映画『これが私の人生設計』公式サイト

2016.3/5.sat 新宿ピカデリー他、ロードショー

  • twitter
  • facebook

Staff/Cast

  • 監督リッカルド・ミラーニ RICCARDO MILANI
    1958年ローマ生まれ。1985年、マリオ・モニチェリ監督の『女たちのテーブル』の助監督として、映画製作のキャリアをスタートさせる。その後、ナンニ・モレッティ監督の『親愛なる日記』(1993年 )やダニエレ・ルケッティ監督作品などの助監督を経て、1997年『アウグーリ・プロフェッソーレ(原題)/ Auguri professore』で長編監督デビュー。日本でも紹介された作品は、『ようこそ、大統領』(2013年、未公開)、『対独パルチザン戦線1943—ナチス包囲の島—』(2005年、TV映画)など。2003年のフライアーノ映画祭にて、『イル・ポスト・デラーニマ(原題)/ Il posto dell'anima』が最優秀監督賞を受賞、同作はモントリオール映画祭の最優秀作品賞にもノミネートされた。また、イタリアのアカデミー賞である、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の新人監督賞に『アウグーリ・プロフェッソーレ(原題)』(1997年)が、ダヴィッド・オブ・ザ・ユース賞に『ピアノ、ソロ(原題)/ Piano, solo』(2007年)がそれぞれノミネートされたほか、数々の映画賞や映画祭で高い評価を受けている監督である。『ピアノ、ソロ(原題)/ Piano, solo』(2007年)と『これが私の人生設計』の主演女優パオラ・コルテッレージと2011年に結婚。
  • セレーナ・ブルーノ役パオラ・コルテッレージ PAOLA CORTELLESI
    1973年ローマ生まれ。13歳の時に歌手として芸能界デビュー、人気TV番組「インディエトロ・トゥッタ!(原題)/ Indietro tutta!」のジングルに起用された。19歳の時、キム・ロッシ・スチュアートやジャン・マルコ・トニャッツィ、クラウディア・ジェリーニらが学んだ俳優養成所、テアトロ・ブルーにて演技を学ぶ。2000年、TVコメディ番組「マイ・ディーレ・ゴール(原題)/ Mai dire Gol」でコメディエンヌとして広く知られるようになり、その後も様々なTV番組で司会などをつとめた。長編映画デビュー作は、イタリアで大人気コメディアントリオのアルド、ジョヴァンニ&ジャコモと共演した、『キエディミ・セ・ソーノ・フェリーチェChiedimi se sono felice』(2000年)。リッカルド・ミラーニ監督による『ピアノ、ソロ(原題)/ Piano, solo』(2007年)で、イタリアのアカデミー賞である、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の助演女優賞にノミネート。2011年に、マッシミリアーノ・ブルーノ監督の『ネスーノ・ミ・プオ・ジューディカーレ(原題)/ Nessuno mi può giudicare』で同賞の主演女優賞に輝いた。日本でも紹介された作品は、『ジョルダーニ家の人々』(2010年)、『モンテッソーリ〜未来を育んだ教育者〜』(2007年、テレビ映画)など。コルテッレージは、『これが私の人生設計』で、イタリア映画ジャーナリスト協会による功労賞であるニーノ・マンフレディ賞を受賞、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の主演女優賞にノミネートされた。
  • フランチェスコ役ラウル・ボヴァ RAOUL BOVA
    1971年ローマ生まれ。若い頃は水泳選手として活躍、地元のチャンピオンにもなった。兵役後にスポーツ教育機関に入学するが、卒業せずに俳優として活動し始め、ローマのベアトリーチェ・ブラッコ研究所や『いちご白書』の俳優マイケル・マーゴッタの門下で学ぶ。長編映画デビュー作は、カルロ・ヴァンツィーナ監督の『ピッコロ・グランデ・アモーレ(原題)/ Piccolo grande amore』(1993年)。シルヴェスター・スタローンと共演した『ザ・ボディガード』(2002年)でハリウッド進出を果たし、ダイアン・レインと共演した米伊合作映画『トスカーナの休日』(2003年)や、『エイリアンVS.プレデター』(2004年)など、大作にも出演している。その一方で、自ら製作も手がけた『ミラノ・コネクション』(2007年、未公開)ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『シチリア!シチリア!』(2009年)など、イタリア映画にも数多く出演。『イーオ、ラルトロ(原題)/ Io, l’altro』(2006年)と、パオラ・コルテッレージと共演した『ネスーノ・ミ・プオ・ジューディカーレ(原題)/ Nessuno mi può giudicare』(2011年)で、イタリア・ゴールデングローブ賞の主演男優賞に二度輝いているほか、『我らの生活』(2010年、未公開)などでダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の主演男優賞にノミネートもされている。
  • ニコラ役マルコ・ボッチ MARCO BOCCI
    1977年マルシャーノ生まれ。演劇を学んだ後、舞台俳優としてキャリアをスタートし、『ロス・ボルジア(原題)/ Los Borgia』(2006年)で長編映画デビューを果たす。その後、ジャンバッティスタ・アヴェリーノ監督の『セ・キ・ディーチェ・ノ(原題)/ C'è chi dice no』(2009年)や『K2〜初登頂の真実〜』(2012年)では主演を果たし、TVドラマシリーズにもかかせない主演俳優となった。そのほか舞台などでも広く活躍している。2013年、ヨーロッパ最大の国際青少年映画祭として知られるジッフォーニ映画祭にて、その功績が表彰された。『フォンターナ広場、イタリアの陰謀』(2012年)などで知られる女優ラウラ・キアッティと2014年に結婚。
  • ピエトロ役 コラード・フォーチューナ
  • ミケーラ役 ルネッタ・サヴィーノ
  • ヴォルポーニ役 チェーザレ・ボッチ
  • リパモンティ役 エンニオ・ファンタスティキーニ
  • デニス役 フェデリカ・デ・コーラ
  • ラスピーニ役 アントニオ・ダウジーリオ
  • フランジパーネ役 フェリス・ファリーナ
  • ティノッツィ役 アルマンド・デ・ラッツァ
  • グラツィア
(セレーナ・ママ)役 フランカ・ディ・シコ
  • クレメンティーナ
(伯母さん)役 フィロメナ・マクロ
  • エルトン役 マッテオ・フォティ
  • マリア役 ステファニア・ロッカ
  • アントニエッタ ジェノヴェッファ・サンドリーニ
  • ジェニファー役 ジョルジア・パッキアロッティ
  • シャロン役 メリッサ・ヴァスタンテ
  • ボッチーノ役 ディエゴ・バッティスティーニ