漫画ネタバレ

アクタージュ【最新84話ネタバレ】会場を包む緊張感の中現れた“孫悟空”

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第84話のネタバレ。

前回の話は、“父親と付き合っていた”という花子の告白を聞いた夜凪は、吹き出しそうな怒りを抱えたまま舞台へと向かう。夜凪は告白が真実かどうかよりも、この怒りを“羅刹女”に使うことを決めます。

会場に現れた夜凪は、その怒りで場を支配するのでした。

前回ネタバレ
アクタージュ【最新83話ネタバレ】“怒り”の感情を抱えたまま、夜凪は舞台へ!

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第83話のネタバレ。 前回の話は、舞台“羅刹女”の初日公演の日。ひなたちは観客席、サイド乙は控室から舞台を見ま ...

続きを見る

それでは、2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプ45号『アクタージュ』第84話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『アクタージュ』第84話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『アクタージュ』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

アクタージュ 第84話のネタバレ!

夜凪は母親が泣いたり怒ったりしている姿を、一度も見たことがなかった。

いつも笑っていて、神様みたいに優しかった。

花子はその母親のお葬式の時も、父親といたと言うのだ。

死の間際に、母親は夜凪に謝り、「お父さんを許してあげて」と言っていた。

母親は最後まで父を愛していたのだ。

夜凪の怒りが、さらに燃え上がる

それを思うと、夜凪の中に怒りが吹き上がる。

羅刹女「ああ、腹が立つ、腹が立つ」

怒りの感情を振りまきながら、夜凪は舞台に向かって会場を歩いていく。

王賀美「見事だな」

モニターで会場の様子を見ていた王賀美が、夜凪の演技に感心する。

武光は、今起こったことを羅刹女に落とし込んでいると思い、白石は一触即発のギリギリの芝居だと感じていた。

会場全体の空気が強張っている。

空気に耐えられず、少女が一人、泣き出しそうになっていた。

それに気がついた夜凪が、少女の方へと振り返る。

その視線に気がついた少女は声が出ないようにと、慌てて口を抑えた。

 

夜凪の演技はまるで自分が神だと言わんばかりの芝居であり、このまま恐怖で客席を支配するつもりなのかと感じるほどだ。

共演者たちはギリギリの状態で芝居をコントロールしている夜凪を感じ、この調子ならば演じきれるかもしれないと思い始めた。

市子「花子さんの絵…!!」

幕が上がり、舞台の背景一面に花子の“炎”の絵が現れ、それを目にした夜凪の足が止まる。

稽古の時とは美術が変わっていたのだ。

花子は自分の絵が夜凪の毒になるとわかっていて、わざと火に油を注ぐような真似をしたのだ。

武光(どこまで夜凪を追い詰めるつもりだ…!)

舞台を前に立止まった夜凪に、市子は夜凪はもう限界だと叫ぶ。

 

しかし、花子の絵を前に唇を噛んだ夜凪は舞台へと上がり、怒りは更に燃え上がる。

王賀美「はっ…やってくれるぜ花子さん、あれと芝居するのは骨が折れるぞ」

嬉しそうな様子の王賀美に、市子は不満そうな表情を浮かべた。

花子「…景さんをよろしくお願いします」

王賀美「おう、今のアイツと張り合えるのは俺くらいだろうからな」

嬉しそうに王賀美は舞台へと向かう。

花子は他の役者たちにも移動を促した。

緊張する会場に、登場したスター

市子は芸術というものはどういうものかわからないが、芸術の世界では花子が正しいのかもしれないと思う。

市子「一人の人間として、あなたのことは許せません」

重ねて言い募ろうとする市子を止め、白石は目先の問題の事を話し出した。

夜凪の影響で、客席は今、極度の緊張状態になっている。

掴みとしては素晴らしいが、これは舞台を楽しんで貰っている、という状況ではない。

舞台“羅刹女”は審査員が勝敗を決めるのではなく、人気取りの勝負なのだ。

しかし今の夜凪は恐怖を伝えることは出来ても、観客を楽しませる余裕はない。

“凄い”と“面白い”は違う。

このままでは配信投票でサイド乙に劣るかもしれないのだ。

白石は、花子のやったことは、自分たちの首を絞めることと同じだと言う。

花子「お忘れですか。わたしたちには王賀美陸がいます」

不思議そうな表情になる白石に、花子は想像して欲しい、と言う。

凶々しい目をした女が目の間を闊歩し、自分に恐怖と不安を与えてくる。

舞台を楽しみに来たはずなのに、なぜこんな想いをしなければならないのだろう、と観客たちは感じ、突然の理不尽に混乱する。

ざわっと客席の空気が揺れた。

そこに突如、知った顔が現れ、観客たちの視線はその人物に向かう。

観客たちは皆思う、“やっとあの王賀美陸が来てくれた”と。

王賀美「おい!!俺だ!孫悟空だ!扉を開けてくれ!」

ニッと不敵に笑った王賀美は、舞台に向かって叫んだ。

スターの登場に、皆が胸を撫で下ろすのだ。

なぜなら、その時ようやく観客は気づいたのだ。

花子「ああ、これは私たちのヒーローが、あの恐ろしい女をやっつけてくれる物語なんだと」

舞台上からは怒りを纏ったまま表情を動かさない夜凪が、王賀美を見つめているのだった。

>>『アクタージュ』第85話ネタバレに続く

Sponsored Links

アクタージュなど漫画を無料で読む方法

以上、『アクタージュ』第84話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『アクタージュ』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

他の動画配信サービスも利用すれば、コミックを2~3冊無料で読むことも!

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『アクタージュ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『アクタージュ』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

アクタージュ 第84話の感想・考察

会場全体を怒りの感情で支配する夜凪。

怒りに囚われながらも、ギリギリの所で芝居を続けています。

これならば最後までいけるかもしれない、と思ったのに、幕が上がると美術が花子の炎の絵に変わっていました。

まさか夜凪の怒りを引き出す仕掛けが2段階になっているとは思いませんでした。

更に怒りを強くする夜凪。

王賀美は楽しそうに夜凪の前へと向かいますが、これは確かに、王賀美以外じゃ太刀打ちできそうにありません。

二人はこのあと、どんな舞台を見せてくれるのでしょうか、楽しみです!

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年10月12日になります。

発売され次第、『アクタージュ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『アクタージュ』第84話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.