漫画で人生にワクワクを

11年後、私たちは【第50話ネタバレ】最終回!!課長からのプロポーズに千鶴は??

comicoで連載してたイゼイ先生の『11年後、私たちは』第50話(最終回)を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

花ちゃん

課長からのプロポーズ!!2人の結末は…。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください

直近ネタバレ
完結 ネタバレ一覧 49話
前回あらすじ

課長と一色が買い物しているのを目撃してしまった千鶴は課長と話し合うことに。一色さんといるところを見たと伝えると困った様子の課長。何かあったのだと思った千鶴はその場から逃げ出そうとします。そんな千鶴を追いかけ、課長は用意していたという指輪を出して、プロポーズするのでした。

登録無料!!初回半額クーポンがもらえる

無料試し読みアリ、続きがお得に読めます

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、コミックシーモアなら『11年後、私たちは』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『11年後、私たちは』第50話(最終回)のネタバレが含まれています。

『11年後、私たちは』第50話(最終回)ネタバレ

数日前、給湯室で一色と一緒になった課長。

そのとき、一色がペアリングをしているのに気づいた課長は、女性はそういうデザインなのかと興味津々です。

まさか課長もペアリングしたいんですかと聞かれ、モジモジしだした課長は、プロポーズしようと思っていることを一色に話しました。

だったら慎重に選ばないと!と、興奮気味の一色。

婚約指輪は、世の女性の憧れでペアリングとはわけが違う、ダイヤさえ付いてればいいものでもないと力説し、私に任せて下さいとお節介を焼きます。

花ちゃん

一色のお節介が原因だったんですね;

自分の好みが一般的だと思う一色と、それを鵜呑みにする課長。

…こうして現在に至るのでした。

予定通りじゃなかった課長は…

まさかプロポーズされるとは思っていなかった千鶴は戸惑っていました。

結婚とか自分には程遠い話だと思っていたので、嬉しかったけど、それよりも驚きの方が大きかったのです。

お互いのこともよく知らないのに早すぎないか?

でも11年もつき合った優とでさえ、お互いのことはよく分かってなかったなどと頭を悩ませ、どうしたら結婚を決心できるのかと考えます。

・・・・・

そんなモンモンとしてる千鶴にコーヒーを差し出す課長。

千鶴は誤解したことを謝り、課長も誤解を招く行動したことを謝ります。

本当にそうですよ…。

ゆめちゃん

本当はもっとかっこよく、ロマンチックにプロポーズしたかったんだと話し、少し悩んだあと、課長はその場を離れて電気を消して部屋の中を真っ暗に。

ピッとボタンの音が聞こえた直後、部屋の中に星空が広がりました。

千鶴のところへ戻ってきた課長は、プロポーズするときに使おうと思って準備してきたやつだと言い、千鶴の前で片膝をつきました。

そして、世界中の星空を俺と一生一緒に見て回ろうと告げます。

花ちゃん

課長~!!千鶴が星空好きって言ってたから用意してたんですね♡

電気をつけて、ここで婚約指輪を渡すつもりだったんだと照れながら話す課長。

課長からのプロポーズに千鶴は…?

嬉しすぎて涙が出てしまう千鶴ですが、同時に怖くもなってしまいます。

千鶴は、課長にすごく嬉しかったこと、でも正直怖いこと、心の準備ができてないことなど正直に伝えます。

千鶴にはまだ課長を幸せにしてあげられる確信がなかったのです。

返事は今すぐじゃなくていいと課長は言い、ただ千鶴に自分の気持ちを伝えたかっただけだから、返事は心の準備ができたらでいいと伝えます。

1年後だろうが10年後だろうが待つと言われ、感謝する千鶴。

・・・・・

その後、映画を見ようとする2人。

「愛してる」と課長が伝えると、私も愛してますと返す千鶴。

課長は、千鶴の返事が「はい」だったら最高だったろうけど、自分の望みは結婚ではなくて千鶴だったので残念な気持ちはありませんでした。

千鶴が「愛してる」と言ってくれるから課長は平気でいられます。

自分は焦り過ぎ、千鶴の気持ちを無視してたのかも知れないと思った課長。

それでも、課長は千鶴と一生一緒にいたいという気持ちを伝えたかったのです。

11年後、千鶴と課長は…

11年後、満天の星空を見つめる千鶴の姿が。

その横には小さな女の子。

女の子は千鶴のことを「ママ」と呼び、千鶴が娘に「パパは?」と聞くと、後ろからブランケットを持った課長がやってきます。

千鶴にブランケットをかける、相変わらず優しい課長。

3人が話をしていると、いくつもの流れ星が流れ始めました。

流れ星を見つめる千鶴とはしゃぐ女の子。

千鶴に「流れ星よ」と言われた課長は、「綺麗だ」と呟きました。

課長の視線の先にあったのは流れ星ではなく、千鶴なのでした…。

『11年後、私たちは』完結

スポンサーリンク

『11年後、私たちは』など漫画をお得・無料で読む方法!

コミックシーモアなら『11年後、私たちは』が半額で読める!

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、絵がないと物足りないですよね?

やっぱり、漫画はちゃんと読んでこそ100倍面白く感じると思うので、まだコミックを読まれてないのなら、ぜひ購入して楽しんでください!

コミックシーモアは15話まで無料、初回半額クーポンがもらえるので、最初の1冊を25円で購入することができます。

ゆめちゃん

無料会員になれば、初回半額クーポン、1冊まるまるポイントバックなどでお得に漫画を読めます。

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません

『11年後、私たちは』第50話(最終回)の考察・感想

最後のシーンよかったですね~!!

また優と比較してしまいますが、11年経って千鶴を可愛いと思えなくなってしまった優と、11年経っても綺麗と言ってくれる課長…。

本当に素敵な男ですよ課長は。

課長の家に来た意味深な客だけが気になりましたが、ストーリーには深くかかわって来ませんでしたね;

でも、ハッピーエンドが完結してくれてよかったです!

『11年後、私たちは』ネタバレ一覧【随時更新中】

まとめ

以上、『11年後、私たちは』第50話(最終回)のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『11年後、私たちは』を買うか迷ってる方は、コミックシーモアでまずは試し読みしてみてください。