漫画ネタバレ

アクタージュ【最新97話ネタバレ】舞台に視線を戻した夜凪だったが…

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第97話のネタバレ。

前回の話は、花子を見た夜凪の芝居が一瞬乱れます。怒りを沈めに向かう三蔵法師ですが、羅刹女に怒りの顔を向け、羅刹女自身の怒りを見せつけます。それを合図に孫悟空・猪八戒・沙悟浄は起き上がり、三蔵法師一行は、再び夜凪に向き合うのでした。

前回ネタバレ
アクタージュ【最新96話ネタバレ】限界を迎えた羅刹女の怒りに向き合う三蔵法師

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第96話のネタバレ。 前回の話は、目の前の敵に更に怒りの炎を燃え上がらせる羅刹女。孫悟空たちを倒し怒りの矛先を ...

続きを見る

それでは、2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプ2020年8号『アクタージュ』第97話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『アクタージュ』第97話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。
『アクタージュ』の直近ネタバレ一覧はこちら

『アクタージュ』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

アクタージュ 第97話のネタバレ!

終盤になり、夜凪の芝居が乱れたのを観たアリサは(私が甘かったわね)と感じる。

夜凪が芝居をコントロールできなくなってきているのを感じ、(やはりあの子から黒山を外したのが間違いだったか)と思うのだ。

そして夜凪のタガが外れた芝居に(……一体何をした、山野上花子)と考える。

何よりも、明日以降もこんな芝居を続けられるとは思えない。

 

届かない思い

アリサの考えている事に気がついたかのように、天野は視聴者投票のための配信映像は、編集などの都合上、初日のものが使われる予定だと説明する。

つまり今日の芝居さえ優れていれば、明日以降の出来は勝敗に関係ないのだ。

素人が一番怖い、という天野に、「あなたが連れてきたんでしょう」とアリサは返した。

すべて分かっていて初日にかけてきたのだ、と舞台を観ていた黒山も同じ感想を持っていた。

黒山(今日が良けりゃ、明日以降はどうでもいいってやり方だ)

本当ならば役者の手綱を握るべき演出家が、操作を放棄し、限界突破を強制させている、“ドーピングのような芝居”だと感じる。

黒山「その状況でどう許すなんて芝居を演じる、負けんじゃねぇぞ、夜凪」

 

(頭で考えている暇はない!!)と市子は思い、(無意識に最善の芝居をしろ!)と武光は思う。

白石(まずはー)

舞台の上をズカズカと大賀美が前に出ると、全員に武器を捨てるようにと言った。

そして羅刹女とのケンカが楽しかった、「だから殺したくも、殺されたくもねぇ」と羅刹女を振り返る。

孫悟空「なぁ、羅刹女よ、火炎山の炎を鎮めてくれ、後生だ」

語りかけるように観客を引きつける王賀美の芝居だが、羅刹女は孫悟空の後ろにいる花子から視線を離さない

王賀美(クソ…届かねぇか)

 

演技を諦めた夜凪

すっと誰かが花子を見る夜凪の視線の間に入る。

猪八戒「オイラはまだ負けてねぇぞ!かかって来い、羅刹女」

ドンと床を蹴りながら、猪八戒が叫び、羅刹女の視線が舞台に戻る。

王賀美(届け…!!)

孫悟空が羅刹女の肩をガシッと掴む。

孫悟空「さあ、羅刹女」

もう台本に台詞はないのだ。

王賀美(頼む…演じてくれ)

孫悟空、三蔵法師、沙悟浄、猪八戒を、羅刹女は見つめた。

夜凪(ああ、そうか)

これは自分一人の舞台ではなく、皆が自分を待っていることに気がつく。

夜凪(私が炎を鎮めるのを、私があいつを許すことを、皆つなぎとめようとしてくれている)

コッと夜凪は前へと踏み出した。

王賀美(夜凪…?)

客席に向かい、羅刹女は芭蕉扇を振り上げる。

羅刹女「分かったわ」

(やった…!)と市子は思うが、すぐに異変に気がつく。

サイド乙の役者たちも、変だと感じ始めていた。

画面越しでも、夜凪から匂いがしなくなったことが伝わってくるのだ。

阿良也「夜凪…あいつ、完全に芝居が解けているね

自分と役との境目を限りなくゼロにするのが夜凪の芝居なのだ。

黒山「それを捨てて、ただ人形みたいに台本通り動くつもりか」

芭蕉扇を振り上げた夜凪を見つめながら、武光は先程、このまま芝居を勧めてしまえば、自分が2度と役者を名乗れなくなる気持ちを思い出す。

市子は流れに身を任せるだけの自分を思い返す。

市子(あの子は…あの頃の私になろうとしている)

そして千世子は「ふざけんな」と画面に向かって叫んでいた。

完璧な夜凪に勝たなければ意味がないのだ。

夜凪(演じられないなら、例え、嘘だとしても、そこに心がなくとも)

羅刹女は芭蕉扇を振りかざすのだった。

 

>>『アクタージュ』第98話ネタバレに続く

Sponsored Links

アクタージュなど漫画を無料で読む方法

以上、『アクタージュ』第97話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『アクタージュ』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

他の動画配信サービスも利用すれば、コミックを2~3冊無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『アクタージュ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『アクタージュ』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼最新刊の発売日を知りたい方はこちら

最新刊発売日
アクタージュ9巻
【最新刊】アクタージュ10巻の発売日情報!続きを早く見たい方必見!!

こちらでは、週刊少年ジャンプで連載してる宇佐崎 しろ先生、マツキ タツヤ先生の『アクタージュ』最新刊(10巻)の発売日情報をまとめています。 「アクタージュの10巻 発売日はいつなの?」 「アクタージ ...

続きを見る

アクタージュ 第97話の感想・考察

舞台終盤になっても、夜凪の怒りは鎮まりません。

武光の台詞で、舞台の上を認識し、他の役者たちが視界に入りはしましたが、もう彼らの台詞はなく、残るのは怒りを沈めた羅刹女が、火焰山の炎を鎮めるシーンだけです。

夜凪が考えたのは、羅刹女としてではなく、ただの人形として、舞台を終わらせる事でしたが、そんな事をしてしまったら、夜凪は2度と役者になれなくなってしまいます。

それは同じ舞台に上がっている武光も市子もよく分かっています。

本気でない夜凪に千世子は叫びますが、その思いは届きません。

このまま舞台は終わってしまうのでしょうか。

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2020年1月27日になります。

発売され次第、『アクタージュ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『アクタージュ』第97話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA , 2020 All Rights Reserved.