漫画ネタバレ

アクタージュ第77話【最新話ネタバレ】羅刹女を掴みきれない夜凪の迷い

更新日:

最新話ネタバレ

週刊少年ジャンプで連載してる原作・マツキタツヤ先生、作画・宇佐崎しろ先生の『アクタージュ』第77話のネタバレ。

前回の話は、千世子の演技は悪くないけど魅入るのは夜凪のほうだと自分でも感じている千世子が黒山を呼び出す。そして、負けたくないという思いのたけをぶつけました。

それに対し、黒山が夜凪を倒させると言いましたね。

それでは、2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ38号『アクタージュ』第77話のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『アクタージュ』第77話(最新話)のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

『アクタージュ』の最新刊を無料で読む

漫画の最新話や最新刊を無料で読みたい方は、漫画を無料で読む方法を参考にしてください。

Sponsored Links

アクタージュ 第77話のネタバレ!

舞台“羅刹女”本番まであと2ヶ月。

“羅刹女”は活劇のため、殺陣が必要だ。

現在は殺陣師の指導を受けながらの立ち稽古に入っていて、夜凪も王賀美と殺陣の稽古を続けていた。

王賀美「あんたの本当の敵は はたして俺かい!?」

王賀美が夜凪へ剣を向け、夜凪が受ける。

横で見ていた武光は、その迫力に、これだけでも一緒の舞台に参加した価値がある、と感じていた。

しかし王賀美の太刀を受けた夜凪はよろめくと倒れてしまった。

殺陣師「王賀美君の圧に押し負けるのか」

夜凪は殺陣でのミスが多い。

今さら夜凪が王賀美の前で緊張するとは思えず、花子は夜凪のミスの理由を考えていた。

夜凪の演技にミスが続く理由

王賀美「気にするな凡人はミスするものだ」

王賀美は夜凪に手を差し出すが、夜凪のミスの理由が集中力の不足だと気がついていた。

夜凪は自分の役を悩みながら演じている。

最初は試行錯誤を重ね、いろいろなパターンの羅刹女を演じていたが、とうとう壁にぶつかり、半端な芝居ばかりになっている。

王賀美「どうする?」

王賀美は花子に耳打ちする。

少し考え、花子は夜凪に声をかけた。

花子の描いた羅刹女は大きく燃え盛っている。

だから強い。

花子は夜凪にも、もっと燃えることを求めた。

それを聞いた夜凪は、やっぱり花子にはわかってしまう、と感じる。

羅刹女は、目の前にいる孫悟空に怒っているわけではない。

他の女性と一緒にいる、不在の夫・牛魔王に怒っているのだ。

しかし、それは経験をもとに芝居をする夜凪には演じようのない感情だ。

夜凪は他の経験を代用しようと考えたが、駄目だった。

夜凪の中の羅刹女の炎が弱いため、王賀美に押し負けてしまうのだ。

それならば結婚してしまおうかとも思う夜凪だが、その相手も居ない。

夜凪を見ていた武光は、夜凪が羅刹女の役作りに苦しんでいることに気がついた。

夜凪の稽古場にゆきがやってきて、黒山がどうしても夜凪を連れて来いと言っていると声をかけられ、ゆきに連れられ、夜凪たち一行は黒山の元へと向かう。

廊下を歩きながら、夜凪は千世子の事を考える。

きっと千世子も今、役作りで悩んでいるはずだ。

夜凪「私も千世子ちゃんと会いたかったの」

夜凪は千世子と一緒に役作りについて考えることができるかもしれない、と期待する。

千世子の芝居と千世子の怒り

稽古場の外まで声が聞こえてきたことに、夜凪は違和感を覚えた。

ドアを開け、千世子と阿良也の稽古を目の当たりにし、夜凪は驚いた表情になる。

千世子「黙れ猿」

そこに居たのは、顔つきや雰囲気だけでなく、声までもが変わった千世子だった。

王賀美「喉が潰れているな」

千世子は全く休まずに稽古を続け、黒山もそれに付きっきりだとゆきが言う。

夜凪と王賀美という化け物に勝つためには休む余裕などない。

休んだために負けたとしたら、泣くのは千世子なのだ。

全ては夜凪に勝つために必要なこと。

黒山が千世子を止めて、千世子の演技に迫が無くなっているというのだ。

感情を風化させないために、絶えず思い出さなければならない。

黒山「お前の敵は誰だ?」

千世子は、その言葉にゆっくりと顔あげると夜凪を見つめる。

千世子と目が合った夜凪は背筋がぞおっとするのを感じた。

夜凪を前に、目が変わった千世子に阿良也は気がつく。

黒山は夜凪に見学して行くように勧める。

夜凪も黒山が、自分を千世子の稽古に利用しようとしていることに気がついた。

千世子の羅刹女がすごいことはわかる。

しかし、千世子の目は友人対して向ける目ではなかった。

羅刹女・千世子の怒りは夜凪に向いているのだ。

阿良也「俺たちは役者だ 自分以外全て食い物 そうだろ?」

阿良也の言葉に、夜凪は巌の事を思い出していた。

夜凪は自分の拳を握りしめる。

そして、“自分の中から千世子以上の怒りの感情を見つけ出す”と決意するのだった。

>>『アクタージュ』第78話ネタバレに続く

Sponsored Links

アクタージュなど漫画を無料で読む方法

以上、『アクタージュ』第77話のネタバレになります。

文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。

ポイントで今すぐ漫画を読もう!
U-NEXT無料登録後、すぐ600円分のポイント。
music.jp無料登録後、すぐ600円分のポイント。
FODプレミアム無料登録後、1ヶ月間で1300円分のポイント。(8のつく日にポイントがもらえます)

やっぱ漫画は絵で見た方が面白いので、『アクタージュ』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。

U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『アクタージュ』最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ!

U-NEXTならアニメや映画が見放題!

『アクタージュ』の最新刊を今すぐ無料で読む

※無料期間中の解約なら料金は発生しません

紹介した動画配信サービスに登録しただけで、2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。

▼紙で最新刊を読みたい方はこちら

アクタージュ 第77話の感想・考察

役作りに悩む夜凪。

自分の感情の中から役に入っていく夜凪ですから、夫に対する気持ちも怒りの持ち方も、もう一つつかめきれず、役に入りきれません。

でも羅刹女の持つような燃えるような怒り、というものはたとえ夫が居たとしても、普通に生きいていて、実際に感じるのは難しそうです。

黒山の言う“妬め 愛せ 恨め”という感情、そしてそれを目の前の相手にぶつけること。

夜凪は千世子の演技を見て何かを感じることが出来たのでしょうか!?

次回、週刊少年ジャンプの発売日は2019年8月26日になります。

発売され次第、『アクタージュ』最新話のネタバレをしていきますね!

以上、『アクタージュ』第77話のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© KOREWATA | 漫画のネタバレや新刊情報、無料で読む方法をお届け! , 2019 All Rights Reserved.