嵐の中、何が起きるかわからないと忠告するフートに祖国と民を守れないことの方が怖いと話し危険を冒して勝利を掴みに出陣した。

>>『将国のアルタイル』第125話ネタバレに続く

Sponsored Links

将国のアルタイルなど漫画を無料で読む方法

以上、『将国のアルタイル』第124話のネタバレになります。

文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったなら、U-NEXTの無料期間中にもらえる600円分のポイントを活用すれば、最新刊をお得に読むことができます。

U-NEXTなら最新作もお得!

『将国のアルタイル』最新刊をお得に読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

複数サイトを利用すれば、2~3冊分のコミックを無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

U-NEXTは登録後すぐにポイントが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『将国のアルタイル』最新刊もポイントを使ってお得に読むことができますよ!

無料で『将国のアルタイル』を読みたい方はチェックしてみてください。

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメ作品もたくさんありますよ。

将国のアルタイル 第124話の感想・考察

金色の街アルトゥン攻防戦もついに大詰めの展開になってきました。

それぞれの思惑の中、レレデリクを討つ為に打って出たマフムート。

しかし、相手はあのレレデリク…もしかしたらこの砂嵐すら読んでいるかもしれません。

そしてグララットが上げた狼煙の意味、新城壁が築かれていないことが今後、マフムートたちを苦しめるのでしょうか。

これは次回の展開が楽しみで仕方ありませんね!

次回は、月刊シリウスの発売日は2020年1月26日になります。

以上、『将国のアルタイル』第124話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.