漫画ネタバレ

アクタージュ【最新91話ネタバレ】夜凪を前に感じる、武光の違和感

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第91話のネタバレ。

前回の話は、第二幕は羅刹女と三蔵法師が向き合う場面から始まりました。

三蔵は羅刹女の怒りを鏡のように跳ね返し、話をします。それは言葉に正しさを感じさせる白石だからこそできる演技で、今舞台の上では、白石が空気を支配するのでした。

前回ネタバレ
アクタージュ【最新90話ネタバレ】第二幕、静かなる白石のすごさ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第90話のネタバレ。 前回の話は、王賀美は王賀美のままで、夜凪を主人公に昇華させました。 1幕を終え、舞台袖に ...

続きを見る

それでは、2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ52号『アクタージュ』第91話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『アクタージュ』第91話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『アクタージュ』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

アクタージュ 第91話のネタバレ!

三蔵法師「私はあなたを救いたい」

その言葉に戸惑う羅刹女の気持ちが、観客たちにも伝わります。

阿良也(間の作り方まで完璧だな、白石宗…)

武光と市子が舞台に上がる!

市子「出番です。行きますよ、武光くん」

舞台袖で三蔵と羅刹女のやり取りを見ていた二人は、舞台に飛び出す。

武光(俺が支える!夜凪…お前を!)

 

舞台の上では三蔵が羅刹女に「敵とは常に心のなかにある」と語りかけている。

三蔵「鎮めて楽になりませんか」

その言葉に答えようとした羅刹女と三蔵の間に猪八戒と沙悟浄が走り込み、羅刹女に剣を向ける。

観客「!!せっかく羅刹女が心を開こうとしてたのに…!」

自分の前に現れた猪八戒と沙悟浄を見た羅刹女は「貴様」とつぶやくが、正面から初めて夜凪を見た武光は(でかいな…)と感じるのだった。

武光には客席がよく見えていて、集中力のもあり、理想的な状態だ。

観客たちは突然の敵役の登場に、驚きと不安の表情を浮かべており、出だしは掴んだと感じる。

後ろで沙悟浄と猪八戒を止めようとする三蔵の声が届くが、それを無視し、猪八戒は羅刹女に剣を構える

羅刹女は「坊主、私を騙したな」と三蔵に憎しみ込めた瞳を向けるが「違います!」と三蔵は叫ぶ。

自分の役割は、より夜凪を輝かせることだと武光は思っていた。

武光(さぁ、思い切り来い!)

自分が派手にやられる程、(夜凪が目立つはずだ)と、受け身も取らずに、派手になぎ倒される。

舞台に出る前、武光は王賀美に、前から10番目ぐらいの左側の席にいる少女を指針にするようにアドバイスされていた。

王賀美「ガキってのは純粋だからよ」

ちらっと少女を見た武光は、狙い通りの反応に満足するが、しかし違和感も感じていた

武光(いや…気のせいだ!迷うな!)

違和感の正体

立ち上がった武光は、再び夜凪と向き合うが、以前夜凪が王賀美と読み合せをした時、芝居がぎこちなくなっていた事を思い出していた。

武光(対峙するだけで足がすくむ、なぜ今気づいたこのプレッシャーに)

これが違和感の正体だと武光は思った。

しかし夜凪を見つめた武光は(違う、そうじゃない)と思い直すと、自分の後ろにいる白石に視線を向ける。

武光(本当の違和感の正体は、夜凪の視線の先に俺がいない)

夜凪が見つめているのは、白石だけだった。

始めから蚊帳の外にいた武光は、対峙していると思っていたのは自分だけだったと悟る。

 

王賀美「どこの世界にモブを相手にする強者がいる」

武光は自分からモブに成り下がったと王賀美は言う。

もともと武光は無意識に他人に気を配り、自分の役割を図るきらいがあるのだ。

花子「天性のバランサー…人の良さが裏目に出ましたね」

主演のために、自分の存在の主張を諦めてしまっているのだ。

今まで王賀美は、自分を前した役者が、今の武光のようになるのを嫌というほど見てきた。

王賀美「自らモブを演じれば、一生名無しのまま消えてゆく。それが役者だ」

そう言う王賀美も、今日初めて客に無視される屈辱を感じたのだ。

そして役者というのは、それを受け入れた者から終わっていくのだ。

王賀美「覚悟しろよ、武光。お前にとって今日がその日になるぞ

 

舞台に上がるまでは、自分が夜凪を支え、自分が夜凪を目立たせると思っていた。

武光(俺はいつからお前の隣に立つことを目標にしてしまったんだ!!)

気づかぬうちに、あまりにも遠くに行ってしまった夜凪を前に、武光は愕然とするのだった。

>>『アクタージュ』第92話ネタバレに続く

Sponsored Links

アクタージュなど漫画を無料で読む方法

以上、『アクタージュ』第91話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『アクタージュ』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

他の動画配信サービスも利用すれば、コミックを2~3冊無料で読むことも!

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典

600P / 40%還元

1200円以上購入で40%還元

1300P / 20%還元

8の付く日に400Pずつ

600P / 25%還元

まとめ買いで最大25%還元

無料期間
31日間1ヶ月間30日間
無料期間に解約すれば、ポイント分は無料で漫画が読めます!
公式サイト公式サイト公式サイト

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『アクタージュ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『アクタージュ』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

created by Rinker
集英社
¥475 (2019/12/12 13:23:55時点 Amazon調べ-詳細)

アクタージュ 第91話の感想・考察

第二幕が始まり、三蔵の言葉に心を開きかけていた羅刹女ですが、猪八戒と沙悟浄が間に入ってしまい、羅刹女の怒りを鎮めることは出来ませんでした。

舞台としては台本通りで問題はないのですが、武光は違和感を感じます。

それは自分が舞台の上で完全に脇役になってしまった違和感だったのですね。

羅刹女の視界の隅にも入っていないのです。

これは実際に脇で見ていただけでは分からない感覚で、夜凪の前に出て初めて感じるのでしょう。

夜凪の前では王賀美でさえ観客に無視されてしまったのです。

武光がこのあと自分の存在を舞台上で主張することはできるのでしょうか。

しかし諦めてしまえば、役者としての終わりを意味します。

このあと、どんな展開が待っているのでしょうか!

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年12月2日になります。

発売され次第、『アクタージュ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『アクタージュ』第91話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.