漫画ネタバレ

アクタージュ【最新79話ネタバレ】怒りの感情を思い出そうとする夜凪

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第79話のネタバレ。

前回の話は、夜凪がひなに人生で一番怒った瞬間のことを相談し、その時に悲しかったときにも怒ったりするという話を聞いて、父のことを思い出します。

前回ネタバレ
アクタージュ第78話【最新話ネタバレ】夜凪は自分の中の怒りの感情を探す

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第78話のネタバレ。 前回の話は、夜凪が自分の役に悩み名が演じている中、千世子の演技を見る。千世子の顔立ちや雰 ...

続きを見る

そして、夜凪は父の記憶を使うことを決心しますが…。

それでは、2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ40号『アクタージュ』第79話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『アクタージュ』第79話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『アクタージュ』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

アクタージュ 第79話のネタバレ!

舞台“羅刹女”の記者会見会場は、大勢のメディア関係者詰めかけていた。

その場に来ていたひな、吉岡、リョーマも、お祭りみたいな会場に、舞台の注目度の高さを感じる。

スターズが捨てた女と、スターズを捨てた男と、スターズの天使のとの勝負。

週刊誌もワイドショーも、この舞台を煽っている。

“羅刹女”記者会見舞台上で

「おまたせしました!舞台“羅刹女”の皆さんです!!」

司会の声と共に、出演者や関係者達が舞台へと進み、観客たちから歓声が上がる。

ひな・吉岡・リョーマも興奮し、舞台に向かって声援を送った。

この記者会見はウェブでも配信されていた。

ウェブ配信で勝敗の結果を決める、ダブルキャストバトルだ。

阿良也の劇団の仲間たちも、パソコンで記者会見の様子を見ている。

王賀美「景、お前思ったより落ち着いてるな」

夜凪は友達が観に来てくれてるからだと答えた。

夜凪の様子を見た阿良也は、千世子の演技を見た夜凪の不安や動揺の匂いが消えていることに気がついていた。

あれからまだ一月も経っていない。

花子「先日は稽古を見学させて頂きありがとうございました」

舞台袖で花子は黒山に声をかけた。

千世子の芝居を褒める花子に、黒山は「今はもっと伸びてるよ」と答える。

しかし、“羅刹女”は花子の作品なのだから、景が負けるはずない、と花子は言う。

黒山は花子の事を素人だと思っているが、花子の言葉が虚栄ではないということはわかる。

千世子の稽古を見せることで、夜凪に戦意を喪失させるつもりだたのだが、さすがにそんなに甘くはないようだった。

夜凪の中の怒りの感情

3週間前、“サイド乙”稽古見学から2日が経っていた。

花子はライターで火をおこしたり消したりしていた。

明らかにイライラしている。

花子「千世子さんの方が、景さんよりも私の羅刹女のように感じた」

羅刹女は自分の作品なのだ。

花子は黒山に腹を立てるが、それ以上に自分に腹を立てていた。

王賀美の態度は相変わらず余裕があり、こんな時はちょっとムカつく。

景がいつ戻ってくるかと聞く王賀美。

市子「夜凪さん戻ってきますかね…」

その言葉に花子は驚いた。

市子は夜凪が、仲の良かった千世子の稽古に利用され、傷ついているのではないかと思っていたのだ。

夜凪に限り、そんなことなないと思う武光だが、様子を見に行ってくると申し出る。

花子「私が行きます。私が景さんの演出家ですから」

家にやってきた花子は、テレビの前で一人、ビデオを観続ける景の背中を見た。

昨日学校から帰ってきてから、ずっとこのままだというので、これが稽古なのだろうか、と花子は疑問に思う。

ビデオを観続ける夜凪は、まるで昔に戻ったかのようだと弟たちは言った。

花子は押入れの中いっぱいに詰まったビデオに、目を留めた。

そこには花子の知る“あの人”の好きそうなラインナップが並んでいる。

しかし、小説は一冊もない。

・・・・

夜凪「花子さん?」

振り向いた夜凪が声をかけた。

夕食の準備を手伝いながら、花子が話を聞くと、夜凪がビデオを見ていたのは、ヒントを得ようとしていたためではなく、映画を観るようになった時の事を思い出そうとしていたらしい。

夜凪は2人の事を放り出して、映画ばかりを見ていた時期があった。

それは、母が死んだ悲しさを紛らわすためだと、自分では思っていたのだが、本当は、父親への怒りを忘れるために映画を観ていたのだと気がついたのだ。

夜凪「映画を観ることによって忘れたあいつへの憎しみを 映画を観ることによって思い出す」

夜凪は、それが千世子に勝つ唯一の方法だとわかっている。

花子「景さん…それは」

忘れたはずの忌まわしい記憶を思い出す事で、羅刹女を演じようとしていることを理解した花子。

今までは、残されたビデオを宝物のように感じていた夜凪だったけど、“父親が残したものだ”という事を思い出したら見え方が変わってきたのだ。

夜凪「この家はとても良い」
「あいつの思い出ばかりだから」

そう言いながら、夜凪は包丁を使う。

父親を語る夜凪の表情を見た花子は、その中にある炎を感じ取る。

花子は黒山と話を続けていた。

花子は女は面白い、と言う。

花子「宝石のように綺麗な顔をしていても、
皆、腹の中に禍々しい炎を宿している」

“羅刹女”舞台本番まであと1ヶ月。

花子「楽しみですね」

黒山と花子は、舞台の上の出演者達を見つめるのだった。

>>『アクタージュ』第80話ネタバレに続く

Sponsored Links

アクタージュなど漫画を無料で読む方法

以上、『アクタージュ』第79話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『アクタージュ』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

他の動画配信サービスも利用すれば、コミックを2~3冊無料で読むことも!

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『アクタージュ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『アクタージュ』最新刊だけでなく、ジャンプ最新号もポイントを使って無料で読むことができますよ!

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

アクタージュ 第79話の感想・考察

舞台“羅刹女”の記者会見が開かれました。

週刊誌やワイドショーが煽っていることもあり、世間の注目度は最高です。

全ては天野の計画通り、ということでしょうか。

千世子の演技を観た後、夜凪も自分の羅刹女の炎を掴んだようです。

舞台上では夜凪と千世子の対決。

冷静な阿良也に、余裕の王賀美の対決も楽しみです。

そして羅刹女は自分の作品と思う花子と、花子の事を演出の素人、と思う黒山の間も、静かなバトルが起こっているようです。

本番まで、あと1ヶ月。

どんな舞台を見せてくれるのでしょうか。

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年9月2日になります。

発売され次第、『アクタージュ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『アクタージュ』第79話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.